お仕事を探している方
障害者専門 お仕事紹介 ご登録はこちらから

手帳・等級

障害種類

 
就労事例トップに戻る
 
 
障害者の仕事紹介・転職・就職支援 ジョイコンサルティング トップページに戻る
 

お仕事・就職成功事例(就労事例)

 
【事例No.200】企業にもアドバイザーにも自分の気持ちをしっかり伝えたことで、働きやすい職場への転職に成功された事例
下肢(車椅子以外)
プロフィール
年齢 :
50代
性別 :
女性
障害種類 :
下肢(車椅子以外)
業種 :
金融/一般事務
勤務地 :
福岡県
就職前の住まい :
福岡県
ご本人の感想
就職活動中の感想 :

私は前職への就業時もISFネットジョイにお世話になっており、今回も前回同様の担当者にご担当頂けた事は幸運でした。
先ずは、前回の就業先での状況、退職決意に至った経緯等を親身に聞いて頂き、入社まで一緒に伴走して貰いました。常に迅速な対応で、地方在住者には特に心強かったです。
私の場合、軽い下肢障害ですが、40代になってからの発症、働き方を変えれば(立ち仕事からデスクワークへ)、症状の進行も抑えられる為、販売・接客系から事務職への職種転換でした。その際、今までの異業種の職歴をどの程度まで職務経歴書に書けば良いのか見当がつかず、一番悩むところでしたが、私の意向や性格等も考慮し、企業側にも好印象になるような形にまとめて貰えました。
現勤務先(信託銀行)を紹介頂いた際、「金融」業界というだけで最初は尻込みしましたが、銀行であれ会社組織ですので、実際色々な部署で構成されており、一般的なイメージだけでの判断は就業の可能性を狭めてしまう、と実感しています。
面接では異業種の過去の職歴をプラスに捉えて貰えた事が、最大の入社動機となり、入社後のモチベーションにも繋がりました。
障害者採用への応募は、(ハローワークの場合も)応募期間が一般求人に比べて長い分、回答にも時間がかかるため、心身共に体力が必要になってきます。
応募後、先方からの回答待ちの期間を、精神的にも支えて貰え有り難く思っています。

就職後の感想 :

入社後3ヶ月ほどは、障害部位に負担をかけずに、長く勤務できる環境かどうか(ソフト、ハードの両面)を、シビアに見極めるようにしました。
具体的には以下の2点です。
1)職場の設備面、仕事のやりに関しての工夫や提案が出来る雰囲気かどうか
2)自分にとって最適な通勤方法を選べ、通院以外にも必要な時に有休が取りやすい環境か

又、私の障害は見た目では分かりづらく、季節も関係する為、今までも周囲に誤解を生んできました。
今回は入社前に、配属先の方全員に、私にどういうハンディ(特長)があるかを必ず伝えて頂きたい、という事も申し出、入社後、同じ部署の方には、伝わっているかの確認もしました。
(働く上で不安、疑問が生じた際の相談窓口を調べておく事を個人的にはお勧めします。)

中途採用ですと、現場での習得というケースも多く、会社の体制や仕組み等の情報も少ないと思います。又、障害者採用が初めてとなる企業や就業先もあるかと思います。
私の場合はこういった状況で入社後に仕事(内容や量)と人間関係に疑問が生まれ、どのタイミングでどこに相談してよいか分からず、日に日に不安が肥大、障害部位以外の体調不良も抱え、泣く泣く自分からの退職を2度経験しています。
就業支援の方の力も借りながら、 社外(公的機関)と社内の相談窓口はどこなのか、仕事に関して、心身の事に関してそれぞれ最適な窓口を知っておけば、疑問が生じた段階で直ぐに行動に移せ、問題も大きくならずに済むかもしれません。
ギリギリまで頑張り過ぎてからでは、相談しようという体力気力も低下してしまいます。
皆さんの就業先が見つかり、無理なく勤務される事を願っています。

ジョイからのコメント

2012年にも担当させて頂いた方です。
前回同様、明るく丁寧で女性らしい細やかな対応が印象的な方でした。
前職では、障がいについて入社前に伝えていたにも関わらず現場では周知されておらず、上司が変わっても引き継がれることがないという状況でした。
弊社が紹介した企業様ということもあり、事前に紹介文等で企業様にお伝えしていたとは言え、現場には周知されていない状況を伺い、もっと弊社が出来ることがあったのではないかと振り返るきっかけにもなりました。
お互いにその苦い経験を活かし、今回はご自身でも面接時にしっかりと現場への事前の周知をお願いし、弊社からもその点をしっかり企業様にお伝えすることで、入社後の齟齬がない働きやすい環境を手にすることができたのだと思います。
また、未経験の方が「金融」と聞くと敬遠してしまう場合が多いのですが、この方はイメージだけで判断せずに、実際に面接に伺いご自身の目で見て判断してくださいました。その柔軟な姿勢も勝因の一つだと思います。
そして連絡もこまめに下さり、その時どうして欲しいのかということをしっかり伝えてくださったので、こちらとしてもサポートしやすく、ありがたかったです。
改めて「伝える」ということの大切さを教えてもらった事例です。
上京される際はまたお会いしてお話したいですね!

 
【事例No.178】あきらめず継続することにより、ご希望の条件で転職した事例
下肢(車椅子以外)
プロフィール
年齢 :
40代
性別 :
女性
障害種類 :
下肢
業種 :
一般事務
勤務地 :
大阪市
就職前の住まい :
大阪市
ご本人の感想
就職活動中の感想 :

私も皆さんと同様それ以上に転職の難しさを痛感している
一人です。年齢もいい頃を迎えていましたので。
しかし倒産の恐れもあったので水面下で活動をしておりま
した。求人を頂いても在職中の為、なかなか面接に行ける
日程がなく秘密裏に調整をして頂き面接に伺うことができ
ました。
一般企業でしたが、担当部門の面接は最悪でした。正味
20分弱程度の面接だったので「帰りにおいしいものでも
食べて帰ろう」という気持ちでした。
ジョイの担当の方からのどんな印象でしたかとの電話にも
、絶対無理だと思いますと答えた程でしたが、数日経って
役員面接にとお電話頂いた時には「マジなの!」という感
じでした。
役員面接はなごやかに進んで良いところを引き出してくれ
たと思っています。
その役員も今ではとっても厳しい上司となっています。

就職後の感想 :

約3カ月の試用期間を経て正社員にして頂きました。
正直、給料面では前職より劣りますが、健常者と変わら
ない待遇を頂いております。
仕事の内容も全くの未経験ですので新入社員のように皆
さんに教えてもらっています。
もちろんほとんどが年下ですよ。
現在は社内文書管理が主な仕事になっています。
それに従業員の仕事に対する姿勢がすばらしい会社なの
で、私がついていけてるのかが少し不安なところですが
なんとか頑張っています。
ジョイさんにはいい会社との架け橋になって頂き感謝し
ております。

ジョイからのコメント

弊社からもご希望に沿う案件をなかなかご案内できない
にもかかわらずこちらからの連絡に都度ご丁寧にご返信
を頂き、辛抱強くお待ちいただきました。
改めて、あきらめずに継続することの大切さを教えてい
ただいた事例です。

 
【事例No.177】優先順位を明確にすることで好条件の職場に出会うことができた事例
下肢(車椅子以外)
プロフィール
年齢 :
40代
性別 :
男性
障害種類 :
上肢下肢
業種 :
システム開発
勤務地 :
東京都
就職前の住まい :
東京都
ご本人の感想
就職活動中の感想 :

もともと人事職プロパーで、営業職、経理職等も経験して
おりましたが、最も経験のある人事職にこだわって応募し
ておりました。
人事職の募集は一般事務的なポジションが多く、人事の管
理職であった小生は想定ポジションに合わない、という理
由で書類選考で落とされる事が多く、苦戦しておりました。
そんな中、コンサルタントの方より人事職だけでなく小生
の経験を活かせ、かつ受け入れ後のフォローアップのしっ
かりしている企業様も応募の候補に入れては?とのアドバ
イスをいただき、職種の範囲を広げていくつかご紹介いた
だきました。
内定をいただいた企業は、将来的な人事職へのキャリアパス
も視野に入れつつ、会社の理解を深めていくためまずは事業
部門の業績管理や企画調整を行うという事で、個人で応募し
ていてはなかなか行き着かないようなポジションでした。
求人票の情報以上の情報を元にコンサルしていただき、かつ、
募集企業の雰囲気やスタイルなど、入社してみないとわから
ないことをアドバイスしていただき、非常に満足のいく転職
活動となりました。

就職後の感想 :

勤務地や職場の設備の配慮など、入社前の要望事項は全て実行
されており、また、職場も自然な雰囲気で受け入れていただき、
コンサルタントの方の情報どおり、従業員に非常に親身な会社
でした。
紹介業を利用できる国内資本の企業は財務的にも業務運営的に
もある程度の余裕のある企業が多く、転職に不安のある障害者
の方にとっては最も安心して活用できる応募ルートではないか
と思います。

ジョイからのコメント

しっかりしたご経歴をお持ちで、マネジメント経験も長い方で
したので、多くの求人をご案内することが可能でした。
しかし、ご本人のお話から、給与水準や地位といった待遇面よ
りも、現在の体調にあわせて無理がなく、安心して長く働ける
環境を希望されていると理解しました。
そこで、雇用条件面を中心にマッチングするのではなく、社員
に対する配慮ができて、能力・経験を適切に評価してくださる
企業という観点でサーチを行いました。
面接に進んでからはご本人の能力、お人柄が高く評価され、結
果的には、条件面でも弊社で想定していた水準以上のオファー
となりました。

 
【事例No.173】雇用形態より未経験の職種のキャリアを積むことを選択された事例
下肢(車椅子以外)
プロフィール
年齢 :
20代
性別 :
男性
障害種類 :
下肢
業種 :
不動産/一般事務
勤務地 :
東京都
就職前の住まい :
埼玉県
ご本人の感想
就職活動中の感想 :

初めての転職活動で、しかも身体障害者での就職
ということで、苦しい活動になるとは自覚してお
りましたが、いざ活動を始めてみるとハローワー
クではいくら応募しても書類で落とされるばかり。
そんなときに活動の幅を広げるためにジョイコン
サルティングに登録させていただきました。

すぐに面談で親身に話を聞いていただき、その時
点でもすでに登録してみて良かったなと感じまし
た。
活動中も、たくさんの求人を紹介していただいた
り、面接などのスケジュールを調整していただい
たりと、一人では大変なこともサポートがあった
ので面接に集中することができ、無事に内定をい
ただけました。

就職後の感想 :

就職後は、初めてのオフィスワークということ
もあり大変ではありますが、周りの方々に仕事
を教えていただき、少しずつ慣れてきています。
会社も病院に通院するなどの配慮で、初年度か
ら有給休暇を多めに取得できるようにしてくれ
て助かっています。

これから知識・経験を積んで会社に貢献できる
人材になれるようがんばっていこうと思ってお
ります。
ありがとうございました。

ジョイからのコメント

前職は事務職とは異なる職種でご活躍されていた
のですが、障害により事務職への職種転換を余儀
なくされてしまわれました。
理路整然とした話しぶりと誠実な対応が印象的な
方で、正社員としてのポテンシャルはお持ちでし
たが、どうしても未経験の職種の場合、正社員で
の採用はかなりハードルが高くなってしまいます。
ご自身もそれまでの転職活動でそのあたりの感触
は肌で感じていらっしゃり、雇用形態には特に拘
らず、未経験の事務職にチャレンジするという姿
勢で、前職とも業界的に近い大手企業の契約社員
での内定を勝ち取られました。

正社員のみご希望される求職者の方はお若い方中
心に多い傾向がありますし、そのお考えは充分理
解できるものですが、そのためにご自身が今努力
できることは何か考えてみましょう。
近道・回り道、どちらが正しいかは人それぞれで
しょうが、自分にとって何が優先されるべきか、
考えてみるのも良いと思います。

 
【事例No.167】中途障害を乗り越えて~不況下でも転職成功された事例
下肢(車椅子以外)
プロフィール
年齢 :
40代
性別 :
女性
障害種類 :
下肢
業種 :
6級
勤務地 :
千葉県
就職前の住まい :
千葉県
ご本人の感想
就職活動中の感想 :

就職活動を行う2年前に、脳腫瘍が原因で肢体麻痺になりました。
おかげで今まで働いていた服飾関係の会社を辞めざる得なくなりました。
そして、もう仕事をするのを諦めかけた時に、私の友人から障害者雇用
の件を教えてもらい、インターネットで検索してJOYコンサルティングを見
つけました。

ただでさえ厳しい世の中。
「自分はこの身体で働けるのか?」また「必要とされるのか?」と思いまし
た。そしてJOYコンサルティングに登録をさせていただきました。
幾つかの他の障害者コンサルタント会社に履歴書を送っていましたが、
こちらだけが一番早い対応で、担当の方も本当に親身に相談に乗って下
さって、私が思っていた不安材料を一つ一つ取り払ってくれました。
そうして、私の前職と内容を遜色ない具合で条件をまとめて下さいました。
本当に就職活動中、ご相談の電話をするのが私にはとても楽しかったで
す。JOYコンサルティングには本当に感謝しております。
ありがとうございました。

就職後の感想 :

自分一人の力では、おそらく内定はもらえなかっただろうと、紹介いただ
いたことに感謝しながら過ごしております。
内定先の企業は、障がいの有無に関わらず成果主義での評価というスタ
ンスでありながら、障がい者へは配慮と理解を示してくれるので、とてもや
りがいを感じて業務に励んでおり、「転職して良かった」と感じております。
アフターサポートも対応していただけるという事で、本当に頼りになると思っ
ています。
日々憶えることや、更にセルフスタディが必要だったりと大変な事もありま
すが、モチベーションを切らすことなく日々精進していきたいと思っています。

ジョイからのコメント

「後遺症が残ってしまっては、就職は難しいのではないか・・。」
中途障害を負われた方の中には、そのように働くことに対して絶望してし
まわれる方も少なくないようです。
しかし、少しでも「働きたい」というお気持ちがある方でしたら、是非諦めず
に、まずは行動に移していただきたいと思います。
この方も、ご病気により後遺症が残ってしまわれたのですが、ご自分に負
けず、新たにPCスキルを磨かれたりと、今のご自分に出来ることをしっか
り行動に移していらっしゃいました。
とても明るく、一緒にお話しするだけで、こちらも元気をいただける素敵な
方で、雇用悪化・不景気など、どんなマイナス要素も跳ね返すパワーを感
じました。
障害をお持ちの方でもいきいきとご活躍される社会。
それを目標に弊社もがんばって行きたいと思います。

 
【事例No.164】現職の悩みと向き合い整理することで理想の職場に出会えた事例
下肢(車椅子以外)
プロフィール
年齢 :
30代
性別 :
男性
障害種類 :
上下肢
業種 :
メーカー
勤務地 :
東京都
就職前の住まい :
埼玉県
ご本人の感想
就職活動中の感想 :

私の場合、職場の人間関係に悩み転職を考えました。
就労しながらの就職活動でしたので、一人で活動すること、
また、情報収集にも限界があると考え、ジョイコンサルティ
ング様に協力を仰ぎました。
社会情勢や障害の状況もあり、不安や悩みを抱えながらの
就職活動でした。

そんな中、ご担当者は常に親身になって相談に乗ってくれ、
またアドバイス、情報提供をしてくれました。
客観的にかつ丁寧に対応していただき、思い込みや焦りな
どから冷静な判断ができずにいた自分にも気付くことがで
き、良きパートナーという感覚で安心して就職活動をする
ことができました。
こういう仕事がしたい、こういう職場で働きたいという考
えは持っていたのですが、ご担当者との話し合いの中で、
いろいろな選択肢や可能性もあることが分かりました。
また、自分の気持ちや考えを整理することができ、結果的
に良い選択、良い職場に再就職することができました。

一人では頑張りきれなかったかもしれませんし、当然今の
自分もなかったと思いますのでジョイコンサルティング様
には大変感謝しています。

就職後の感想 :

今の会社に就職して約1週間が過ぎました。
前職を離れる要因であった人間関係は解消され、穏やかな
気持ちで仕事に打ち込めています。
条件面でも納得いく職場で働けているので、今は転職して
本当によかったと思っています。
私の場合は「人間関係」が転職の一番の要因でしたが、そ
の他にも職種・仕事内容・年収・勤務地など、求めるとこ
ろは人それぞれだと思います。
優先順位を見極め、転職する場合のメリット・デメリット
を十分に考えたうえで行動することがとても大切だと実感
しています。

私自身、転職を決断するにあたって、「本当に人間関係だ
けが原因なのか、他に問題はないのか、そこさえ解消され
れば納得できるのか、今の環境を捨てて転職をして本当に
いいのか」等自問自答を繰り返し、時には分からなくなっ
てしまう自分がいました。
そんな状況をサポートし、解決してくれたのがジョイコン
サルティング様でした。
一人では冷静に分析できず、答えを導くことができなかっ
た自分の後押しをしてくれましたし、踏み出せなかった一
歩も踏み出すことができました。

転職するしないに関わらず、少しでも迷いや葛藤がある方
であればジョイコンサルティング様に相談してみることを
お勧めしたいと思います。
就職後のフォローもしっかりやっていただけるという事実
があり、私自身今も安心し信頼し仕事ができています。
本当にありがとうございました。

ジョイからのコメント

理想の職場というのは人それぞれですので、一般的に良い
と評価されている職場が、個人にとって満足度の高い職場
になるとは限りません。
そのようなミスマッチを防ぐため、ご自身の志向性、将来
性を深く掘り下げて考えることで新しい職場選びの際の優
先順位を明確にし、更に弊社のアドバイザーからの情報や
アドバイスを取り入れることで、自信を持って新しい一歩
を踏み出すことができた好事例です。

転職にはチャンスもあればリスクもあります。
リスクをしっかりと見据えた上で、大きなチャンスをもの
にするために、是非、ジョイにご相談下さい。

 
【事例No.162】初めての障害者枠利用~前職年収維持での転職を成功された事例
下肢(車椅子以外)
プロフィール
年齢 :
40代
性別 :
女性
障害種類 :
下肢障害
業種 :
医療機器
勤務地 :
東京
就職前の住まい :
東京
ご本人の感想
就職活動中の感想 :

転職を考え始めた時に、初めて障害者採用という
選択があることを知りました。
健常者の方でも転職の難しい時代に、少しでもチ
ャンスを広げたいと、障害者雇用を専門に取り扱
っていらっしゃるジョイコンサルティングさんに、
ネット登録を致しました。
登録後すぐにご担当者から連絡をいただき、転職
活動を開始しました。
わずか5ヶ月の間に、10社近い求人をご紹介いただ
き、そのうちの数社に応募した結果、短期間に複
数社から内定をいただくことができました。
仕事をしながらの転職活動でしたので、自分一人
ではなかなか思うように動くこともできなかった
と思います。
その間ずっと、事務的なことだけではなく精神的
にも支えていただきました。

就職後の感想 :

おかげさまで、納得のいく転職をすることがで
き、充実した毎日を送っております。
ジョイコンサルティングさんと巡り合えたこと
に、本当に感謝しております。

ジョイからのコメント

障害者採用求人ですと、「事務アシスタントで
年収200万円代もののが多い」とお感じの方は多
いのではないでしょうか?
しかし、この方の場合は、前職年収を維持され
た形で、事務職で年収400万円以上のオファーが
出ています。
障害の有無に関わらず、能力・ご経験を正等に
評価された結果といえます。
給与額は、「障害者だといくら」というように
決まっているわけではなく、お任せする業務内
容・ポジションによって設定される場合がほと
んどです。
もちろん皆さんがこの方のようにご希望の年収
を維持できるとは限りませんし、むしろこのよ
うな不況の時代ですと、ご希望額を下げていた
だかなければいけないことも多いのですが、障
害者枠を初めてご利用される方、もし収入面で
悩まれているようでしたら、是非一度ご相談く
ださい。

 
【事例No.160】思い切った決断が異業種への転職を成功させた事例
下肢(車椅子以外)
プロフィール
年齢 :
40代
性別 :
女性
障害種類 :
上下肢
業種 :
アウトソーシング
勤務地 :
宮城県
就職前の住まい :
宮城県
ご本人の感想
就職活動中の感想 :

前職就業中に登録をさせていただき、異業種の会社への
転職をご相談させていただいておりましたが、年齢的、経
験上からしても、その時点でご紹介いただけるのは、同業
他社等だけ…とのお話で、転職も半ば諦めかけておりまし
た。
しかし、前職場での人間関係問題は、私の身の置く場所を
失くし、転職の意向は募るばかり。
年を越せばまた年齢がアップして、ますます転職が難しく
なるのではないか…という危機を感じながら悶々とした日々
を過ごしていました。
就業しながらの転職活動はやはり難しいと感じた私は、再
就職先のあてがないまま、自分でも大胆な決断だと思いな
がらも、なんと、その不安を断ち切り、思い切って退職。
担当者の方に退職したこと、転職先の紹介を再依頼したの
は退職後半月ほど経ったころだったと思います。
すると、担当の方は、再度スピーディーに応募先を検索して
くださり、再依頼してから1ヶ月もしないうちに、タイムリー
にも、前職とは異業種の会社を1つ、追加紹介下さったので
す。
出勤時間が今までより早くなるのは不安でしたが、希望年収
も適合していたのと、通勤にも何ら問題がなかったので、応
募のお願いをし、段取りをしていただいて、面接等の試験に
臨み、あっという間に内定をいただいた次第でした。

年齢が高くなると就職が難しいのは事実ですし、ましてや、
希望業種等を限定するとさらに狭き門になります。
ただ、そこで安易に妥協して、自分の希望に反してまで就職
してしまうことがどれだけの危険性を伴うか、私はそこまで
覚悟して再就職先探しに当たりました。
幸いにも異業種の会社に再就職できたことは、本当にラッキ
ーだったと思います。

就職後の感想 :

今までに経験したことのない業種の一般事務ですが、元来
好奇心旺盛の私にとって、課題が大きいほどやりがいを感
じます。
ですので、今も毎日が勉強。まだ就職して一ヶ月、断片的な
仕事の習得の段階ですが、一通り習得できたら全体が見え
て仕事にも工夫を加え、よりよいやり方も考えられるようにな
ると信じています。
私を雇ってよかった…と思っていただける人材に早くなれるよ
う日々精進していきたいと思っています。

ジョイからのコメント

現職の場合、退職せずに転職活動をするのがセオリーです。
今の職場に不満があったとしても、それ以上の職場と出会
える可能性は未知数ですし、現職での環境の変化など、転
職のそもそもの動機が解消される可能性もあります。
ただ、この方の場合は現職で環境を変える努力をし、転職
活動も並行して行ったうえで退職の決断をされました。
熟慮の上での行動だったといえます。
同じ退職という結論を出すにしても、そこに至るまでのプロ
セスをきちんと踏むかどうかによって、心理的には大きな差
が出ます。
安易な判断は後悔につながるリスクが高いといえますが、し
っかりと考えた上での判断は前向きな行動力につながります。
今回の事例は慎重さと決断力を兼ね備えていたからこそタイ
ムリーにチャンスを捉えることのできた成功事例だと思います。
どのように行動すべきか、迷った時は是非アドバイザーにご
相談下さい。解決の糸口が見つかるはずです。

 
【事例No.156】40代後半、豊富な社会人経験を活かしてご希望の転職を叶えられた事例
下肢(車椅子以外)
プロフィール
年齢 :
40代
性別 :
女性
障害種類 :
下肢
業種 :
金融・証券
勤務地 :
東京都
就職前の住まい :
東京都
ご本人の感想
就職活動中の感想 :

転職の必要性が生じ年齢的な不安をも抱えつつ会員登録
をすると、担当の方が速やかにメールをくださいました。

面談では、メールのやり取りや履歴書・職務経歴書等だけ
では見えない部分を温かくも細やかに尋ねてくださりとても
心強く感じた次第です。

そして翌日にはそれらを考慮した企業数社を早速ご紹介い
ただきました。
挑む企業を「選ぶ」のも、「通る」「落ちる」も、最終的には私
自身の能力や責任ですが、担当の方の経験上の下地作り
に大変支えられ、その後はスムーズに進み誠に嬉しく思っ
ております。

就職後の感想 :

社会人経験30年の中で幾度か転職をしてきましたが、通算
すると 半分は金融機関でした。
しかし証券会社は新卒で6年弱勤めただけ、あとの金融経験
は、銀行の支店業務等でしたので、採用していただけたもの
の、正直を言いまして少なからず不安があったのも事実です。

確かに時代と共に変化した証券会社に遭遇し、そこには少な
からずのとまどいもありました。 
でも改めて様々なことを教えてもらいながら、また、過去と共
通する点を懐かしみ、思い出しながら歩き始めているのが現
況です。
通勤先配慮の勤務地配属も助かりました。

ジョイからのコメント

40代・50代の方から、ご年齢面の不安をご相談いただくケー
スは多々あります。
しかし、採用選考というものは、一概にご年齢という単一の条
件で線引きされるものではなく、協調性等その他複合的な要
素により決定されると言えます。
重要なのは、ご自身がその会社の求めている人材でいらっし
ゃるかどうかです。

この方の場合は、ビジネススキル・ヒューマンスキル共に、ご
年齢相応の確かなものをお持ちでいらっしゃいました。
その点が会社のニーズにマッチして、非常にスムーズに選考
が進み、ご希望の条件での入社を勝ち取られたと思っており
ます。

また、必ずしも能力・ご経験が高いからといって企業のニーズ
にマッチするとは限りません。
能力よりもお人柄を重要とする求人もありますし、未経験歓迎
の求人もございます。

ジョイコンサルティングの無料転職支援サービスにお申し込み
いただきますと、ご登録者様それぞれに対し、その方が各求
人のニーズにマッチされているかどうか、ある程度検討させて
いただいた上で、マッチした求人のみご案内させていただいて
おります。
ご興味あればぜひご登録ください!

 
【事例No.152】キーワードは、「あきらめないこと」「挑戦すること」という事例
下肢(車椅子以外)
プロフィール
年齢 :
20代
性別 :
女性
障害種類 :
脳性麻痺(左上下肢)
業種 :
金融
勤務地 :
東京都
就職前の住まい :
大阪府
ご本人の感想
就職活動中の感想 :

 障害があっても日常生活での不安がなかったこともあり、4回生の10
月まで一般の就活活動を行っていました。
しかし、障害者であることを理解してもらったうえで就職できたほうが自分
としても働きやすいと考え、ジョイコンサルティングさんに相談しました。
 
 2月に内定をいただくまでに、さまざまな業種を紹介していただき、何度
も電話で面接の練習をしていただき感謝しています。

就職後の感想 :

 現在、知識のまったくなかった金融業界での仕事をしていますが、障害
の不安を感じることなく雰囲気の良い職場で仕事をすることができていま
す。
あきらめずに就職活動を続け、大阪から東京に出てくる決心をして良かっ
たと思っています。

本当にありがとうございました。 

ジョイからのコメント

感想にもお書きいただいた通り、一般枠での活動を続けていたため、
ジョイへの登録は4年生の秋でした。
時期的なものもありましたが、希望業界へのこだわりも捨て、希望外
への業界へもどんどん、応募してくれました。
年も開け、不安と絶望で心が折れてしまってもおかしくない時期にな
っても、ひたすら前向きに挑み続けました。
あきらめない人には、勝利の女神は微笑む、そんなことを教えられた
事例でした。

 
【事例No.143】固定観念を廃し、一歩踏み出すことによって成功した事例
下肢(車椅子以外)
プロフィール
年齢 :
40代後半
性別 :
女性
障害種類 :
下肢
業種 :
金融関連
勤務地 :
静岡県
就職前の住まい :
愛知県
ご本人の感想
就職活動中の感想 :

 股関節の手術を受け立ち仕事が出来なくなり、事務職しかないと
職業訓練でパソコンの研修を受け、いざ求職活動をしました。
何とかアルバイトでの採用が決まり半年勤め派遣に雇用切り替え
され更に四年。
二十年ぶりの事務職に自信が持てたのもあり派遣からの脱出を決
意し、本格的に転職活動をしました。
ネットを利用して色々な会社に登録し情報を検索しておりましたが、
帯に短し襷に長しでなかなか決まりませんでした。
そんな時、ジョイコンサルティングさんに出会いました。

履歴書と職務経歴書が添付できるようになっていましたのが他にな
い所でした。
早速、メールが入り電話で話がしたいので、一時間ほど時間を都合
して欲しいとのこと。
担当の方と一時間弱お話をさせて頂きました。
履歴書を見ながらのお話でしたのでかなり突っ込んだことまで話をし
ても通じるのがよかったと思います。

また、フットワークの良さも、流石でした。
本格的に活動を始めたのが、6月中旬、ほとんどメールでのやり取り
でしたが、七月には面接を受け、内定しましたから。
条件が良い訳もなく年齢・スキル・学歴とどこをとってもこれと言って
目ぼしいこともない、
しいて言えば障害が軽度であることくらいでした。

就職後の感想 :

前職の引継ぎ等の関係で十月からの入社となり早くも二ヶ月
になります。
大手の金融ですから完全週休二日制ならびに有給もすでに発
生しておりますので、安心して病院にも行けます。
何といっても、契約で切られる心配がないこと、ボーナスが出る
事、交通費の支給があることは、派遣との大きな違いでしょう。
年齢に臆することなく再就職活動をして良かったと思います。
「仕事をする」と言うことは同じことでも、雇用体系の違いがもた
らす利点は大きいですね。
早く独り立ちできるように努力していきたいと思います。
私が入社した事で、異動になる派遣スタッフに申し訳ありません
から。
ジョイコンサルティングさんとの出会いがなければなしえなかっ
た転職です。心より感謝いたします。
ジョイさんの名を汚さないようにしっかり勤め上げたいと思います。

ジョイからのコメント

ご経験のない業界にチャレンジするのは勇気の要ることです。
ご年齢が高くなってからは、なおさらです。
今回の成功事例は、そんな中、勇気を出して一歩踏み出した
方のお話です。
未経験業界の場合でも、特に「金融業界」に対するイメージの
ハードルが高いようです。
今回の事例からは、固定観念を取り払った上で情報を客観的
に吟味することの大切さを教えられました。

 
【事例No.141】柔軟性や様々な可能性を見た中で最適な環境を得ることの出来た事例
下肢(車椅子以外)
プロフィール
年齢 :
20代
性別 :
女性
障害種類 :
下肢
業種 :
運輸・輸送機器
勤務地 :
山口県
就職前の住まい :
山口県
ご本人の感想
就職活動中の感想 :

私は就職は2度目となり、前回は業務内容が以前したことがあ
るかどうかを踏まえながら行いましたが、今回はそういったこと
にはあまりこだわらず就職活動をしていきたいと考えていました。

私は最初に就職した会社での業務内容が経理の補助といった
程度のもので、今度はしっかりと経理の仕事を覚えたいと思い、
別の会社の経理課に正社員として再就職しました。

大学は文学部を出ていており以前勤めていた会社ではほとんど
専門的なことは教えてもらっていなかった為、働きながら簿記を
学ぶ為専門学校に通いました。
しかし、会社ではより高い知識と経験を求められ、経理という仕
事に限界を感じていました。
また、障害者ということでさせてもらえることが、最初から限定さ
れていたりということもあり会社との間に壁も感じるようになって
いました。

そんな時、姉からジョイコンサルティングのことを聞き、姉もこち
らでお世話になったことがあること等から、こちらに登録させてい
ただきました。

電話での面接の際お話を伺い、話をしているうちに自分は本当
はどうしたいのかを考え、行動すべきだと思いました。
本来は、医療事務になりたくて医療事務の資格とパソコンの資
格を取ったのですが、障害があるとやはり難しいと言われたこと
もあり、断念しました。
しかし、事務の仕事自体は関心があり、また資格を少しでも活
かしたいと思い、一般事務で探すことにしました。

前回は経歴を考えながら就職活動をしていたのですが、今回は
そういったものにあまり拘らず業務内容を限定しないようにしま
した。
その為初めての部分も多く戸惑いもありましたが、ジョイの方か
ら面接のアドバイス等もいただき内定を頂くことができました。

就職後の感想 :

入社して3ヶ月が経ちますが、以前よりも自由な感じで、障害
者だからということで最初から業務内容を限定されることもなく、
とりあえず作業をさせていただけることにとても満足しています。

また、初めての業務でわからないことも多々あるのですが、や
さしく丁寧に指導をして下さり、周りの社員の方々も親切で、毎
日充実した日々を送っています。
就職難と言われるこの時期に転職をすることに不安も戸惑いも
ありましたが、思い切って転職することを決めて良かったと思っ
ています。

これから大変なことも沢山あると思いますが、一日も早く仕事に
慣れるように頑張りたいと思います。

ジョイからのコメント

「自分に向いていること」「経験があること」「興味があること」、
就職活動をするときいろいろな角度からお仕事を選びを検討さ
れると思います。
一方では、あれもこれも満たそう、と思うと何を優先していいの
かわからなくなってしまうときもあります。

そんなときは柔軟性を持って、いろいろな企業の面接を受けて
みるのもひとつの方法です。
そうすると、自分の優先したいものが見えてくることもあります。
もちろん、闇雲に受ければいいというわけではなく、一つ一つ
の面接でのポイントを明確にするために、面接の前にしっかり
と担当アドバイザーと打ち合わせをすることは必須です。

柔軟性を持ちながら、一つ一つの選考のポイントを明確にして
いく、ひとつの成功法則を改めて思い出させてくれた事例でし
た。

 
【事例No.140】できることできないことを正直に伝える姿勢の重要さを実感した事例
下肢(車椅子以外)
プロフィール
年齢 :
20代
性別 :
女性
障害種類 :
下肢
業種 :
金融関連
勤務地 :
東京都
就職前の住まい :
東京都
ご本人の感想
就職活動中の感想 :

転職理由は、通勤時の電車乗り換えの不便さと駅から会社まで歩く
距離があり、身体に負担がかかっていたからです。
また、仕事の都合上、社内を動き回ることが多く、体力的に厳しかっ
たからでした。

通勤のしやすさを優先にしていましたが、給与、業界など、妥協する
ところと譲れないところでいつも葛藤していました。
面接の時、どんな時にどんな配慮が必要なのかもっと具体的に伝え
られたらよかったと思いました。
できることできないことを正直に伝える姿勢が大事だと思いました。

就職後の感想 :

駅直結なので通勤が便利になりとても満足しています。仕事は丁寧
さを求められる内容なので、職場内の移動や忙しさはなく、身体への
負担が減りました。
今まで経験のない業界なので心配でしたが、おもいきって飛び込ん
でよかったと思います。
職場の雰囲気も良く、障害の配慮もしていただいています。

ジョイからのコメント

しっかりとした事務経験を積まれていらしゃいましたが、通勤時の負担
や社内での動きまわる業務に体力面で不安をお持ちになり転職活動
をされていらしゃいました。
ご希望に沿う求人情報をなかなか提供できずご迷惑をおかけいたしま
したが、紹介させていただいた求人情報に対して実際に現地に行かれ
たりしていろいろ真剣に検討され、また「必ず何らかの返信や追加情
報」をいただき、次の求人情報を継続して提供させていただくことがで
きました。

希望条件によって、面談直後すぐに充分な求人情報を提供できる場
合もあれば企業求人情報をご紹介できない場合もございます。
たとえその時点でご希望の条件にマッチしない場合でも、弊社として
は常に求人開拓をしております。
また、キャリアアドバイザーと話し合うことによって求職条件のこだわり
や自己理解を少しでも深めれば、ご紹介できる求人情報も広がる可
能性もございます。

求人情報をPCでマッチできない場合でも、キャリアアドバイザーとの
継続した話合い・情報交換によりよいご縁がうまれることもございます。

 
【事例No.138】アドバイザーとの報・連・相を蜜に行い、就業中であってもスムーズに転職が成功した事例
下肢(車椅子以外)
プロフィール
年齢 :
20代
性別 :
女性
障害種類 :
下肢
業種 :
IT/一般事務
勤務地 :
東京都
就職前の住まい :
神奈川県
ご本人の感想
就職活動中の感想 :

私は、前職で障がい者枠でしたが、新卒として入社しました。
なので、今回が初めての転職活動でした。

全てが初めての経験でしたので、疑問点は何でもキャリアアド
バイザーの方にお聞きしました。
また、就業中での転職活動でしたので、企業とのやりとりの全
てをキャリアアドバイザーの方にお任せできたことと面接後の
フォローもしていただけたことは、とても大きかったです。
前職では出勤日数も多く、転職活動では不便な点もありまし
たので、キャリアアドバイザーの方のサポートは大きな支えで
した。

就職後の感想 :

就職後は、年間出勤日数も減り、身体がずいぶんと楽になり
ました。
また、職場の雰囲気もよく、職場の方もいい方達なので、採用
が決まって本当に良かったです。
希望した職種で就職できたので、本当に恵まれていると思い
ます。
就職後もこの恵まれた環境にいることが信じられない気持ちで
した。
これからもこの気持ちを忘れずに頑張っていこうと思っています。

ジョイからのコメント

ご本人のコメントにもあるように、就業中で初めての転職活動という
こともあり不安も感じていたようです

ただ、今までのご経験から希望職種も明確に決まっておりましたし、
ご自身で努力もされていた方だったので、ピンポイントの求人がな
い場合でも、提案ベースでお話を進めることができました。

また、不安な点や企業に対する質問や要望、また面接終了後の
感想等も細かくご連絡くださったことで、こちらとしても企業に対し
て適切なフォローが出来ましたし、面接日程の調整等も含め、お
互いに随時ご相談しながら、進めていくことができました。

ご本人の能力やお人柄が評価されたことはもちろんのこと、そうい
ったアドバイザーとのスムーズなやり取りも、今回の転職が成功し
た秘訣だと思います。

職場の環境も恵まれているようでとても安心しました。
是非、目標に向かって頑張っていって頂ければと思います。

 
【事例No.137】不況下でもスピード内定!主婦から本格社会復帰を成功された事例
下肢(車椅子以外)
プロフィール
年齢 :
30代
性別 :
女性
障害種類 :
下肢障害
業種 :
メーカー
勤務地 :
神奈川県
就職前の住まい :
神奈川県
ご本人の感想
就職活動中の感想 :

私が就職活動をしようと思ったのは突然でした。
いつかは働きたいな・・・とは思っていましたが、家庭の主婦で
あり子供もまだ小学生。
なかなか行動に移せませんでしたが、偶然見たJOYさんのHP
で、障害がありながら就職され、ご活躍されている方々を知り、
「登録だけならしてみてもいいかな・・・・」
という、今振り返ればJOYさんには本当に失礼なほど気軽な気
持ちでの登録でした。
折しも、世間は100年に1度の不況と言われておりましたので、
そんなに簡単には見つからないだろうというのが本音でした。
(面談の時に、「就職は急いでませんから」って言ったほどです。)

しかし、担当の方と面談をしたその翌々日、何社かの求人をい
ただきました。
これほどスピーディーにたくさんの求人が来るとは思っていなか
ったのでとてもビックリしたのを覚えています。
求人をいただいてからは、担当の方と頻繁にメールをやり取りを
しました。
私は、本当にメールが多かったのではないかと思います(笑)
初めての就職活動で不安だったのですが、担当の方はとても気
さくな方で話しやすく、相談にも的確なアドバイスをして下さった
ので、就職への意識も高まり、安心して活動出来たと思います。

面接前には模擬面接ができなかった代わりに電話を下さったり・・・
私の会社は制服なのですが、膝に手術痕があるのでスカートが
はけないからどうしたらいいのか、なんていう質問も面接前に代
]わりに聞いて下さったり・・・・、などなど、この他にもとてもきめ細
やかなサポートをしていただいた結果、トントン拍子に話は進み
、面談後1か月ほどで就職が決まっていました。

本人も驚くほどの展開でした。

就職後の感想 :

今、この記事を書いているのは入社後3日目なのですが、会社
の方は皆さんは親切な方ばかりでなので、心からこの会社に決
めてよかったと思っているところです。
私が障害を持っていること、企業で働くのに10年以上のブランク
があることなどにとてもご理解いただいており、少しずつ無理の
ないようにと、申し訳ないくらい気遣っていただいております。

今はまだ実務という実務はないので、まずは会社に慣れること、
コミュニケーション重視という感じではありますが、私を雇ってい
ただいたことへの感謝の気持ちをいつか仕事でお返し出来れば
・・・と思っています。

私の希望にピッタリの会社を紹介していただいた、JOYさん、担
当してくださったアドバイザーの方には大変お世話になり、この
場をお借りしてお礼申し上げます。

本当にありがとうございました。

ジョイからのコメント

この方は、お子様もいらっしゃる、主婦歴の長い方で、パート勤務
以外の就業となると少しブランクがあり、その点をまずは不安に思
われていらっしゃいました。

その他、率直にご不安な点をお話くださり、アドバイザーと致しまし
ても、どういった働き方をされたいのか、どういったお考えの方なの
か、詳しくお伺いすることが出来ました。

また、ご紹介した会社自体についてや仕事内容、職場環境に至る
まで、人任せにせず一つ一つしっかりとご自分で理解しようとしてく
ださり、こちら側も信頼をもってサポートすることが出来ました。

この不況下にあっても順調に入社が決まられたのは、ご本人のお
仕事をするにあたっての意識の高さも大きな要因であったように思
います。

お一人お一人によって、私ども紹介会社のアドバイザーが出来る
サポートの仕方は異なりますが、アドバイザーとしてご紹介した会
社について、出来るだけニーズに合わせて正確に情報をお伝えす
ることが、まずは基本だと私は考えています。
御不明点あれば、出来る限り誠実に対応させていただきたいと思
いますので、転職にお悩みの方、まずはぜひジョイコンサルティン
グにご登録ください!

 
【事例No.135】発想の転換!職種は違っても今までのスキルを活かした転職に成功した事例
下肢(車椅子以外)
プロフィール
年齢 :
40代
性別 :
男性
障害種類 :
下肢
業種 :
IT/一般事務
勤務地 :
東京都
就職前の住まい :
千葉県
ご本人の感想
就職活動中の感想 :

特定疾患が元で4級の障害者となり3年程
療養しておりました。障害者としては始め
ての就職活動となりました。

ジョイの担当者と面談をしてから就職活動
を始めました。従来はソフトウェア開発を主
にやっておりました。
開発経験しかありませんが、以前のような
残業が多い職種は自信がありませんでし
た。

今の会社は結構急に最終面接まで決まっ
た感じで担当の方も大変だったと思います。

就職後の感想 :

就職してから2週間が経過しました。
初めて企画職の仕事をします。職場の人
間関係も問題はありません。
違う会社から内定を貰っていたのですが、
以前と同じ仕事で負荷がかかるため今の
会社に決めてよかったと思います。

僭越ながらアドバイスをしたいと考えます。
今までの知識を生かした別の分野での仕
事も考えて見てはいかがでしょうか?。

ジョイからのコメント

ソフトウェア開発などSEとして長年ご活躍されてきた方です。

しかし今回の転職に当たっては、身体のことを考えて、
SEという仕事に拘らず、今までの経験・スキルを活かせ
るような別の職種での転職も考えていました。
通常、40代で職種転換をすることは難しいのですが、元
々ITリテラシーの高い方でしたし、逆に職種の幅を広げ
て頂いたことで、SE以外の今までのご経験・スキルを活
かした職種への転換が成功しました。

また、転職に辺り強い意思を持って行動してくださったこ
とも成功の秘訣です。
JOYの案件以外に、早い段階で内定が出た企業があっ
たのですが、職種や待遇などを総合的に判断した上で、
JOYの案件を前向きに進めることを決断してくださいまし
た。
私としても何とか、内定が出ている他社と比較ができる
ように、企業に対して選考を早めて頂くようお願いしたり
と調整を進めていましたが、どうしても時間がかかってし
まい、もどかしい思いをしたことを覚えています。
ただ、ご本人は強い意志を持って選考に挑んでくださっ
ていましたので、最終的にはそのお気持ちがいい結果
につながったのだと思います。

 
【事例No.132】不況の中でも、諦めず粘り強く活動をしたことが良縁につながった事例
下肢(車椅子以外)
プロフィール
年齢 :
30代
性別 :
女性
障害種類 :
下肢
業種 :
一般事務
勤務地 :
福岡県
就職前の住まい :
福岡県
ご本人の感想
就職活動中の感想 :

私は福岡在住なので、担当の方と最初は電話で
面談をしていただきました。
就職に対しての細かい希望や要望を組みとって
いただき、たくさんの企業を紹介していただけま
した。
書類選考でも2週間以上かかる企業があり、ま
た、この不況で選考途中に私の住んでいる地域
での採用自体を取りやめると連絡があったりして
焦りが募りましたが、ジョイの担当の方の励まし
もあり、最終的には希望の企業から内定をいた
だくことができました。
途中で諦めず粘り強く活動したのが良かったと
思います。

就職後の感想 :

証券会社の支店勤務ということで、最初はあまり
の慌ただしさに驚きましたが少しずつ慣れていく
ことができました。
周囲の方もとても良くサポートしてくれて助かって
います。
また、フロアに同じ障害者枠で入社した方が数人
いらっしゃるので、お昼をご一緒させて貰ったり
様々な情報を聞くことができて心強いです。
「継続こそ力なり」を念頭に置いて、マイペースで
長く勤務できるよう頑張っていきたいと思います。

ジョイからのコメント

ご主人の転勤で首都圏から福岡にお引越しされた方です。

事務経験もしっかり積んでこられていて、また非常に女性らしい
気配り・心遣いができる方で、私としてはお人柄も含め企業に積
極的にお薦めしたい方でした。

ただ、首都圏に比べて求人数は少なく、さらに昨今の不況も重な
りご本人のご経験やスキルとは関係ないところで、なかなか思うよ
うに選考が進まず、私ももどかしい思いをしたことを覚えています。

でも彼女は現状の理解をしつつ、諦めず、前向きにそして誠実に
活動を続けました。その結果が今につながっています。

この不況の折、なかなか思うように選考が進まないこともあると思
います。
そんな時は、興味や能力、価値観だけではなく、自分を取り巻く
環境の理解を深めながら、柔軟な対応力を持って前向きに諦め
ずに活動を続けていって頂きたいと思います。

 
【事例No.123】社会復帰への第一歩。未経験のへ職種へチャレンジした事例
下肢(車椅子以外)
プロフィール
年齢 :
30代前半
性別 :
女性
障害種類 :
下肢障害
業種 :
IT関連
勤務地 :
東京都
就職前の住まい :
埼玉県
ご本人の感想
就職活動中の感想 :

約4年ぶりの社会復帰、障害を持ってから就職活動をするのははじめ
てでした。私は持病があり、両手両足にも障害がある為、今の自分に
何ができるか、何より自分がこれからどうしていきたいか具体的に描け
ておらず、当時は暗中模索のまま見切り発車をしているような状態でし
た。

登録をしてから、担当の方に丁寧に面談をしていただき、不安に感じて
いる面などを相談しながら、就職活動をさせていただきました。
今回の就職活動で私が一つ決めていた事は、障害を持った事をきっか
けに、新しい事に挑戦するという事でした。障害を持ったからこそ広が
る世界もあるかもしれないと思ったからです。

IT業界はまったくの未経験でしたが、敢えて自分が挑戦した事のない
分野に飛び込む感覚で現在の会社に応募しました。
担当の方がメールで常に応援してくださり、一人で就職活動をしている
のではないという感覚があり、とても励みになりました。

就職後の感想 :

現在、まわりの社員も方にも恵まれ充実した日々を過ごしております。
はじめての業種という事とITの専門用語に慣れるまで少し時間がかか
りましたが、わからない事は親切に教えていただいたり、障害の為どう
しても出来ない作業などは、まわりの社員の方に直接お伝えし、手伝
っていただきながら仕事をしております。

就職をして必要だなと思った事は自分は何が出来て何が出来ないのか
、どういうサポートが必要なのかわかりやすく自分から伝えていく事です。
自分から心を開いていくことが、とても大事だなと思いました。

障害を持ち、一人で出来ていた事が誰かの手を借りないと出来なくなっ
てしまい自信をなくしてしまったりした時期もありましたが、誰かの手を
借りるからこそ広がり深まる人間関係もあると今は痛感しております。

これからも前向きに頑張っていきたいと思います。ありがとうございました。

ジョイからのコメント

彼女は人として非常に魅力のある方です。障害を持つご自身を受入れ
、周囲を受入れ、現実を受け入れ、「死にはしない。何とかなる!」と逞
しく生きていらっしゃる笑顔が、周囲の方を和ませ、前向きに生きるパワ
ーをくださいます。

「障害を持ったからこそ広がる世界」、「誰かの手を借りるからこそ広が
り深まる人間関係」。口で言うは簡単ですが、彼女はそれを実践・実感
されているからこそ、常に輝いていられるのだと感じます。

未曾有の不景気の時代で、求職者の方にとってはかなり厳しい状況に
なっておりますが、踏まれても挫けず、倒れても起き上がる、しぶとく気
高い笑顔が、成功への何よりの近道であると、そう思わずにはいられま
せん。

 
【事例No.121】前向きな気持ちを持ち続けた結果による成功事例
下肢(車椅子以外)
プロフィール
年齢 :
20代
性別 :
障害種類 :
下肢
業種 :
製造業
勤務地 :
兵庫県
就職前の住まい :
兵庫県
ご本人の感想
就職活動中の感想 :

ジョイコンサルティングの担当の方には大変お世話になりました。
ジョイコンサルティングさんに登録したきっかけは、前の職場で、ジョイさんから転職に成功された
知り合いからの紹介でした。
「ジョイさんはお勧め」という事を教えられて、さっそく登録しました。

担当の方は本当に私の立場になって、ご指導・サポートして頂いたと思います。
現在の仕事は工業系のメーカーで事務の仕事です。業務内容は私がとても興味のある
分野でしたが、事業内容・取り扱っている製品があまりにも私にとって未知の分野だったので
内定を頂いた時はとても不安になりました。
その際も相談にのって頂いて心の整理が出来ました。

転職を決意した時は、すぐに就職できるという自信が結構ありました。
事務の経験はそれ程多くなかったですが、年齢的な事や、その当時勉強していた事を活かせれば、
そんなに時間はかからないだろうと思っていました。
何より面接があまり苦にならなかった事が大きな要因だったと思います。

就職活動においては、焦る気持ちは当然ありますが、この転職で一生出来る
仕事を探すと言う事を常に頭に置いて活動していました。
幸い登録から2か月で、仕事が見つかりました。
今の仕事は給与、待遇面もありますが、業務内容が心から自分で納得できるものだったので
入社を決意しました。

就職活動では前向きな気持ちを持つ、心から納得できると言う事が大切だと実感しました。

本当にジョイコンサルティングさんに登録して良かったと思うと同時に、担当者の方には
とても感謝しております。

就職後の感想 :

現在の職場は人間関係にも非常に恵まれて充実した毎日を過ごしています。
中途採用という形ですが、先輩から仕事のやり方、考え方を1から教えて頂いています。
速く仕事を覚えて戦力になりたいと思っています。
それとやはり、パソコンのスキルは必要だと実感しました。
この点において、パソコンで苦労すると言った事はないので、少し心の余裕を持って
仕事に取り組めていると思います。

また障害者枠で入社しましたが、担当する仕事は健常者の方と同じ仕事を任せて頂いているので
とてもやり甲斐を感じています。
また私自身がデスクワークの仕事であれば、健常者と何も変わらないという気持ちで、
責任を持って仕事に取り組んでいます。

本当にジョイさんに出会えて、現在の仕事が出来て良かったと思っています。

ジョイからのコメント

「あれっ?先月、某企業に入社をされた方と、同じ職場の方だ。」
この仕事は守秘義務が課せられていますので、求職者の方に個人的な繋がりついて、私から話題を
持ちかけることはしませんが、JOYを含めて、過去に担当をした求職者の方々を通じて、多くの方との
ご縁が広がり、充実したキャリア人生を送ってきました。

資格の勉強仲間を次々に紹介して戴いたり兄弟姉妹、職場の同僚や友人関係、そして、何より一番
驚いたご縁は、同棲中のカップルご両人に対して、就職のお世話をしたことでした。

私の懐古話はさておき、彼は、日商簿記1級をわずか1点足らずで不合格という、実に惜しい経験を
お持ちの方でした。1級合格には至らなかったものの、難関資格の善戦は、彼の自信に大いに繋がった
と思います。

簿記は基本的に過去の数字の取りまとめですが、これからの彼は、過去に養った知識や経験を
活かしながら、1級の範囲のように、未来についてもシミュレーションをして、立派な職業会計人を目指
して欲しいと願っています。

 
【事例No.120】お引越しにあわせ、良いご縁(地方の場合)となった事例
下肢(車椅子以外)
プロフィール
年齢 :
30代
性別 :
障害種類 :
下肢(車椅子以外)
業種 :
製造業
勤務地 :
山口県
就職前の住まい :
広島県
ご本人の感想
就職活動中の感想 :

そろそろ、仕事を再開したいと思っていたときに、たまたまインターネットのホームページでJOYさんを見つけました。

はじめは、顔の見えない就職活動には不安がありましたが、担当の方にとても親切に対応していただけたので、安心して自分の希望の職種や業種を探してもらうことができました。

子供もいるし、再就職にもブランクがあり、入院や通院にも配慮していただける企業なんてあるのかな・・・と思っていましたが、何とか探していただけて。

地方に住んでいるので、都市部よりも就職先の件数は少なかったとは思いますがJOYさんに親身になっていただいて、自分では、就職活動もすんなりとこなせたという感じがしています。

就職後の感想 :

仕事の内容は事務職で、以前に働いていたときに慣れているパソコンでの作業が中心です。
周囲の方は気遣ってくれているのかもしれませんが「少しずつ覚えればいいから」といってくださるので私自身も自分のペースで、楽しく仕事をさせていただいています。
身体に無理のないように配慮もしていただけますし、障害があっても働けることに感謝しています。

男性が多い職場ですが、いろいろ気配りをしてくださったり、仕事も親切に教えていただけるので感謝しています。
子供がいることにも理解を示していただけているので働く母としても、今の会社に入れたことはラッキーだったと思います。

今は契約社員ですが、正社員になれるように努力していきたいと思います。
ジョイさんと出会えて、本当に良かったと思っています。ありがとうございました。

ジョイからのコメント

もともと県外に在住の方で、弊社とのキャリア面談も旧住所にいらっしゃる頃に行われました。

さて、お引越し先が山口県ということで、正直求人はそう多くなない地域です。
社内の各担当者間で当該エリアの求人詳細を検討しましたが、すぐにはありませんでした。
しかしある者が「○○株式会社ならそのエリアに大きな製造拠点での求人があるぞ」という報告をしました。
早速東京本社の人事ルートで現地人事に紹介、内定となったケースです。

そもそも、ご本人のご経験が評価されたのはもちろんですが、弊社でも細かな点までしらみつぶしに探せたのが良かったなと思います。
簡単に決まるケース、時間がかかるケース、支援が困難なケース、色々とございます。
しかし、あまり一般論に囚われて「どうせ無理だろう」と決め付けてしまっては、できることもできなくなります。

何か明確な目標や希望をお持ちであれば、是非、ジョイにご登録下さい。

 
【事例No.116】障がいへの配慮を最優先にした、就職成功事例
下肢(車椅子以外)
プロフィール
年齢 :
50代
性別 :
障害種類 :
下肢
業種 :
金融
勤務地 :
奈良県
就職前の住まい :
奈良県
ご本人の感想
就職活動中の感想 :

年齢のことを考えると転職することに不安があり、なかなか行動できませんでした。

その頃偶然に見つけたジョイコンサルティングのホームページで、様々な障害者の方がきめ細やかなサポートを受けて就職に成功しているのを拝見し、自分も最後のチャンスにかけてみようと思いました。

登録すると次の日に連絡があり、電話での面接では30分以上も話を聞いてくださって、いろいろアドバイスをいただきました。

2か月の間に会社の面接、内定と順調に進み、正直こんなにスムーズに転職できるとは思いませんでした。

就職後の感想 :

面接の時、正面玄関を入ってすぐにエレベーターがあるのを見た時はとてもうれしかったです。

前の会社では一日に何度も階段を上り下りしなければならず、いつも足の障害のことを不安に思っていました。

今の職場の環境は快適ですし、仕事の内容も(慣れるまで大変でしたが)気に入っています。

ジョイからのコメント

前職では業者出入り口に一番近かったため、応対のために何度も階段を上り下りしなくてはいけませんでした。給与が下がっても良いので、足に負担がかからない職場に移りたいとの思いが、これまでの負担の重さを物語っています。

私達は職業紹介を業としていますが、二次的な役割としては、障がい者お一人お一人が働きやすい環境の整備についても、企業と求職者、双方の架け橋にならなくてはいけないと、改めて考えさせられる事例となりました。

自発的に各備品を整理してラベル貼りを行った前職のように、細やかな心配りを発揮され、更なるご活躍を心よりお祈り申し上げます。

 
【事例No.108】にこやかな笑顔が良縁を運んだ事例
下肢(車椅子以外)
プロフィール
年齢 :
40代前半
性別 :
女性
障害種類 :
下肢(車椅子以外)
業種 :
製造業
勤務地 :
神奈川県
就職前の住まい :
東京都
ご本人の感想
就職活動中の感想 :

初めてJOYで面談をしていただいた際、担当の方の優しい笑顔と的確なアドバイスで、不安だった就職への思いがとても前向きになりました。

何よりも良かったのが、模擬面接をしていただいたことです。

漠然としていた自分の良い面、足りない面がはっきりとし、そのおかげで本番の面接では自信をもって臨むことができたのではないかと思っております。

また、就職と同時に引越しも考えていたのですが、それも含めて私に合う社風の会社を探して下さり、本当に助かりました。なんでも相談にのっていただきとても心強かったです。

就職後の感想 :

私の入社した会社は制服があるのですが、やはりスカートでは冷えるせいか足のしびれがくるようになってしまいました。

上司に相談したところスラックスの代用も可となり、大変助かりました。このように身体的に困ったことをすぐに相談できる体制になっているところはとてもありがたく思っております。

仕事に関しても最初は負担にならないことから始め、徐々に増やしていただいております。

体はやはり大変な時もありますが、働くようになってから気持ちも前向きになり、とても嬉しいです。

ジョイからのコメント

下肢に障害をお持ちですと、どうしても事務系のデスクワーク求人が中心となりますが、彼女は、もともと楽器を教えていた方で、決して事務経験豊富とはいえませんでした。

それでも彼女と面接をした企業様は皆さん、彼女を高く評価していらっしゃいました。その要因の一つに、彼女の前向きな姿勢と笑顔があったと思っています。

彼女が障害者手帳を取得されたのは、JOYへ登録されたほんの1年前。
ご家族が亡くなられ、看護生活が終わった矢先、ご自身が障害を負う病に冒されたことが発覚しました。

辛いご事情があったにもかかわらず、それを「運命」と受け止め、今後の人生を楽しく、明るく過ごそうとする前向きさが、彼女の笑顔には現れているような気がします。

私に対しても、何度も感謝のお言葉をいただいて、本当に恐縮であったとともに、些細なことでは苛立たず、常に前向きでいらっしゃる態度は、経験に勝る、素晴らしい「強み」であると思います。

 
【事例No.107】異業種への転職、仕事のやりがい・将来性を重視し、良縁を掴んだ事例
下肢(車椅子以外)
プロフィール
年齢 :
40代
性別 :
女性
障害種類 :
下肢(車椅子以外)
業種 :
金融 / 一般事務
勤務地 :
北海道
就職前の住まい :
北海道
ご本人の感想
就職活動中の感想 :

希望の年収が比較的高かったこともあり、2ヶ月程度求人の知らせがなく、あきらめかけておりましたので、連絡が来た時は大変びっくりしました。

北海道から上京して面接を受けたため不安で一杯でしたが、待ち合わせ場所にジョイの担当の方が来てくださり、ほっとしたのを覚えています。

折々にメールやお電話を下さり、大変決め細やかな対応をしていただきました。

就職後の感想 :

前職では嘱託社員として、どこか疎外感を感じて働いていたので、そのことに対する不満等が理由で転職を希望しましたが、正社員と変わらない仕事・教育の機会を与えられ、仕事の難易度は高いながら、大変やりがいを感じています。

また金融という仕事柄か、経験を積んだ人を大切にする社風があるようで、多種多様な年齢の女性がいらっしゃり、将来の自分を考えても安心して働いていけるような印象を持てて、満足しています。

前職とは比べ物にならないほど覚えることや仕事量が多く、当初の1週間は正直落ち込みましたが、金融業の特質なのか、何一つ自分ひとりで完結する仕事がなく、随所で相談している姿が見られます。

そのため、その集団の中で孤立感を感じることもなく、チームワークがとても良い職場だと感じており、皆さんに支えられて頑張れそうな気がしています。

また社員食堂などの福利厚生も充実しており、やはり大きな会社は違うなあ・・・という印象でしょうか。

まだまだ一人前になるには時間がかかりそうですが、せっかく与えられたチャンスですので頑張ろうと思います。

ジョイからのコメント

ご本人からのコメントにもあるように、北海道という土地柄、またご希望給与の面から、現職を辞める決め手となる企業のご案内ができず、私としても心苦しい状況でした。
しかし、しっかりと事務経験を積んでこられ、お人柄的にも非常に穏やかで話していて心地のいい方でしたので、今までと業種が異なる金融業界のお仕事でも必ず実績を残せる方と思い、ご紹介をさせていただきました。
給与面・雇用形態の面からもご希望とは異なっていましたが、ジョイの説明にも真摯に耳を傾けてくださり、最終的に将来のご自分を考えて仕事のやりがいという点を重視し、ご決断いただきました。
今までと全く異なる業種なだけに、勝手も違い戸惑うことも多いと思いますが、教わったことをノートにメモし、毎日復習されていると聞いて、近い将来必ず会社の戦力となってご活躍できる方だと確信しました。
小さな努力の積み重ねが大切なんだと改めて教わった気がしております。

 
【事例No.106】働くことを優先に考え、企業とのご縁を大切にした事例
下肢(車椅子以外)
プロフィール
年齢 :
30代
性別 :
男性
障害種類 :
下肢(車椅子以外)
業種 :
運輸業 / 一般事務
勤務地 :
東京都
就職前の住まい :
北海道
ご本人の感想
就職活動中の感想 :

地方の都市では上場企業の数が極端に少なく、60社以上の企業へ応募しましたが、書類選考だけで、なかなか面接まで進むことができずに苦労しておりました。

ハローワークの障害者求人や、インターネットでの障害者求人サイトでも、求人の募集を掲げておりますが、建前と本音(とりあえず、雇用の窓口は開いております、と言った企業)にかなりの温度差を感じており、苦戦しておりました。

かなりの数の就職サイトに応募、登録、エントリーをしましたが、ほとんどのサイトでは良い結果にはたどり着きませんでした。

インターネットでこのJOYコンサルティングに相談をしましたところ、専任の担当者の方に付いて頂きまして、個人の詳細な要望を電話にてヒアリングして頂きました。

その後、企業の紹介をして頂き、履歴書、職務経歴書の他に、自分自身の長所となる色々な項目(得意な事、健康状態、学生時代のクラブ活動、スポーツや、ボーイスカウトでの隊長の経験、就職してからの部下への指導経験、履歴書に書ききれない自己PRなど)を別紙のキャリアシートにまとめ、その内容を入社した企業に評価され、この度の入社に至りました。

私は年齢的にも35歳を超えておりましたので、給与の条件や企業が希望する年齢層から外れておりましたが、キャリアアドバイザーの担当の方からの強い協力、細かな疑問点や就職の条件の交渉をして頂いた結果と、感謝しております。

就職後の感想 :

私は通常の障害者の雇用条件とは少し違う条件(通常の業務と違い、立ち上げ中の部署への採用)ですが、皆さんも必ず今までの経験の中で、自信を持って発言出来る能力や経験があると思います。

また、朝の挨拶や、上司から新しい知識やパソコンの操作や技術を教わった際の「有難うごさいます」の一言、帰り際の挨拶と礼(職場の皆様におじぎをして「お先に失礼致します」)をしっかりし、謙虚な気持を忘れない事が大事だと考えています。

ジョイからのコメント

始めは札幌での転職を希望されていました。

コミュニケーション能力も高く、自然と人が回りに集まってくるような男気のある方でしたので、ご案内できる求人案件が少ないことに、もどかしさを感じたことを覚えています。

1社札幌で選考が進んでいた企業が急遽勤務先が東京での採用となり、ご本人としてもご家族のことを含め非常に悩まれたことと思います。しかし、やはり最終的には男気のある決断、何よりも働くことを優先に考え、選考が進んだ企業とのご縁を大切にしたいとの思いから、入社をご決断されました。

たまに企業に電話をした際に、この方が電話に出て元気に働いていることを報告してもらえるのが、今では私のささやかな楽しみとなっています。

必ず企業の戦力としてご活躍できる方だと思っております

 
【事例No.99】「選択することは捨てること」勇気を持って、自分の希望をかなえた事例
下肢(車椅子以外)
プロフィール
年齢 :
20代半ば
性別 :
女性
障害種類 :
下肢(車椅子以外)
業種 :
食品・飲料
勤務地 :
熊本県
就職前の住まい :
山口県
ご本人の感想
就職活動中の感想 :

私は将来、食の面から医療に関わる職に就きたいという思いを抱き、短大、大学では栄養士・管理栄養士養成校で学び、就職ももちろん病院栄養士を希望していました。

大学4年生の頃は、一般学生に混じって障害者であることを隠し就職活動を行っていましたが、自分が想像していた以上に足のことがネックになると選考を通して痛感しました。

大学入学当初から大学院進学も視野に入れていて、研究職や食品系メーカーへの就職も考えていたということもあり、最終的には他大学の大学院へと進みました。

目的意識をもって進学したつもりでも、友人たちの多くが社会で活躍しているのを知ると、焦りもしたし、不安もたくさんありました。大学4年の活動経験から、就職は障害者枠を活用しようと考えるようになりました。

ジョイとの出会いは、ネットで障害者採用をしている会社を探しているときに、偶然見つけました。
登録させていただいたのは修士1年の夏でしたが、ちょうど就活を積極的に行っていこうという気持ちが高まった秋頃に担当アドバイザーの方からご連絡を頂き、面談をしていただきました。

現在の勤務先も、面談時にお話を伺っていたものの、当初、両親のことを考慮して、福岡限定で探していたこともあり、職種に強い関心を持ちつつも、一歩を踏み出せずにいました。

しかし、活動を精力的に進めるにつれて、やはり『好きなことを生業としたい』という思いを捨てきれず、希望勤務地を拡大しようという気持ちになり、その旨をご連絡したところ、すぐに動いていただき、たいへん嬉しく思いました。

私は極度のあがり症で、正直、一次面接は不安いっぱいでしたが、人事担当の方々が話しやすい雰囲気を作ってくださり、100%素直な自分を出せました。選考もスムーズに進み、一番行きたいと思っていた会社に内定を頂くことができました。

就職後の感想 :

入社して1ヶ月が経ち、現在、工場で実地研修中ですが、指導して下さる社員の方々はたいへん親切で、充実した日々を送っています。

足の事を配慮していただきながらも、同期の皆と同じようにやりたいという私の気持ちを最大限に尊重して下さっていて、たいへん有難く思っています。

同期の皆のさりげない優しさが何より嬉しいです。色々ありましたが、良い会社に出会えたと感じています。

管理栄養士の資格も直接的ではなくても、業務の中で必ず生かせると思っています。

これからが勝負ですが、ひたむきに、日々精進でがんばります。

最後になりましたが、ジョイに登録してよかったですし、担当アドバイザーの方にはたいへんお世話になり、本当に感謝しています。有難うございました。

ジョイからのコメント

この方のサポートで、一番の難関は、「勤務地」でした。

理由を聞くとご家庭の事情で、まったく合理的であり、あとはキャリアアドバイザーがどうこう言える範疇ではありませんでした。結果として、ご自身のやりたいことを最優先されました。

100%希望がかなわないとすると、選択することは何かを捨てることです。そのためには、何を最優先するかを明確にすることが必要で、これは企業で業務をする上でも、もっとも大事なことのひとつでもあります。

 
【事例No.92】ハンディをきちんと伝えることで相互理解を深め、良縁をもたらした事例
下肢(車椅子以外)
プロフィール
年齢 :
女性
性別 :
20代後半
障害種類 :
上肢、下肢(車椅子以外)
業種 :
製造業
勤務地 :
京都府
就職前の住まい :
兵庫県
ご本人の感想
就職活動中の感想 :

ジョイコンサルティングの担当の方には本当に良くしていただきました。

私は、自分が健常者とあまり変わらないというところをアピールし過ぎていましたが、「就労後、お互いが気持ち良く仕事するためにも、業務上で出来ないことは言ったほうがいいですよ。」と言って下さり、自分に負い目を感じることなく、働きたいという気持ちを伝えることが出来ました。

就職活動中もこまめにメールで応募先企業の進渉状況を教えて下さり、不安な気持ちの中で安堵したものでした。

私は2社に応募しており、幸いにも1社から内定を戴き、もう1社は最終面接待ちという状況の中ですごく悩みました。

内定を断るのはつらい決断でしたが、「私はモノを作ることで世の中の役に立つ、そんな企業で働きたい」と思い、製造業である最終面接待ちの企業に賭けてみることにしました。

嬉しいことにその会社からも内定を戴くことが出来、最後まで諦めないで良かったと感じています。

就職後の感想 :

今の会社の方々はとても良くして下さいます。
体に負担がかかることは一切ないので無理をすることなく働いています。

また、仕事内容もやりがいがあるもので、教わったり勉強しなければならないことがあり、私にとって良い刺激になっています。

就職活動中は不安なこともあると思いますが、妥協することなく自分の気持ちを大事にしていけばきっと素晴らしい企業に巡り合えるのではと思います。

ジョイからのコメント

礼儀正しく、他人への気配りや感謝の気持ちを忘れない誠実な人柄が印象的な方でした。ただ、選考に少し時間がかかったため、不安な想いをさせてしまったのではと反省もしています。

しかし、最終的に良い結果に結びついて、非常に安堵したことを今でも覚えています。

彼女を通じて、就職、転職活動でもっとも大事なのは人間性なのだと、改めて教えられた気がします。

 
【事例No.78】できることとできないことを明確に  ~責任感に基づき、意思表示を明確にした事例~
下肢(車椅子以外)
プロフィール
年齢 :
30代
性別 :
女性
障害種類 :
下肢(車椅子以外)
業種 :
建築材料/経理
勤務地 :
大阪府
就職前の住まい :
大阪府
ご本人の感想
就職活動中の感想 :

 昨年11月に主人の勤めていた会社が倒産し、私が急遽家族を養わないといけなくなりました。
 10年近くのブランクがあり、不安を抱えながら職安に行きましたが、紹介される職業は一般事務で、しかも、月15万円程度の給与と、子供3人と主人の5人家族を養うには不十分でした。
 派遣社員なら時給が高いと思い、派遣登録し一旦就職しましたが、安定な収入を得るまではいかず、長期的な安定収入、及び社会保険等の福利厚生面でも、正社員がいいと思っておりました。
 そんな折に、インターネットでジョイ社のホームページを見て、すぐ登録いたしました。

 ジョイ社のいいところは、まずこちらの条件や状況を十分把握して会社を紹介していただけるところです。給与面も、ジョイ社が前もって紹介先の会社に確認していただいたので安心して面接を受けることができました。
 一般採用と違い、障害者採用は、一般的に大手に中途入社できる上、障害者に対する会社側の理解、配慮があり、長期にわたり働けるようになっています。

ジョイ社に紹介してもらい、本当に感謝しております。

就職後の感想 :

一般採用と違い、障害者採用は自分の障害を会社側、及び、同じ部署で働いている方の理解があり、無理せず、働けています。一般採用はどうしても 健常者の方と同じ扱いになり無理して働かないといけないこともあります。
 その点、障害者採用は「自分の障害はこうだから、これはできませんがこれならできます。」と上司にも解ってもらえています。
例えば、私は場合はエレベーターでの移動です。

 1つ下の階の部署に移動するときは普通は階段移動なのですが、上司が、私に「階段の使用を禁止」してくれました。
 これによってエレベーターしか使用できなくなり、ほかの方にもエレベーターしか使えないのは上司からの指示と理解してもらっています。

ジョイからのコメント

できいないことを明確に伝えることは、できることに対する責任感の表現です。そういった責任感が企業にも伝わり、企業から高い評価を得た事例です。

 
【事例No.65】企業面接を通じてご自身のスキル・能力をアピールし転職した事例
下肢(車椅子以外)
プロフィール
年齢 :
30代前半
性別 :
男性
障害種類 :
下肢(車椅子以外)
業種 :
食品関係/総務事務
勤務地 :
東京都
就職前の住まい :
埼玉県
ご本人の感想
就職活動中の感想 :

今から5年前右足に病気による障害をおいました。勤めていた会社では車による営業でしたので復帰後はやむなく電車での営業をしておりました。ですが、体力的にそれも苦痛となり、自分の体調と仕事内容のギャップになやんでいたところ、ジョイさんのサイトをたまたまみつけ、だめもとで登録しました。
 早速、お会いしてみるといろいろ相談にのっていただき自分の希望をくんだ職場の紹介をしていただきました。3~4社面接を受け失敗もありあせりもありましたが、面接時のアドバイスやフォローもしっかりしていただいてとても心強かったのを記憶しております。

就職後の感想 :

就職後は、理想通りの職場で同じ障害者の方も数人いるため理解もあり、自分の意見も結構汲み取ってくれる会社なのでとてもやりがいを感じます。ジョイさんに登録して本当に良かったとつくづく感じるこのごろです。大変感謝しております。

ジョイからのコメント

営業の第一線で部下をもちながら企業のコア人材として活躍されていらしゃいました。

 下肢障害となり運転には車の改造が必要となったのですが、複数の社員の方が使用する社用車は改造できないとのことで電車での営業をされ、ますます下肢の負担が増大されていました。

 初回面談ではボトムに近い求人票の条件・待遇面に驚かれていましたが、それがボトム条件であり企業によっては経験・面接を通じて高条件・高待遇をオファーする企業もありますとご説明をして、ご自身で高評価を引き出す決意をなさいました。企業面接を通じご自身で希望待遇を勝ち取る意欲に応えるため、ご自身の強み・弱みへのアドバイス、紹介応募や面接アドバイス等、いろいろさせていただきました。

 企業によっては、『経験・面接を通じて相応の処遇を検討したい』と考えるところもあります。たとえ、求人票には新卒初任給しか記載がなくてもご自身の専門性・経験・能力をアピールして納得のいく転職をされた事例です。

 求人票には予め決められた ポジション・待遇 での採用を行う企業と、ご本人のスキル経験をみて ポジション・待遇 を決める2種類のパターンがあります。求人票・紙面を見ただけでは後者企業の要望はわかりません。紙面のみではわからない情報を提供できることが私共、人材エージェントの強みだと考えています。

 求人票だけで企業を判断せず、且つひとりよがりに自己を判断せず就職・転職活動をしていきましょう。

 
【事例No.62】手帳の取得相談からスタート!1年以上のブランクを持ち前の粘り強さでカバ-した事例
下肢(車椅子以外)
プロフィール
年齢 :
30代後半
性別 :
男性
障害種類 :
上肢、下肢(車椅子以外)
業種 :
通信関係/総務事務
勤務地 :
東京都
就職前の住まい :
宮城県
ご本人の感想
就職活動中の感想 :

求職中の時期が1年以上と長くしかも年齢も30代後半、更に障害をもっているという事で焦りまくっていた時に、求人情報でジョイコンサルティングさんの存在を知りました。
 自分はつい最近まで、障害者手帳を取らないまま30年余年間生活していたため、ジョイさんに就職を紹介してもらうに当たって手帳を取得から始まりそこからが長い道のりの始まりでした。
幼少から普段の生活には支障がないため、障害者手帳が必要ないと思ってましたので取得は色々大変でした。さらに地方に住んでいて首都圏に就職希望という大変な条件でしたので、ジョイコンサルティングさんには色々とご足労おかけしたと思っております。上京にあたり面接日程を効率よく手配していただいたりしていただき、大変たすかりました。
 今はなんとか都内で一人暮らししながら働いておりますが、これからがまた更に大変だと考えています。いろいろ大変だとは思いますが自分なりに頑張って生活していこうと思っております。f^_^;

就職後の感想 :

11月1日から毎日毎日、覚える事ばかりで不安と緊張で1日24時間が足りない感じがします。
 色々大変ですが仕事からの帰宅途中の電車内から見える都心の風景が「あ~やっと念願の都内で働けるようになったんだ」という実感が嬉しく思ってます。自宅アパートに帰って自炊も色々大変でたまに疲れて帰宅していると面倒になりますがとりあえず慣れるまでは公私ともども頑張っていきたいです。

ジョイからのコメント

手帳の取得相談からスタートしました。離職期間が長く選考・面接は苦戦しました。就労支援も6ヶ月超となりメール交換も100通以上となりましたが、ご本人の持ち前の粘り強さでご縁を勝ち取りました。

 職種転換が必要だったため、パソコンの技能もビジネスレベルまで自己研鑽されるなど求職期間中のすごし方が大変印象的でした。なんとなくすごしてしまう求職期間の時間をプラス思考で有効に使うことは本当に大切なことだと思いました。

 
【事例No.61】自分の思いをアドバーザーにぶつけて、自分をみつめた事例
下肢(車椅子以外)
プロフィール
年齢 :
20代前半
性別 :
男性
障害種類 :
上肢、下肢(車椅子以外)
業種 :
金融関係/総務事務
勤務地 :
東京都
就職前の住まい :
神奈川県
ご本人の感想
就職活動中の感想 :

私は、大学在学中から公務員試験の勉強をしており就職活動=公務員試験でした。
 しかし、在学中の合格は叶わず就職浪人となりました。将来への不安が日増しに大きくなっていく中で、以前から拝見していたジョイさんのホームページに思い切って登録しました。
 ですが、私の中で公務員を諦められない中途半端な状態でのスタートでした。
 そんな中途半端さは、面接ですぐに見抜かれるものです。2社ほど不採用になり、この中途半端な気持ちを整理しなくてはダメだと痛感しました。
 キャリアアドバイザーの方々にアドバイスを頂きながら、自らの人生のキャリアをどう積み重ねていきたいのかを考え直しました。不採用のメールが来ると落ち込みましたが、気持ちを切り替えてその理由を自分なりに分析し、次回の面接では、できるだけ直すようにしていました。
(同じ失敗をしてしまうことも多かったです)
 その甲斐があったのか、現在の会社に採用が決まりました。
登録から採用までは2ヶ月弱でした。

就職後の感想 :

私が勤務する企業は金融関係の業務なのですが、私は金融について専門的に勉強した経験が無いので、つとまるのかどうか少々不安がありました。
 しかしOJTとして指導してくださっている先輩を始め、職場の方々はとても親切に指導をしてくださって本当に感謝しております。
親切に甘えることなく、1つ1つ業務を確実に覚えて、みなさんと共によい仕事ができるように頑張っていきたいと思います。
 最後に、就職だけでなく私の人生についてよきアドバイスを下さったジョイコンサルティングの皆様に御礼申し上げます。

ジョイからのコメント

就職活動中にキャリアアドバイザーと話すことはご自身の考え方や企業への志望動機などいろいろな事を整理するために大変有効な手段です。
 今回はご自身で進路変更をされて、企業で仕事をするためにご自身の考え方を変更しようとされていましたが、お気持ちが整理されないままの状態でした。企業面接は表面上のテクニック・言い回しだけで通過するものではありません、取り繕いは必ず面接官に伝わります。
 最善と信じる選択をあきらめるのではなく、別な方法で自己実現しましょうと提案して面接に臨んでいただき見事に内定を勝ち得た事例です。

 
【事例No.55】好きなことを仕事にするために、勇気を持って踏み出した事例
下肢(車椅子以外)
プロフィール
年齢 :
20代
性別 :
女性
障害種類 :
上肢、下肢(車椅子以外)
業種 :
製造業
勤務地 :
東京都
就職前の住まい :
東京都
ご本人の感想
就職活動中の感想 :

今回の新しい職場に就職する前は、両親を安心させるためのような就職でした。高校の時に留学、帰国後、自分の意思というよりも、両親の希望を強く反映させる必要があったからです。自分は、生まれつき右すべてが全く動かず、そのせいもあり左だけを使う分、就職2年目から「腱鞘炎」になりました。今現在も完治せず、少し軽くなったという程度です。初めての会社で配属された部署で、10人の男性と自分ひとりで多くの仕事をやっていたことが原因です。5年目からは障害のない人が入って一緒に仕事をするようになり、自分の仕事がかなり少なくなりました。つい最近になり、「転職」を考えるようになりました。そんな時にジョイコンサルティングさんにお世話になり、約3ヶ月で転職ができました。こんなに早く自分の好きなことができる職場を紹介して下さったジョイコンサルティングさんには、本当に感謝です。

就職後の感想 :

まだ就職して1週間ですが、わからないことだらけです。前の日本の会社と違い、英語が好きな私にとって、毎日英語が飛び交う、とても面白い会社です。毎日、外国にいるように感じます。今度は自分に役立つことが仕事になり、うれしいです。英語の勉強とパソコンのマクロの勉強ができ、肩・腕の痛さをそんなに感じず、楽しく仕事をしています。今までやってきたことがすべて、今の会社で役立っています。

ジョイからのコメント

学校を卒業後、ご自分のやりたいことより、ご両親のご希望が強く反映された就職をされました。時間が経ち、ご自分の興味のある英語を使った仕事をしたいというお気持ちが強くなり、当社にご登録されました。単にご希望を持つだけでなく、ご自分の時間を使って、英語力を磨いたことが、彼女の就職の成功につながりました。自分のやりたいことを明確にする→そのことに磨きを掛ける→勇気を持って行動する、この勝利の方程式がこの方を成功に導きました。

 
【事例No.53】高校卒業後のアルバイトから、心機一転スタートをきる!
下肢(車椅子以外)
プロフィール
年齢 :
20代
性別 :
男性
障害種類 :
上肢、下肢(車椅子以外)
業種 :
卸売業
勤務地 :
東京都
就職前の住まい :
三重県
ご本人の感想
就職活動中の感想 :

数ヶ月前までアルバイトでしたが、このままアルバイトでは将来が不安になり、将来を考えアルバイトを辞めて真剣にスキルアップ、就職活動をしようと考えジョイさんに応募させて頂きました。
 当初は、地元での就職を考えていましたが、現実は地元での就職は困難でしたが、「東京での就職は考えてない?」と聞かれ最初は戸惑いなかなか決心がつきませんでしたが、東京のきっちりとした組織の中で身を置けばビジネスマンとして自分が高められると考え上京する覚悟と決心がつきました。
 就職活動中も資格を取得し、ジョイさんの的確なアドバイスとサポートのお陰で、こんなに早く就職することができ本当に感謝しています。

就職後の感想 :

就職して約1ヶ月、会社の社風、人間関係がとてもいいです。
初めての会社でまだまだ自分の力不足を実感していますが、現状維持で満足せず、より上を目指して頑張っていこうと考えています。

ジョイからのコメント

ジョイコンサルティングの特徴のひとつ、キャリアコンサルティングを実施して就労支援を行いながら、同時に紹介先企業へ足を運び実際の雇用ニーズを把握し、受入コンサルテーションをしていることです。双方の顔が見え、ニーズがわかるからこそベストなマッチングが可能となっています。

 今回は当初名古屋で面談、地元での仕事をさがしているとお聞きしました。その中で将来ビジョンがありそのために管理系職務経験をしっかり積みたいとのお考えを強く感じました。20代に就く仕事はその後の職業人生に大きく影響します。その希望を実現できそうな企業のひとつが東京にあり紹介いたしました。職場で身につく経験・スキルはご自身の自己実現に大い役立つと考え企業を紹介、数回の面接を通じてご自身で決められました。
 
 また、企業のみなさんの受入努力があって今回は良いご縁となりました。通勤に負担がかからないように会社近くに社宅をご用意いただき、重度障害者等通勤対策助成金・住宅手当の支払助成金などの制度も積極的研究・活用され通勤に負担がかからないよう配慮いただきました。

<重度障害者等通勤対策助成金・住宅手当の支払助成金>
http://www.joy-c.com/job_qa/archives/2006/07/post_19.html

 
 先日就職後のフォローをしたところ「電話がすこし苦手です・・・」と相談をうけました。
だれもが新入社員のとき感じる「はしか」のようなもの必要なことは予めメモをみて話せばいいよ、話しながらメモをとる習慣をつけるようにアドバイス、視力がわるいので会釈の件はしっかり伝えているだろうか・・・など、心配にはつきません。けれども自律・自立支援が目的のキャリアコンサルテーション、一旦終了しますが人生の節目にはいつでもお気軽にジョイにお立ち寄り下さい。

 
【事例No.50】希望業界を幅広く柔軟に考え、やりたいことを明確にし,成功した事例
下肢(車椅子以外)
プロフィール
年齢 :
30代
性別 :
男性
障害種類 :
上肢、下肢(車椅子以外)
業種 :
システム系
勤務地 :
東京都
就職前の住まい :
東京都
ご本人の感想
就職活動中の感想 :

部署が変わり人間関係及び仕事の面でうまくいかなくなり、16年目にあたる 2004年10月に前職を退社しました。
昨年の4月から今年の3月まで新たな資格を取得する為、学校に通いながら転 職先を探しました。ハローワーク、ジョイコンサルティングを通じ幾つかの 会社と面接をしました。
最初は福祉・医療関係への就職を考えていてそのための勉強もしました。
しかし、福祉・医療関係への就職は、 なかなかうまくいかずにいました。こ のようなかで、この4月からジョイコンサルティングさんの紹介でとある システム 系の会社に転職することができました。

就職後の感想 :

今の会社は人間関係的にうまくいっており、仕事の面もデータ入力が主な仕 事で、のちのちはデータ分析の仕事があると言われ順調にいっております。 ありがとうございました。

ジョイからのコメント

この方の勝因は、二つあると思います。
第一に、希望業界について、現実を認識しながら、 就職活動をされたことです。
当初ご希望されていた福祉業界ですが、現実的に、その分野の企業数自 体が少なく、 よって、求人数も少ないということをお伝え致しました。
それをご認識頂き、業界選択を幅広にお考えになられました。

第二として、やりたい職務内容が明確だったことです。
システム開発をやられていましたが、体力的な問題があり、システム開発の知識を生かした、その部門での、事務的なお仕事をやりたいとのことでした。
キーワードとしては、「柔軟性」と「明確さ」です。
結果として、お会いしてから、早い段階で、内定まで至りました。

 
【事例No.49】3年間のブランクをジョイとの情報交換でうめた事例 
下肢(車椅子以外)
プロフィール
年齢 :
30代
性別 :
男性
障害種類 :
下肢(車椅子以外)
業種 :
品質管理分析業務
勤務地 :
神奈川県
就職前の住まい :
富山県
ご本人の感想
就職活動中の感想 :

10年間勤務していた医療用医薬品の会社を都合により退職し職業訓練校でCADの勉強をしましたが、基礎的な機械専門知識不足と判断、自宅で求職活動をしていました。県内には専門知識を活かす企業が少なく、かつ下肢障害のため工場の設備面での不安があるとの理由でなかなか再就職ができませんでした。そのような状況のなかで就職をあきらめかけていたましたが、ジョイコンサルティングをインターネットで見つけて、登録をしました。
職務経歴書を詳細に書いてくださいと連絡をもらい、それを送り東京での仕事があることをしりました。2社ほど紹介をうけそのうちの1社から面接の連絡がきました。

 すでに前の会社をやめて3年が経過していましたが、もっている専門知識を活かしたいこと、冬季の雪のための生活を考え東京での仕事も可能と考えました。初めての場所での面接は不安でしたがなんとか夜行バスで移動し面接をうけました。2次面接を受けるにあたり生活面などをふくめたいろいろな情報をジョイコンサルティングから受け、東京に出てきても仕事が十分できると思いながら面接を受けました

就職後の感想 :

現在は会社の寮に入り職場に通っています。職場では劇物などを扱うため予め同僚と詳細な打ち合わせをして、できないことは他の方に担当していいただいています。前職場と違うことは多々ありますが、いままでの知識を導入することで効率性があがることがあり、上長と話して現在、制度導入案を作成しています。今後の目標はプロフェショナルになること仕事を通じてよりスキルを身につけることです。趣味のドライブでリフレシュも兼ねて連休は車で帰省したいと思います。

ジョイからのコメント

登録の時に「早く仕事がしたいです」とコメント欄に記載がありました。職務経歴書をいただき職務内容としてはぴったりの仕事だと思いましたが、勤務地が東京近郊だったため、富山県にお住まいでしたのでご本人にお問い合わせしたところ積極的に勤務可能か情報収集され行動されました。3年間のご自身の専門分野からはなれ知識の陳腐化を懸念されていましたが、新しい職場でいろいろ提案することがあり業務改善に役立っているようです。

 
【事例No.38】1年近くの長期戦、信念を貫き、勝ち得た栄光
下肢(車椅子以外)
プロフィール
年齢 :
20代
性別 :
男性
障害種類 :
下肢(車椅子以外)
業種 :
IT/人事
勤務地 :
茨城
就職前の住まい :
埼玉
ご本人の感想
就職活動中の感想 :

まず、ジョイコンサルティングに登録したきっかけから述べたいと思います。

私は、大学院博士課程を出て、博士号を取得しています。したがって、本来のコースとしては、大学の教官や研究所の研究員(フェロー)になるのが普通です。私も基本的には学問の世界で生きていくつもりでした。ところが、様々な理由(障害もその一つ)で研究職のポジションを得ることが中々難しいということが現実の問題となりました。しかし、大学院時代を通してずっとアクティブに活動していたので、何もしないでぶらぶらする気持ちにはなれませんでした。研究の現場を離れても、自分がそれまで培ってきたものを活かせる場所がきっとあるはずだと思い、広い視野を持って就職活動を始めることにしました。ジョイコンサルティングに登録したのは、ちょうどその時です。

 正確な登録時期としては、昨年の12月の末です。このとき私はリフレッシュのために一時的に実家に戻っていました。なぜジョイコンサルティングを選んだのかといいますと、ウェブでの情報収集が主ではありますが、大まかに次の三点にその理由があるように思います。
まず第一に、創業者(木村社長)のこのビジネスにかける熱い思い(信頼してよいのではないかと感じさせるもの)、第二に、良質な求人の数が多いように見受けられたこと、最後に、成功例などから、クライアントに対してかなり密着したフォローをしているように思われたこと、です。
この三点については、時間が経つにつれて明確になりました。

 しかし、私の実力不足で、当初ジョイコンサルティングからご紹介いただいた求人については、内定を得たものは一つもありませんでした。唯一最初のコンタクトから一貫して高い評価をしてくれたのが、最終的に就職することになった企業です。しかし、ここに辿り着くには紆余曲折があったことも事実です。この企業からのオファー・レターは11月4日付で発信されたものですが、8月の時点で既にそれ以外の可能性を持っていました(私単独の就職活動によるもの)。
契約の中身としては、この企業が一番不安定なものでしたが、一番多くを学べる場所ではないかと思い、決断することにしました。この企業との交渉は5ヶ月を越えるものになりましたが、ジョイコンサルティングを信頼しておりましたので、特段の不安はありませんでした。終始一貫して木村社長のサポートがありました。
本当に最後の最後までお世話になったと思います。

就職後の感想 :

これから就職を希望される方へ一言メッセージを残したいと思います。それは、障害があることで多様な可能性の一部分は確かに失わざるを得ないのかも知れません。でも、視点を変えれば、失われたものは、ほんの一部でしかないはずです。100の可能性のうち50を選択することが出来なくても、それでもまだ50を持っているのです。その50は学習や経験によってさらにシナプスを増やし、高密度の可能性をもたらすことが可能なはずです。
だから、選択肢を増やすことで自分に漠然とした安心感を与えるのではなく、選択肢は少なくても自分が「ここしかない!」と思える場所をどうやって見つけ出すかがより重要なことだと思います。

その具体的な手助けをしてくれるのが、ジョイコンサルティングなのです。

ジョイからのコメント

就職活動が長期に及んだため、思いが多かったのか、感想文も長文のものをいただき、2回に分けて、掲載させていただきます。

企業さんの社内手続きも時間がかかり、かなり厳しい選択を迫られましたが、ほかを捨てて、一本に絞る姿に動かされ、今回は主体的に企業に働きかけ、動かした感があります。

求職者の熱意が、エージェントの交渉力を倍加するという貴重な経験をさせて頂きました。

後編は、この方の企業での活躍ぶりを載せます。

 
【事例No.37】軽作業から一般事務への職種転換
下肢(車椅子以外)
プロフィール
年齢 :
30代
性別 :
男性
障害種類 :
下肢(車椅子以外)
業種 :
総合金融保険/総務
勤務地 :
東京都
就職前の住まい :
埼玉県
ご本人の感想
就職活動中の感想 :

大学時代交通事故により障害を持ち、検査業務に就業していましたが、今年バイクで転倒して療養をしていました。社会復帰をしたいと考え再び軽作業のつこうと考えましたが、長時間の立ち仕事ができなくなりジョイコンサルティングに登録いたしました。

パソコンでの事務作業経験がなく、一般事務での面接はどうかと不安になりましたが、アドバイザーの方の事前アドバイスと相談し卒業後2年間のコールセンターでの業務経験をアピールしました。結果的に複数内定をいただくことができました。

慣れない面接で人事担当者の質問に返答できないこともありましたが面接内容をアドバイザーと検討することにより、回数を重ねるごとに自信をもって伝えることができるようになりました。

就職後の感想 :

就職して一ヵ月が経ちました。
最初は大企業なので緊張しましたが会社の皆さんがとても優しいです。

パソコンからはなれていたので業務がスムーズにこなせなかったのですが、自己啓発でパソコン教室に通っています。
もう一度基礎から勉強して効率良く仕事をこなし会社の力になりたいです。

ジョイからのコメント

当初ご希望が自宅近辺の工場でのご勤務でした。
ちょうど地域全体の工場の中国シフトのため工場閉鎖がありご紹介できる求人案件がございませんでした。ご経験を伺ったところ、電話応対業務のご経験があり、また工程管理・新人研修など現場でのご経験をお聞きして一般総務事務が可能だと考えご紹介させていただきました。

当初は慣れない面接で戸惑われていましたが、面接内容をお聞きしてアドバイスをしました。内容は受け答えのテクニックでなく、ご自身の経験や身についている事に気がついていただきそれに自信をもってもらうことでした。

面接はテクニックでなくて、仕事への意欲とスキル経験をどのように業務に貢献できるかを自己分析して自信をもって伝える場です。

 
【事例No.30】自分の適性を自分で発見し、行動を起こして成功した事例
下肢(車椅子以外)
プロフィール
年齢 :
30代
性別 :
男性
障害種類 :
下肢(車椅子以外)
業種 :
製造業/経理
勤務地 :
東京
就職前の住まい :
千葉
ご本人の感想
就職活動中の感想 :

経理としてキャリアアップしたいと考え、ジョイコンサルティングへ登録しました。
経理の実務経験が2年しかないため転職できるのか不安に思っていましたが、簿記の勉強をしていることや製造業でプロセスエンジニアとして働いていたことをセールスポイントとして活動していけばよいのではないかという御指導を頂き、転職活動を行いました。面接では、自分のやりたいことやセールスポイントをうまく表現することだけを考えて臨み、無事内定をもらうことができました。  

就職後の感想 :

入社後、一ヶ月が経ちましたが、分からないことや覚えることが沢山ありますが、一つ一つ身に付け頑張っていきたいと考えています。

ジョイからのコメント

この方はもともと若手エンジニアとして大手企業でご活躍されていました。
その後、ご自分で「計数管理に強い」ことを自覚され経理・財務に興味を持ち、会計を独学で学びます。そしてまずはその職種にへ転職に成功します。
しかし、経理としては職務の内容にやや物足りなさを感じ、ジョイに登録しました。
ちょうどその頃、若手で経理担当の一翼を担える人材の求人があり、良いご縁となった訳です。自分自身で適正を良く見定めて、必要な行動を取り、成功を収めた事例と言えるでしょう。

 
【事例No.27】最後にものをいうのは働きたいという強い気持
下肢(車椅子以外)
プロフィール
年齢 :
30代
性別 :
男性
障害種類 :
下肢(車椅子以外)
業種 :
システム開発/事務センター担当
勤務地 :
東京
就職前の住まい :
千葉
ご本人の感想
就職活動中の感想 :

就職活動中は、郊外居住による通勤時間の長さ、資格がない、年齢の高さなどにより苦戦を強いられていました。特に養う家族がいる自分にとっては収入面が一番の問題になりました。収入よりは体の事を第一に考えよう、と妥協しそうになる事もありました。しかし、ジョイのアドバイザーとの最初の面談の時の、「欲しい給料をどうどうと主張できるのは転職の時くらいだし、100敗しても1勝すればいいんですよ」との言葉と、自分を採らない会社はおかしいんだ、位の強気の信念を貫きました。
結果、自分を評価してくれる今の会社に出会えました。

就職後の感想 :

就職後ですが、希望通り膝への負担の少ないデスクワーク中心の業務に付いています。スキルの無さはやる気でカバーしています。やはり最後にものを言うのは働きたいという強い気持ちです。
長い通勤時間も音楽を聴いたりと結構楽しく過ごしています。
気になる収入も大変満足状態です。

ジョイからのコメント

本当に粘り強い方だな~と思います。ご本人がおっしゃっていた転職活動の「弱み」があり、他の候補者との相対比較などがあると厳しい面があったのでしょう、残念な結果が出るケースは確かにあったのです。
ただ、私が担当した限りでは「人物面ではとてもしっかりした方ですが・・・・」等の前置きのついたNG事由が企業より寄せられていました。
つまり、就労にあたりもっとも大切なヒューマンスキルは高評価だったのです。又、ご自分でも信念をもって転職活動をされていたので、早晩、良いところに決まるだろうな、と考えておりました。
正直、ジョイでお手伝いができてとても嬉しいです!

 
【事例No.25】転職活動を通じて「価値観」を明確にできた事例
下肢(車椅子以外)
プロフィール
年齢 :
20代
性別 :
男性
障害種類 :
下肢(車椅子以外)
業種 :
情報・通信/一般事務
勤務地 :
東京
就職前の住まい :
東京
ご本人の感想
就職活動中の感想 :

大学を卒業してから就職活動を始めるまでに長いブランクがありましたし、どんなことがしたいのかという自分の方向性ははっきりしていませんでした。
どういう風に就職活動を進めればいいか迷っていた時に友人から「ジョイコンサルティングなら丁寧にサポートしてくれるよ」と紹介されたのです。

キャリアアドバイザーの方と何度か面談をして自己分析を行い、自分に合った職種で、現在のレベルにあった業務が出来るという事をポイントに企業をいくつか紹介していただきました。就労経験もなく、資格などの自分をアピールできるものが殆ど無かったので、自分に自信はありませんでした。しかし、書類選考結果の通知時に面接での自己アピールの改善点や、企業の担当者の視点といったアドバイスを頂いたり、「人柄などは評価されているのでもっと自分に自信を持って良い」と言われたことは就職活動を続けていく上で大きな支えとなりました。

就職後の感想 :

幸運にも2ヶ月弱という短い就職活動期間で、現在勤めている会社から内定をいただき入社することが出来ました。所属している部署はPCスキルやビジネスマナーの研修が充実しているので、就労経験の無い私にとっては、自分を着実にレベルアップさせることが出来る最適の企業だと感じています。
現在は言われたことをこなす事だけで精一杯の毎日ですが、日々新しいことを学び、吸収していると強く実感しています。

ジョイからのコメント

当初、就職活動についての「羅針盤」になるような、自分の価値観の指標は不明確でした。しかし、持ち前の論理性で価値観を見出すと、企業に対し何を求めるのか、自分は何を提供できるのかが次第に明確になっていきました。そのことが面接の対応を良くしたことは言うまでもありません。
人生のうちで就職や転職はそう何度も経験することではありません。活動をしながら自己理解と企業理解をキチンと進めていけば良い就職ができるという見本だと思います。

 
【事例No.24】誠実さが成功の決め手に
下肢(車椅子以外)
プロフィール
年齢 :
20代
性別 :
女性
障害種類 :
上肢、下肢(車椅子以外)
業種 :
趣味の講座運営会社/ 総務・人事事務
勤務地 :
東京
就職前の住まい :
埼玉
ご本人の感想
就職活動中の感想 :

障害があるということと、実家の経済的余裕に甘えて、2年間自由気ままに生活を送っていました。バイトもしてみたのですが、やはり障害を理由にうまくいきませんでした。私は障害者のための就職支援会社がある、ということを全く知らなかったので、インターネットでジョイコンサルティングさんを知ったときには「これだ」と思って即登録させていただきました。
「活動」といっても、登録してすぐにたくさんの会社を紹介していただき、面接日程まで決めていただいたので、はっきり言って何も苦労していません。(笑)人と話すのが得意ではない私にとって、「模擬面接」をしていただいたことは、とても助かりました。また、障害をマイナスにとらえるのではなく、ひとつの「特徴、個性」として考えればいいと言う言葉をかけていただき、救われた思いでした。今の会社にはかなりスムーズに入社できたと思います。

就職後の感想 :

社会経験の無い私には、毎日とても刺激があり、勉強になることばかりです。最初は、内線の電話すらビクビクて取れなかったのですが、皆さんに支えられて、いろいろ仕事が出来るようになりました。働いてお金をいただくことの大変さと大切さを学びました。また、今まで「私なんてお荷物なのでは」と思っていましたが、社会人として社会と係わっていくことにより、自分に自信が持てるようになりました。
今もたくさんの人に支えられて生きている私ですが、いつか、私が皆さんを支えられる立場になりたいなと思います。就職のきっかけ、お世話になったジョイコンサルティングさんには本当に感謝しています。

ジョイからのコメント

ちょっと人見知りするところはあるけど実は明るくて素直な○○さん。
内定の決め手になったのはそんなお人柄でした。感想文にあるとおり、まずは社会人として働くことの大切さややりがいを学んでいらっしゃいます。
しかし、その目は「私が皆さんを支えられる立場になりたいな」と将来を見据えてます。良いキャリアのスタートが切れましたね。

 
【事例No.21】専門性を活かせる他の職種を探す
下肢(車椅子以外)
プロフィール
年齢 :
35歳
性別 :
男性
障害種類 :
下肢(車椅子以外)
業種 :
製薬会社/研究職
勤務地 :
就職前の住まい :
ご本人の感想
就職活動中の感想 :

前職では立ち仕事が中心であったため、年々足腰の調子が悪くなっていき、この先ずっと続けていけるかどうか迷っていました。その時にジョイさんの広告をインターネットで見つけて登録しました。年齢も30台半ばで>ので、慌てることなくいいお話があれば考えさせていただこうという気持ちで転職活動には臨んでいました。幸い数社からお話をいただいたのですが、出身が関西であることから関西を中心に仕事をしたかったので現在の会社と面接を進めていきました。結果は正社員での採用となり、仕事内容も体に負担の少ない部署へ配属していただけました。

会社側も私を受け入れるために入り口に近いところに専用の駐車場を作っていただいたり、更衣室にイスを置いていただいたりと配慮していただいています。また、業務面でも肉体的に不可能なところについては免除していただき、その代わり可能な部分で補っていけるよう仕事内容の割り振りもしていただいています。職場の方も「私たちも体についてはわからないことが多いので、できないことは無理ですとはっきり言ってください。そうすることでお互い分かり合っていきましょう」と言っていただき助かっています。

転職活動中に私が考えていたことは、まず前職を本当に辞める必要があるのか、何とかして続けていくことができないだろうかということ。体のせいにして簡単に辞めてしまったらそれを繰り返す可能性があるので、よく吟味しました。けれども転職するとなった場合には優先順位をつけること、人それぞれ経済的なことや、地域的なことなどいろいろあると思いますが、私の場合は前職での立ち仕事中心の部分が辛かったので、転職後仕事が順調にできるようになって、忙しいときに拘束時間が長くなっても体がついていけるようなスタイルの仕事であることを一番優先しました。それ以外の点で妥協できるところはしました。そして将来こうありたいという自分の理想の姿を考え、少しでもそれに近づけるように思っていました。

やはり転職活動中は不安になるときもありますが、ジョイの担当の方に相談にのっていただいたり、また相手企業とのコンタクトやレスポンスについてすぐに連絡をいただいたりして、一人で活動するよりも大変心強かったです。皆さんのおかげでこうして新しい職場にたどり着けました。これからは仕事を通して自分の理想とする姿に少しでも近づいていきたいと思います。

就職後の感想 :
ジョイからのコメント

ご登録されて1年以上の転職活動されました。ご自身の専門性を活かせるお仕事を探すことができたと思います。ご自身のキャリビジョンを持ちそのために何が必要かなど情報交換をしながらサポートできたと思います。希望条件の優先順位の下位を柔軟に変更しながら、活動していただいたので今回の成功事例に結びついたと考えれます。

 
【事例No.16】アドバイーとの情報交換が成功の秘訣
下肢(車椅子以外)
プロフィール
年齢 :
20代前半
性別 :
女性
障害種類 :
下肢(車椅子以外)
業種 :
精密機械/一般事務
勤務地 :
就職前の住まい :
ご本人の感想
就職活動中の感想 :

仙台で働いていたのですが、事情により神奈川県で求職活動を行う必要となり、インターネットなどを通じて就職活動を始めたのですがうまくいかず、ジョイコンサルティングに知人の紹介で登録いたしました。就職活動中は沢山の企業を紹介して頂いて、自分自身で考えていた条件に合うものを  紹介して頂けた事がすごく良かったと思います。

就職後の感想 :

就職後は就職活動中にアドバイスを頂いたおかげで、今は楽しく仕事ができており、就職して良かったと思ってます。就職活動中に教えていただいた情報もとても役になっていて本当に感謝の気持ちでいっぱいです

ジョイからのコメント

淡々とした短い文章をいただきました。新しい会社にご満足されているようで何よりです。でも活動中は結構迷ってましたよね。数社からお声がかかる中でどの企業が一番合ってるか、何を基準に良し・悪しを決めるのか、色々とご相談されたことを覚えています。ご自身でもじっくりと検討されていました。正直言いますと、20代・女性・前職と同じ職種を目指している、などの条件は、障害者雇用市場では有利な条件です。「数社からお声がかかり、迷う」なんてのは贅沢な悩みです。

ただ、私が申し上げたいことは、売手市場だろうが買手市場だろうが、この方のようにやるべきプロセスをキチンと踏むことで、転職後の満足度が増すということです。職場では大小様々な困難に立ち会うことでしょう。でも転職活動中に、やるべきことをしっかりやっておけば、自分自身が現実を受け入れやすい、という訳です。今、転職活動が順調な方も、苦戦している方も、是非参考になさってください。 T.K

就職説明会に参加して限られた時間のなかで受けるところはどうしても一般的に知名度のある大手企業に集中されます。安定性、障がい者の受入体制などの充実度から考えればある意味その選択は間違っていません。けれども自分がその仕事を選んでよかったなと思うには、自分をもう一度振り返りながら自分のできること・出来ないこと・将来の仕事で身につけたいことなどはっきりして企業を選ぶことが必要です。
そのためにアドバイザーにいろいろ考えをぶつけてください。誰かにいろいろ考えをぶつけることでご自身の考えがまとまるものです。アドバイザー役割の一つにご自身の考えをまとめる「鏡」としての役割もあります。

 
【事例No.7】地方から単身東京へ 挑戦による報酬
下肢(車椅子以外)
プロフィール
年齢 :
20代
性別 :
男性
障害種類 :
下肢(車椅子以外)
業種 :
エネルギー関連/経理
勤務地 :
就職前の住まい :
ご本人の感想
就職活動中の感想 :

高校を卒業してから自動車関連の部品メーカーに9年勤めました。田舎の製造業の会社だったためか、思った以上に障害者と言う事が昇進や昇格にマイナスに働き、私以外の障害者もリストラされたり辞めたりしていて、私も転職を考えていました。そんな時、ジョイコンサルティングのHPを見つけ、最初は半信半疑でいましたが、お金が掛からないと言う事で登録をしました。

1度目の会社は最終面接まで行きましたが、縁が有りませんでした。その時も確りとしたフォローをしていただきました。2度目の会社が今の会社で、私が言うのもおかしいかもしれませんが、メジャーすぎて、最初高卒の私が入れるような会社ではないと思ったぐらいです。

前に働いていた会社とは比べ物にならない位、周囲の理解も得られ、待遇も一般正社員の方と変わらないので、満足しています。まだまだ仕事を覚えるのは大変ですが、やりがいが有り今は大変仕事も遊びも充実しています。

就職後の感想 :
ジョイからのコメント

この方は、地方在住で、当初地元での就職を希望されていました。それでは、機会が少ないことから、東京での就職を決意されました。

余談ですが、私も27歳で一人暮らしを始めました。結構不安でした。彼の場合は、初めての東京、それも障害を持ってということで、勇気のいる決断だったと思います。

その勇気によって、現在の生活を手に入れています。

 
【事例No.2】「やりたいこと、できること、できないこと」明確にすることの大切さ
下肢(車椅子以外)
プロフィール
年齢 :
30代前半
性別 :
女性
障害種類 :
下肢(車椅子以外)
業種 :
半導体メーカー /半導体メーカー
勤務地 :
就職前の住まい :
ご本人の感想
就職活動中の感想 :

前職は開発業務で、正社員として育児と両立させようと頑張っていましたが、体調を崩して退職しました。そのような経緯もあり、多少不本意に退職した気持ちもあったため、やはり、前職と同じ開発を続けたい、という気持ちが強く、なかなか就職先が見つからずにいました。そのような時期に、web でジョイコンサルティングを知り、多少不安を感じつつも登録してみました。
登録後、すぐにアドバイザーの方との面談があり、その時に生活に合わせて仕事を探すことも大事だと言うことに気づき、非常に勉強になり、再就職に関して前向きに考えられるようになりました。その後はトントンと話が進み、現在の職に就くことが出来ました。現職は、事務ですが、開発に非常に近い仕事でもありますし、事務処理の効率化のために小さいプログラムを組んでみたり、web を管理してみたり、といった、ちょっとした開発(?)にも取り組むことが出来、充実した毎日を過ごしています。
就労形態も、私のペースに合わせて頂いていますし、非常に助かっています。

就職後の感想 :
ジョイからのコメント

この方も、しっかりしたキャリアをお持ちで、障害をサポート出来る環境の企業を探すだけでした。
お子さんが小さいので、勤務時間が限られるという、当社の専門外の障害もついでに解消しました。