お仕事を探している方
障害者専門 お仕事紹介 ご登録はこちらから

手帳・等級

障害種類

 
就労事例トップに戻る
 
 
障害者の仕事紹介・転職・就職支援 ジョイコンサルティング トップページに戻る
 

お仕事・就職成功事例(就労事例)

 
【事例No.199】お人柄の良さと、諦めない前向きさがスピード内定につながった事例
聴覚(電話不可)
プロフィール
年齢 :
50代
性別 :
男性
障害種類 :
聴覚
業種 :
IT/一般事務
勤務地 :
東京都
就職前の住まい :
埼玉県
ご本人の感想
就職活動中の感想 :

障がい者だって、健常者と同じように家庭を持ち、住宅ローンを支払い、子を大学に通わせています。そんな障がい者がひとたび失業すれば、健常者と同じように再就職を果たせるかというとそうではありません。失業してから1ヶ月間、ハローワークで紹介いただいた会社は10社以上あって全てに履歴書を送付し、全ての会社からお断わりを頂きました。それは面接にもいけない門前払いに等しい。そんな中、縁あってアイエスエフネットジョイ様に出会いました。
ジョイの担当者様は、短期決戦を望む私に、強力にバックアップを約束して下さいました。その言の通り、早速3社の紹介があり、その内の1社から面接を取り付け、2次面接の折に内定を頂くことができました。ジョイの担当者様と初めてお会いしてから内定を頂くまで、2週間程だったろうか。これほど強力にしかもスピーディに事が運ぶとは予想にもしていませんでした。私の内定にジョイの担当者様は我がことのように喜んでくださったことは今でも忘れません。

就職後の感想 :

失業してから2ヶ月も経ず、入社を迎えてもう1ヶ月経ちます。コンプライアンスやダイバーシティなどしっかり取り組んでいる会社で安心して働ける環境であり、アイエスエフネットジョイ様には感謝を申し上げたいと思います。
そして、もう少しこの会社に慣れてきたら、ジョイの担当者様にゆっくりと会社を案内したいと思っています。

ジョイからのコメント

正直お会いするまでは求人をご案内できるか不安だったのですが、お会いしてみるとそんな不安は吹き飛び、何としてもお力になりたい!と思える方でした。
そして、企業様にも書類で判断するのではなく、「是非お会いして頂きたい、お会い頂ければ分かって頂けるはず」という確信があったので、弊社が企業様に提出する紹介文でのアピールと、紹介時に営業担当がプッシュすることで面接へと進むことができました。
抜群なお人柄に加え、どのような業務でもチャレンジしたいという前向きで柔軟な姿勢が面接でも高く評価され、入社につながったのだと思います。
経験・スキルよりも、お人柄の良さが大切だと改めて感じさせてくれた事例です。
会社を案内して頂ける日を楽しみに待っています!

 
【事例No.180】介護は接し方が一人一人違うので難しい面がたくさんありますが、職員に色々教えてもらいながら頑張っています。
聴覚(電話不可)
プロフィール
年齢 :
40代
性別 :
女性
障害種類 :
聴覚(電話不可)
業種 :
介護
勤務地 :
熱海市
就職前の住まい :
熱海市
ご本人の感想
就職活動中の感想 :

とにかくパソコンが出来るようにしたかったので、JOYさんにお世話になろうと思って申込みました。面接の時に「パソコンが出来ますか?」まず聞かれる会社が多いので早く覚えて就職しようと一番に考えました。

就職後の感想 :

就職したらパソコンの方はあまりやらないのでJOYさんで折角、覚えたのに使わないと忘れがちになるじゃないか?と心配しています。
今の会社は認知症の老人対応が主な仕事です。
接し方が一人一人違うので難しい面がたくさんあります。
利用者さんが「ありがとう!」「頑張ってね!」「またお願いします!」と言われた時にとっても嬉しかったです。
大変な仕事だけど職員に色々教えてもらいながら頑張っています。

ジョイからのコメント
 
【事例No.148】希望を明確に伝えることにより、内定を得ることができた事例
聴覚(電話不可)
プロフィール
年齢 :
20代
性別 :
女性
障害種類 :
聴覚
業種 :
化粧品
勤務地 :
大阪府
就職前の住まい :
ご本人の感想
就職活動中の感想 :

前職では残業も多く、自分の障害に対する配慮が欠けている部分が
あり、またこれからの自分のことを考えると、

もっと色々な分野で仕事を経験したい!、

という気持ちもあり、転職を決めました。

転職活動は初めての経験で、しかもこの不況の中・・・
どうすればいいかも不安でしたが、行動にしないと何も始まらないと思
い、退職する前にジョイさんに出会い、面談を申し込みました。


電話対応無や筆記対応の配慮と希望の職種、勤務地、自分の要望
をお伝えし、ジョイさんからは本当に幅広い分野から企業の紹介をし
て頂き、一つ一つのメリットやデメリットも伝えてくださったので、いか
に自分に合う企業か判断しやすかったです。

給与の面でも、最後まで確認を取ってくださったので、待遇の面でも
不満もなく、自分の希望職種の化粧品会社に勤めることが出来、本
当に自分はこうしたい!こうしてほしい!という望み、意思を持って伝
え、前向きに向き合い、頑張るというのが大事だと思いました。

その結果、1ヶ月少しで順調に進めることが出来ました。

就職後の感想 :

前職ではデザイン関係の職種でしたが、現在は事務関係の仕事をさ
せて頂いております。

でも事務といっても、WEB企画課に配属したため、前職と少~しだけ
関わりもあるので、こういう仕事もあったんだ!と思いました。

前職で学んだことも活かしながら新たに事務の経験を積みたいと思
います。

電話対応も省いてくれているため、本当に助かっております。

私は他社の障害者専門の紹介企業にも登録をしておりましたが、中
でもジョイさんは障害に対して知識や理解があるし、最後まで協力を
してくださってると思いました。


だからこそ、自分の希望を伝えやすく、譲れないところははっきりと言
えました。
また、やはり女性はいつかは結婚や、妊娠というのもあると思います
ので・・・
自分の将来のビジョンというのも相談出来たのでそこを含め、対応し
てくださったのがすごいありがたかったです。


ジョイさんに出会ってよかったと思います。
ありがとうございます。

ジョイからのコメント

非常にリズムよく就職支援ができた、というのがこの方のサポートをし
た実感です。
ご案内した案件に対して見送りたい場合も、その理由を明確にかつ迅
速にご連絡いただけたので、こちらでもこの方の志向性をより具体的に
把握することができ、それに沿ったサポートができたと思います。
この姿勢を続けることにより、企業でも末永く活躍をしてほしいと思って
おります。

 
【事例No.147】私にも働ける場所がある!決して諦めないことで成功した事例
聴覚(電話不可)
プロフィール
年齢 :
40代
性別 :
女性
障害種類 :
聴覚
業種 :
不動産関連
勤務地 :
東京都
就職前の住まい :
ご本人の感想
就職活動中の感想 :

長引く不況、就職難の真っ只中
約1年の歳月を掛け
希望職につけました。

当初から 障害者故
定年まで働ける企業を探してました。

焦る気持ちは大きかったけど 焦って やりたくない職種に就いても 先が見えてました。

だから私は焦りながらも
きちんと自分の気持ちを1点に絞りました。

お給料も保障も通勤時間も社内環境も どれも外せない希望ですが1番大切な事は 私の中では やりたい仕事なら それでいい。
その思いだけで 就職活動をしていました。

望む事は多く望まず
最低限 必要な1点絞り。
それを心掛け
必ず 見つかる
私にも働ける場所がある!決して諦めないこと。
大切だと思います。

就職後の感想 :

時間を掛けた分
全てにおいて
申し分のない職場です。
障害者を受け入れる体制からサポートまで
1つの課として既存してる会社は中々無いのでは?

就職して何が1番 変わったか?
自分自身が生き生きしてる所です。

毎朝の お化粧も服装も
電車通勤になり気にする様になりました(笑)

仕事も楽しく やらせて頂いています。
少しずつ仕事量も増えてきて 他の方に比べたら半分以下ですが 少しずつ1人前になれたらいいな!と思ってます。

焦らず慌てず
マイペースで!

ジョイからのコメント

お仕事を続けながらの転職活動でした。
いろいろな事や悩みををかかえながら人生の転機を
ご自身で乗り切られ、新たな仕事に就かれました。
ご経験の仕事とことなる新たな仕事ですが、今後の
ことを考え事務職経験を積まれることはプラスに働
くと思われます。

転職活動期間は登録後2週間くらいで決まる方もいれ
ば半年、一年とかかる方もいらしゃいます。
情報交換をたやさず求人情報に対する返信もすぐい
ただくことにより、時間はかかりましたが満足のい
くご紹介ができたと思います。
情報交換により現状をお伝えして希望条件で譲れる
ところは譲歩していただきながらご紹介をすすめる
事ができました。

 
【事例No.127】詳細な情報を共有できたことにより内定を勝ち得た事例
聴覚(電話不可)
プロフィール
年齢 :
30代
性別 :
障害種類 :
聴覚
業種 :
情報通信業
勤務地 :
東京
就職前の住まい :
千葉
ご本人の感想
就職活動中の感想 :

転職しようと決めてから、最初は不安でいっぱいでした。
自分に合う職場が見つかるかどうか、自分の障がいに対応していただけ
る職場かどうか など・・・。

ジョイコンサルティングのホームページを見て、担当者の方に会ったとき、
とてもリラックスして、自分の状況やどんな転職をいたいのかを素直に話
すことができました。
そして希望する企業を見つけだしていただけました。
一人で就職活動をするより、常に前向きになれますし、不安なことも、アド
バイスしてくれるので、いつも安心感がありました。
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

就職後の感想 :

面接を担当してくださった方が緊張を解してくれたり、リラックスさせてくれ
る気遣いをしてくれる会社は、入社してからも働きやすい環境で信頼でき
ると実感しました。

周りの方に自分がどの程度の障がいがあるのかを伝えたり、自分からオ
ープンにならないと、壁が出来て遠慮してしまうと思うので、それを気をつ
けて仕事をしています。
慣れるまでは大変なんですが、最終面接を乗り越えて掴んだ仕事は、自
然と本気で打ち込めることができます。
今はとても楽しく毎日仕事に励むことができています。
これからも頑張っていきたいと思います。

ジョイからのコメント

就職活動での情報交換はこまめに綿密に・・・・
メールにて就職活動のいろいろな情報交換をいたしました。
常にコミュニケーションがとれることにより、就職活動の方法、企業の情報
など的確に<適時に>アドバイスをすることができました。
(就労支援の中には連絡がなかなかとれないため、タイミングや意思疎通
がうまくいかず、支援がうまくできない場合も多々起こります)

就職活動中はいろいろな心配事が起こります。
ひとりで抱えこまないでアドバザーと連絡をとることにより、対処できること
もあります。
今回は就職活動中、詳細な情報を共有できたことにより内定を勝ち得た
就労事例です。

職場ではホウレンソウを大切に・・・・
職場の感想をお聞きしました。まだ、スタートしたばかりで新しい環境にな
れるために気苦労がたいへんなようですが、問題を抱え込まないように職
場内での報告・連絡・相談を大切にしてください。
いろいろな情報交換・コミュニケーションができている職場だと周りからの
サポートを得やすいし、逆に周りの方の仕事もお手伝いし易いと思います。

 
【事例No.124】就活を通じて人との縁や出会いによって成長を遂げた事例
聴覚(電話不可)
プロフィール
年齢 :
25歳
性別 :
男性
障害種類 :
聴覚
業種 :
サービス業
勤務地 :
大阪府
就職前の住まい :
兵庫県
ご本人の感想
就職活動中の感想 :

就職活動を始めるのは初めてであり、自己分析は得意分野でしたので
苦にはなりませんでした。
ですが「面接」の経験が乏しいので、そこが一番の不安要素でした。
実際に08年9月中旬から就職活動を始めました。そして初めての面接は
散々なものでした。
言いたい事が言えず終わったような気がしたりと、次の面接は集団面接
で圧迫面接みたいな形であり、逆に面接が怖くなったような気持ちでした。

でも、それを支えてくれたのは同じ就職活動していた聴覚障害者の友人
でした。
圧迫面接後、面接することが怖くなって2週間は嫌になった状態でしたが、
それを理解した上で気分転換で遊んだりアドバイスしあったりしていました。

そして次の面接を受ける機会があって恐怖心があったのですが、逆に緊
張感がありませんでした。
その変化に違和感を感じたものの、緊張感がなくなってスラスラ喋れるよ
うになりました。

やはり面接回数を重ねる、というより私の場合は圧迫面接で慣れてしまっ
たという言い方が正しいように思います。
確かに嫌な思い出でもあるが、逆にそれを経験してしまったからこそ、冷
静に物事を考えることが出来ました。

それに従って今まで面接前までに細かすぎるといっていいほどの事前準
備をしていたのですが、次第に事前準備もあまりしなくなり、ポイントを簡
略化しました。

・どこを受けても違和感なく答えられる「グローバルな答え方」
(使い方合ってるかどうかは置いといて)
例)自己PR・長所・短所・・・・受ける会社に合わせて変えるという方針を
  辞めた。

・志望動機をとにかく自分自身の言葉にした。
例)志望動機は難解な分野で悩んだりしたけれど、会社に合わせて考え
  るのがめんどくさくなって、むしろ自己PRから引用したような形にして、
  相手がイメージしやすいような文章にしました。

・一番力を入れたのは、会社への質問。
勝手に解説)会社はどこまで調べたか・熱意度を知りたがるものだから、
「最後に質問はありますか?」が最大のチャンスと思って勝手にこの部分
に力を入れておりました。

・・・とこんな感じで、キツキツからユルユルになり面接も冷静に臨めました。
そんな折、JOYコンサルティングさんを知りもっと色々な情報を貰おうと思
い訪問したことが、きっかけでした。

まさかそのJOYコンサルティングさんからの1つ目の紹介で内定を貰える
とは思いもよりませんでした。

就職後の感想 :

09年1月から初めての仕事。課は女性だらけ。そして右も左も分からな
い状態でした。
そして2ヶ月目を迎えますが、聴覚障害に理解のある職場なので不安
はないです。
(もっとも、仕事に対する不安はまだまだでかいのですが)
自由な環境であり、今は住宅関連の仕事をしております。自由なので
いろいろなことが学べます。
多くのことを吸収することは私は大好きなので吸収して、目標としている
社会人像を目指したいと思います。

私が目指している社会人像は・・・

「聴覚障害という障害に関係なく、能力を発揮出来るようにのびのびと
成長出来る社会人」です。

今はまだ新人ですが、きっちり出来るように今色々なことを学んでいる
最中です。

就職活動をしてみて思ったことは、【楽しくやること】・【就職活動をして
いる友人を支えること】
・・・この2つは大切だな、と思いました。

自己分析は簡単なものでいいと思いますし、面接の経験を積むことが
一番大切かな、と感じました。
あとは、縁を大切に出来るよう、日ごろから友人との出会いを大切にし
ていく心構えがあればきっとうまくいくんじゃないか、と思っております。

ジョイからのコメント

実践的且つ、熱いコメントを寄せて頂き、ありがとうございました!

彼のアドバイス(①楽しくやること、②就職活動をしている友人を支える
こと)について、私なりに補足をしたいと思います。

①楽しくやること・・・彼は、面接を通じて、人を説得することの面白さを
学んだのではないでしょうか?

知らないもの同士が縁あって一緒に働くわけです、お互い慎重になって
当然です。
仮に彼の年収が300万円とすれば、面接を通じて300万円の商談をし
ていたとの見方もできます。
企業にとってみれば安い金額ではなく、一人採用するにしても慎重にな
ります。
そのため、厳しい質問(圧迫面接)もあります。
しかし、彼は、楽しむ=人を説得することのコミュニケーション力を高めて
乗り切りました。
この力は、仕事を進めていく上でも絶対にプラスになります。

②就職活動をしている友人を支えること・・・内定が得られないとネガティ
ブになります。

このようなときは、友人に支えてもらうこともあるかもしれません。
他にも、友人から情報を得ることもあります。就活だけではなく人生全般
に言えることですが、仲間やライバルを持つことはお互いの成長に繋がり
ます。

 
【事例No.117】諦めずに転職活動を続けたことで、良縁に巡りあえた事例
聴覚(電話不可)
プロフィール
年齢 :
20代
性別 :
障害種類 :
聴覚
業種 :
アパレル
勤務地 :
大阪府
就職前の住まい :
兵庫県
ご本人の感想
就職活動中の感想 :

事情により仕事を辞めてから、ハローワークや他の職業紹介所を利用して面接に行ったりしながら事務の仕事を探していましたが、聴覚障害での事務の仕事はなかなか見つかりませんでした。

ほぼ一年手応えがなく、もう諦めて他の分野に切り替えたほうがいいのか悩んでいるときにジョイコンサルティングさんのホームページを見つけて、障害者専門の職業紹介所であることを知り、最後の望みにかけて連絡しました。

紹介をされた会社の最初の面接のときに、会社に対して障害についての説明がジョイコンサルティングさんからきちんとされており、今までは面接の場で配慮について落ちこんでしまうことが多かったのですが、安心して面接を受けることが出来ました。

その会社に縁あって入社出来ることになり、面談の日から入社までがあっという間に進んで行ったのは、正直驚きながらも嬉しかったです。

本当にありがとうございました。

就職後の感想 :

健常者の方ですが手話の出来る人がいて、その人に職場の皆さんが手話を教えて貰って練習していてくださっていたことが、今までの経験にはなかったことなので大変嬉しかったです。

皆さん温かい人ばかりで、事務の仕事も手話の出来る人のサポートで教えて頂いているので働きやすいです。

今だからこそ言えることなのですが、事務の仕事を諦めなくて本当によかったです。これからもこの会社で頑張っていきたいと思います。

ジョイからのコメント

前職までの彼女は、度重なる所属部署の変更や勤務時間の段階的な短縮、次の会社では彼女に仕事を押し付け、最終的にさも自分が行なったように報告をする先輩等、話を聴いていて気の毒に感じてしまう程、職場環境には恵まれていませんでした。

こういった場合、本人の勤怠や職務能力、または、コミュニケーションになんらかの問題がある場合が多いのですが、彼女の場合にはあてはまらないと思っています。
なぜなら、そう思える位、実直で約束をきちんと守る人間性が彼女には備わっているからです。

今の職場は手話が出来る方がいらっしゃいますが、これも、諦めずに転職活動を続けた彼女に対して、転職の神様(?)がささやかなご褒美をして下さったのではないでしょうか。

これから寒くなっていきます、お身体をご自愛され、今後の更なる活躍を心よりお祈り申し上げます。

 
【事例No.102】希望事項を明確にして、的確な紹介を受けた事例
聴覚(電話不可)
プロフィール
年齢 :
20代半ば
性別 :
男性
障害種類 :
聴覚(電話不可)
業種 :
サービス業
勤務地 :
東京都
就職前の住まい :
愛知県
ご本人の感想
就職活動中の感想 :

企業のホームページ上の求人や他の就職情報サイトを活用しながら就職活動をしていました。

希望条件は、「身に付けたPCの知識を生かし伸ばせる職場」、「電話応対の配慮があること」、「筆談を受け入れてくれること」、「アルバイトではなく腰を落ち着けてじっくり働きたい」の四点でした。

しかし、なかなか全ての条件を満たす求人が少なく、あったとしても全て断られてしまい途方にくれていました。

その頃にジョイコンサルティングの方と出会い、いくつかの求人を紹介していただき、そのうちのひとつに無事に就職することができました。

基本的に希望どおりの職場であり、日々充実した生活を送っています。

就職後の感想 :

とても感じのよい職場です。周囲の方々もとても親切で日々の業務について筆談などを活用してしっかり教えてくれます。

また、仕事に関するやりとりもチャット等を活用することが多く、ストレスなく業務を進めることが出来ます。

この職場を紹介してくれたジョイコンサルティングの方々、私を受け入れてくれた企業の方々に心から感謝しています。本当にありがとうございました。

ジョイからのコメント

就職活動中の感想にもあるとおり、ご希望内容を明確に教えて頂きました。特に障害への配慮については、あいまいに伝えると、企業は不安に感じるものです。

必要な配慮を明確に伝えることができることは、ご自身の障害を客観的に理解できていることの証明になりますので、サポートするアドバイザーや選考する企業に安心感を与えます。

 
【事例No.87】ロングスパンな視野を持ち、総合的に考え判断した事例
聴覚(電話不可)
プロフィール
年齢 :
30代前半
性別 :
女性
障害種類 :
聴覚(電話不可)
業種 :
サービス業/経理事務
勤務地 :
愛知県
就職前の住まい :
愛知県
ご本人の感想
就職活動中の感想 :

前職で体調を崩し、緊急避難的に現職場に転職いたしました。

限られた時間内で最大限のサポートを頂けたと感じています。

こちらの希望等を前向きに受け止めていただける事に大きな信頼感を感じます。

諸般の事情で現職は短期となりますが、次の転職もジョイさんにお力をお貸し頂きたいと考えています。

就職後の感想 :

現職場は社内の雰囲気がとても素晴らしく、仕事面に置いても責任の重い仕事がほとんどでやりがいを感じています。

そのような職場を紹介頂いた事に深く感謝しています。

また、就労中も適度なサポートを頂き安心感が強いです。いつもありがとうございます。

ジョイからのコメント

いろいろな不測の事態もあった中で現実的に考え、判断を下した方の事例です。
先々を考えた上で今何をしたら良いか、柔軟に考えることの重要性を学ばせて頂きました。

 
【事例No.86】正社員の拘りを捨てたことにより、やりがいのある仕事への転職が成功した事例
聴覚(電話不可)
プロフィール
年齢 :
30代
性別 :
男性
障害種類 :
聴覚(電話不可)
業種 :
IT/ウェブ作成業務
勤務地 :
東京都
就職前の住まい :
神奈川県
ご本人の感想
就職活動中の感想 :

前職では有期契約であったことと、家族を持つ身であること、年齢のこともあり正社員に拘って探していました。

ある会社の面接での出来事。

「正社員ではないけれども自分のやりたい(やりがいのある)仕事を取るか?」もしくは、「やりたいことができなくても正社員がいいのか?」という質問がありました。

また「中小企業でも正社員は正社員ですが、倒産すれば失業するリスクはありますし、逆に契約社員でも大企業であれば安定しているでしょう(もちろんしっかり仕事をするという前提ですが)」というアドバイスもあり、自分の本心としては何を求めているのか自問自答していました。

ある意味、自分探しだったのかもしれません。
結論としてやりがいのある仕事を選び、今思えばあの質問をした面接官やアドバイサーの意見に対して大変感謝しています。

就職後の感想 :

自由闊達な社風です。その反面本当に自分でやらなければならない、自己責任という部分ではシビアかもしれません。

それから、環境はフリーアドレスのためかコミュニケーションはチャットとメールが中心になっています。ですので、聴覚障害者にとっては都合が良いかなと思いました。

また、週に1度ミーティングがあるのですがチームメンバーが交代でOHPを用いてチャット、さらに議事録もしっかりと送っていただいくなどシェアできるように配慮はしてもらっています。

外資系だからなのか、英語も日常的に使われている環境ですので自分も英語力をつけなきゃと焦り気味というのが正直なところです。

ですが、この環境を利用してやろうという気持ちで頑張っていきたいと思います。

ジョイからのコメント

前職が有期雇用であること以外、仕事内容・職場環境共に満足されていたこと、さらには、「正社員」への拘りも捨てる決断をなさったことから、大変悩まれた転職になったと思います。

この方は転職活動を続けていく過程で、面接官やアドバイザーの話に真摯に耳を傾け、再考を重ね、転職する上で優先すべきことを柔軟に考えていただけました。
その結果、ご自分の本当にやりたい仕事に就くことができたのだと思います。

また、こちらからの連絡に対してのレスポンスも迅速で、また的確なフィードバックをいただけたこともいい転職につながった要因だと思います。

拘りを持つことが悪いわけではありません。
ただ、ある時ふと立ち止まって違う観点から物事を見ることで、柔軟な考え方ができることもあります。

受け入れられるかどうかは別として、色々な人に意見を聞いたり、情報を集めたりすることはとても大切ですね。

 
【事例No.85】小さなことの積み重ねが、大きな成功につながることを証明した事例
聴覚(電話不可)
プロフィール
年齢 :
40代前半
性別 :
女性
障害種類 :
聴覚(電話不可)
業種 :
大手都市銀行/事務職
勤務地 :
大阪府
就職前の住まい :
兵庫県
ご本人の感想
就職活動中の感想 :

今までパートとして、9時から15時まで働いていましたが、子供たちがもう大きくなりましたので、もっと長く働きたいと考えていましたので今年の2月いっぱいで辞めることにしました。

ハローワークで、いい条件のものがなかなか見つかりませんでした。

たまたまインターネットで、ジョイを知りました。障害者の人材紹介?なんだろうかなと思いましたが、とりあえず登録しました。

その後、ジョイさんと面談しました。ジョイさんが5社の紹介してもらいました。その時、大手企業ばかりでびっくりしました。

昔、私は銀行での経験がありましたので、やはりカムバックしたいと想い、第一の希望の銀行に決めました。

面接から内定まで2ヶ月かかりましたが、内定することが出来て、すごく嬉しかったです。

本当にジョイさんにすごく感謝しております。ありがとうございます。

就職後の感想 :

入社してみると、温かい人ばかりでびっくりしました。

聴覚障害者に対して、よく理解してくれますし、口話とか筆談とか手話などキャッチボールが出来て、すごく嬉しかったです。

周りの人が気配りしてくれますし、困ったことがあれば、すぐ声をかけてくれるなど、親切な人ばかりで、びっくりしました。本当にこの会社に入って良かったです。

仕事の内容など、細かく説明して頂け、スムーズに理解することが出来て本当に感謝しています。

でも、考えてみたら、ジョイさんとの出会いがなかったら、ここの仕事につけてなかっただろうなあと思いました。
本当にジョイさんに、深く感謝しております。ありがとうございます。

ジョイからのコメント

重度聴覚障害というハンデを持ちながら、難関の大手都市銀行へ入社できたのは、履歴書からもにじみ出てきたのですが、この方の仕事に対する誠実さの積み重ねです。

大きな成功は小さなことの積み重ねだ、という本質的なことを改めて気づかせて頂けて、こちらこそこの方に深く感謝しております。

 
【事例No.83】緻密な企業研究と迅速さが、よい転職へ結びついた事例
聴覚(電話不可)
プロフィール
年齢 :
20代後半
性別 :
女性
障害種類 :
聴覚(電話不可)
業種 :
外資系(医療)/事務職
勤務地 :
東京都
就職前の住まい :
宮城県
ご本人の感想
就職活動中の感想 :

私事都合により前職を退職してから転職するまで、1年間のブランクがありました。

ジョイコンサルティング社は、まず担当者が今現状の状況を聞いた上でこちらの条件や希望を十分把握した上でなるべくご希望に添えた会社を紹介してくれます。

試験や面接にあたり心配や不安なども親身となり迅速にアドバイスや対応をしてくださるので、とても心強いと思いました。

就職後の感想 :

前職は日本の大手企業でしたが外資系の方が社風も規則も緩やか。フレックス制なのでとても働きやすい環境だと思いました。

応募の段階では関数・簿記3級・ロジスティクス若しくはアカウンティングに関する知識・経験が必要でした。

しかし、私は簿記も独学で入門程度知識、ロジスティクスやアカウンティングの知識は全くありませんでしたので、面接試験の際に経験がないことを正直にきちんとお話をしました。

また電話での応対も周りの方のご協力が必要であることも伝えました。

不安もありましたが入社後、アカウンティングの講習会を開いてもらい勉強する事ができましたし、電話での応対及びコミュニケーションについても周りのみなさんにご協力して頂き、人事部の方からも色々と配慮して頂き、ゆったりとリラックスしながら自分のペースで仕事に励むことが出来、ジョイコンサルティング社にとてもいい会社を紹介してもらったと改めて思いました。

これから転職を考えているみなさんへのアドバイスとして、自分が希望している会社を研究する事が大事だと思います。そして、その会社が必要である知識を時間があるのであれば以前に勉強してください。

勉強中であること=意欲があると評価してくれる会社もあります。

そして面接試験での会社への質問も採用しやすいポイントの一つだと思います。会社を研究する事でわからない事などを質問するのも御社に興味を持っていてくれるという評価に繋がると思います。

ジョイからのコメント

企業研究にとても意欲的に取り組まれた方です。

面接の事前準備として、ファイルに関連記事などスクラップしたり、インターネットで実際その企業へ面接に行った方からの情報を集めたりなど、とても熱心に且つ迅速に行動される姿をみて、

「この方は絶対にご希望の企業へ入社を決められる方だな」と確認したのを覚えています。

 
【事例No.80】現職を続けながら焦らずに好期を待ち、良い条件を得た事例
聴覚(電話不可)
プロフィール
年齢 :
40代
性別 :
女性
障害種類 :
聴覚(電話不可)
業種 :
銀行/事務
勤務地 :
千葉県
就職前の住まい :
千葉県
ご本人の感想
就職活動中の感想 :

2年8ヶ月勤めた会社を退職しようと考えるようになりました。
その会社は初めての事務職であり良い経験となっていたのですが、通勤時間が片道2時間ということもあり、体力的にきつくなり始めていた私は、昨年の10月頃、JOYさんに転職先を斡旋してくれるよう頼みました。私にとって一番に考慮しなければいけないのが、通勤時間。私のほうでも転職活動の準備が整い本格的に案件を探していただいたのは今年の1月辺りからでした。数社が挙がり、応募はしてみましたが面接にはなかなかたどり着けません。そんな中、一番に薦めてくれたのが今の会社、銀行です。
 正直、すごく悩みました。工業高デザイン科卒の私でしたから理数系は大の苦手。ですが、せっかく探してくれたのですから私もダメ元で頑張ってみようと思ったのが正直な気持ちでした。(JOYさんごめんなさい(^_^;))
 転職にはかなりのエネルギーが要ります。私はこの1社に全力投球しました。三度の面接を潜り抜けてようやく「採用」ということになり、内定通知書をいただきました。

就職後の感想 :

幸いにも人事部の担当の方が通勤に対してとても気をかけて下さり、県内の支店配属となり1時間以内の通勤が可能になりました。まだ入社して1ヶ月経ちませんが、慣れない私にみなさん優しくフォローしてくれています。
 JOYさん始め、多くの方に助けてもらい今私はここにいます。
 皆さんの努力を無駄にしないためにも、これからますます頑張っていきたいと思います。本当にありがとう御座いました。

ジョイからのコメント

確かに通勤が片道2時間では辛いですよね。それにこの方はとても努力家で30代後半でスタートした前職の事務のお仕事にかなり慣れてきているようでした。会社のご様子、即ち、昇格や、よりやりがいのある仕事をさせてもらえる可能性なども伺ってみると、ちょっと厳しいかなという印象も抱きました。
 そこで、弊社としては、通勤の利便性と、やりがい、できることならこの二つを同時に満たす案件のサーチを致しました。複数の希望を同時に満たそうとすると必然的に紹介件数は減るのですが、この方が焦らずにじっくりと良い案件を待つということでしたので、当方も多少は時間をかけたほうが良い結果が出るだろうという方針を採りました。
 ご自宅の近くで、前職での実績とご本人の能力を評価して下さる職場をご案内できて、当方としても良かったなと思いました。

 
【事例No.79】計画的な転職活動・・・必要なスキルをみにつけてから転職
聴覚(電話不可)
プロフィール
年齢 :
20代
性別 :
女性
障害種類 :
聴覚(電話不可)
業種 :
事務/製薬会社
勤務地 :
東京都
就職前の住まい :
新潟県
ご本人の感想
就職活動中の感想 :

手帳取得及び、パソコンの資格取得をきっかけに今まで勤めた派遣会社を辞め、転職へと乗り出したのですが、ハローワークの求人票はパートメインだったり、 あまり興味がない業界だったりして、踏み切れないのがほとんどでした。
 障害者専門の人材紹介会社(無料)ということでこちらに登録したのですが、すぐに紹介があり、約1ヶ月で数社から内定を頂くことが出来ました。そのうちの1社に決めさせて頂いたのですが、あまりの早さに実感が沸かなかったりしたほどです。おかげ様で希望だった業界への就職、都心への上京もスムーズに運ぶ事が出来て感謝しております。

就職後の感想 :

 聴覚障害を隠さずに入社したので業務上では筆談を交えたりしながらコミュニケーションをとっています。
 会議では議事録作成者の隣に座って参加しております。ただ、社員数が多い故、全員がかならずしも聴覚障害をご存知でないので、聴覚障害者と関わる方に少しづつどんな配慮が必要か理解してもらいながら、今後も仕事に頑張っていきたいと思っています。

ジョイからのコメント

ご紹介がすぐにできたのは、計画的転職活動をすすめられたからです。前職でしっかりとした経験をお持ちであること、転職準備としてご自身の得意技能としてビジネスレベルのパソコンスキルを身につけられての転職活動のスタートが比較的短期間での転職活動でお仕事を決めることができた成功要因です。
 大学での専門とは違う仕事に就かれしまったのですが、あせらず社会経験をしっかり積みながら、ご自身で必要な情報を集め、しっかり準備した後の転職活動でご自身の就きたい業界への再挑戦を成功させた事例です。

 長い仕事人生いろいろ考えたり振り返ったりした時は、自分自身を見つめ直すため、キャリアアドバイザーと話し合う機会をつくってみてはいかがでしょうか。

 
【事例No.75】基本の重要性を再認識 ~すべては相手を慮ることから~
聴覚(電話不可)
プロフィール
年齢 :
20代
性別 :
女性
障害種類 :
聴覚(電話不可)
業種 :
教育系/一般事務
勤務地 :
大阪府
就職前の住まい :
奈良県
ご本人の感想
就職活動中の感想 :

私の転職を考えた動機は残業が毎日のようにあり帰りが遅い、休日が平日でプライベートに充実出来ない事から転職を考えるようになり、インターネットでサイト巡りをしていたらジョイさんのサイトに目が止まり、私と同じ聴覚障がい者の方が転職して充実した仕事をしているとの事例を目にして、これなら私もやりがいのある職場に出会える事が出来るような気になり、ジョイさんにかけてみようかなという気持ちで登録しました。

 担当者との面接した2ヵ月後に就職が決まりました。

 今の会社に就職して2ヵ月が過ぎましたが、やりがいのある仕事で充実でき、アットホームで楽しい職場に出会えてうれしいです。今の会社を紹介して頂いて本当にありがとうございました。ジョイさんと出会えた事を感謝しています。友人にもすすめたいと思っています。

就職後の感想 :

入社当初は障害者を雇用するのは初めてというお話を聞いて、職場の皆さんとちゃんとしたコミュニケーション、仕事をしていけるのかなど色んな不安、緊張があったのですが手話が出来る人が居て通訳してもらったりしてくれ、朝礼では一人一人のスピーチの時は私にも分かるように身振り、手話を交えながら話をしてもらったりしてくれます。仕事もスムーズで何より皆さんが温かくやさしい人ばかりなので仕事が楽しいです。

 私が入社したと同時に同じ障害を持っている人が一人居て、同じ障害を持ってる人が居るだけで心強くなり毎日楽しく仕事しています。今の職場に出会えて本当によかったです。
ありがとうございました!

ジョイからのコメント

ともかく、紹介会社に対する対応が丁寧な方で、とても進めやすかったです。
やはり、相手を慮る(おもんばかる)ことができる人は、就職活動も順調に行くものです。

 
【事例No.72】選考時にチャットを利用して選考した事例
聴覚(電話不可)
プロフィール
年齢 :
30代
性別 :
男性
障害種類 :
聴覚(電話不可)
業種 :
通信IT業/HPスペシャリスト
勤務地 :
東京都
就職前の住まい :
東京都
ご本人の感想
就職活動中の感想 :

前職はやりがいがあったもの、収入が少なく、将来に不安材料がいくつかあったため、このままでいいだろうかと悩んでいた時に、ジョイコンサルティングで転職した友達から勧められました。

 紹介所をあまり知らなかった私でしたが、担当のアドバイザーと面接をしてみて、ここでお世話になってみようかと思うようになり、とんとん拍子に事が運び、短期間で内定を頂きました。
給与や源泉申告、履歴書などの相談も乗ってくださり、就職後もアフターケアいただいており、大変感謝しています。

 企業面接では面接時、聴覚障害を持っているため、声を出すことに苦痛を伴う私でしたが、PCのチャットが主な面接だったため、ハンディをあまり感じさせずに通過することができたように思います。

就職後の感想 :

メールとチャットが中心の会社で、聴覚障害者にとっては大変働きやすい環境です。「自分は自分で」といったような社風で、目の前にある仕事を処理し、ランチはチームの人と食べに行ったりして、楽しいですね。

 個性の強い人ばかりで戸惑うこともありますが(笑)、会議時、チームの人が順番に担当を決めて、OHP使ってのチャット、用件は口頭であっても必ずあとでメール等、私の障害をカバーする努力をしてくれていて、その分、なにか仕事で貢献したり、できることで周りのみなさんの役にたてないかなという気持ちが出てきます。

 今は就職したばかりで、色々とお世話になっているところですが、そのうち…

ジョイからのコメント

IT企業でコミィニケーション手段として「チャット」「メール」でのコミュケーションツールを全社で使用されて業務を遂行されています。

 会議でのパソコン入力によるポート支援・コミュケーションの円滑化もまさにIT企業だからとれるサポート体制だと思いますが、その協力体制を職場から得る事ができるのはご本人のお人柄だと思います。

 面談の時に感じたのは、お持ちのヒューマンスキルと業務上必要とされる専門知識の高さでした。持ち前の周りのみなさんと協調することができるお人柄を大切にしながらよりいっそう専門スキルを身につけていってください。

※会議でノートテイクやパソコン入力は時間がかかり大変と思われている職場のみなさん下記音声入力ソフトも検討してみてください。

<“ドラゴンスピーチー”を使用し文字情報によるコミュニケーション方法>
 http://www.joy-c.com/about_job/shogaibetsu/supporting.html

 
【事例No.70】聞こえなくてもできるという自分の信念」中途失聴を克服した事例
聴覚(電話不可)
プロフィール
年齢 :
20代後半
性別 :
女性
障害種類 :
聴覚(電話不可)
業種 :
製造業/事務職
勤務地 :
愛知県
就職前の住まい :
滋賀県
ご本人の感想
就職活動中の感想 :

今回の転職の動機は、聴力低下でした。
 前職は福祉・アパレル業界といった職種であり、事務職とは無縁でした。なので、職業安定所でも職種の紹介が限られ、障がいがあるとなかなか仕事がないという矢先にジョイさんと出会い、いくつかの企業を紹介していただきました。
 今後、聴力低下が著しくなる中で不安もたくさんあったのですが、ジョイさんの的確なアドバイスやご親切なサポートの元で、自分に納得のいく仕事選びをしました。
 また、企業と私の間に立ち、スムーズに就職できるようなサポートが何よりの私にとっての大きな力でした。ジョイさんとの出会いが、今の仕事との出会いです。

就職後の感想 :

就職し一ヶ月が経過しました。
 最初は、当然ながら不安もたくさんありましたが、私の場合面接で聞こえないことで、できないことはできないということを伝えていたこともあり、自分にとってベストなポジションで仕事をしています。
 仕事というのは、自分で環境を作るものでもあり、できることと、できないことの線引きを自分でしたほうがいいかもしれません。
 障がいがあると、多少ハンデはつき物です。その分、できることを精一杯やらせていただくことでお互いに助け合うといういい関係ができるのではないでしょうか。
 運もあるとは思いますが、ジョイさんは就職するまでのサポートであり、就職後は自分で土台を作らなければならないということを頭において就職活動をしたことが今、自分にとってベストな環境の中で仕事ができる運びになったと思います。
 また、私の場合スポーツという趣味を通じて会社でのイベントのお誘いもたくさんあり入社間もないですが充実した毎日を過ごさせていただいています。きっかけは自分で作るものです。
 聞こえないからできないではなく、聞こえなくてもできるという自分の信念を貫いてよかったと思っています。

ジョイからのコメント

ジョイは、企業から紹介料を頂く形の有料の人材紹介会社なので当然、紹介先の企業からは、人材についての条件をいろいろと頂きます。通常は、その条件合致する方を企業へ紹介します。
 しかし、稀なケースですが、頂いた条件と違う方を、ご提案と言うケースで紹介することもあります。この方が、そのケースでした。
 企業からは、

1.電話ができる方
2.大手民間企業での就労経験がある方
3.事務職の実務経験がある方

という条件で、紹介の依頼を頂いておりました。この方は、3つともすべて当てはまりませんでした。
 では、なぜ?ジョイが、クライアント企業の希望条件に合致しない方を紹介したのでしょうか。それは、この方の、それでも企業に紹介したいくらい、人となり、お人柄がすばらしかったからです。
  その人となり、お人柄は、どこから来るのでしょうか?
おそらく、今までの職場を含めた、日々の中で、あらゆることに前向きに対処してきたからだと思います。その人の生き方は、あらゆることからにじみ出てくるものだ、と改めて感じさせてくれた事例でした。

すべての方に、可能性はあります。

 
【事例No.69】長いお付き合いの中で、タイミングを捉えた事例
聴覚(電話不可)
プロフィール
年齢 :
20代後半
性別 :
女性
障害種類 :
聴覚(電話不可)
業種 :
金融業/一般事務
勤務地 :
新潟県
就職前の住まい :
新潟県
ご本人の感想
就職活動中の感想 :

 私は聴覚障がいを持っています。前職では、残業が多くサービス残業もありました。また、ほぼコミュニケーションは取れていたので出張や業務においても口話がほとんどだった為、聴力の低下から転職を考えていました。
 障がいというハンデで前職がやっとという現状を知っていたのでなかなか転職に気が乗りませんでした。知人の紹介でジョイさんを知り、誠実さに惹かれる思いで申し込みました。
 担当の方は丁寧にお話しをしてくださり、面接から採用通知を頂くまで、分からないこと聞きにくい点も納得がいくまで答えてくださいました。
 突如の事情にも関わらず、ご好意にも対応してくださったときは大変心強く、ジョイさんに登録してよかったと心から思います。何よりもとんとん拍子にも安心した就職活動に事が運んだことにジョイさんのお陰と大変感謝しています。ありがとうございました。

就職後の感想 :

契約社員として勤めて一ヶ月が経ちました。土地が土地なだけジョイさんより紹介数が限られていましたが、現在、勤めている職場では障がいというハンデをよく理解してくださっていると実感しています。
 仕事での口話はほとんどなく、筆談をしてくださったりゆっくり説明できないときは、後ほど職場担当の方が内容を理解するまでお話ししてくださいます。仕事がしやすく、周りの方ともコミュニケーションが取れたまとまりある職場だと思います。ずっと座りっぱなしだった前職と比べ、半分は動いているので体の負担が軽減でき、現在のところ定時に退社できることが何よりの救いです。
 心も時間に余裕が持てるようになりました。
 仕事内容から社員制度が契約社員であることに納得がいっています。まだ、行き渡らない点がありますが焦らずに努力を蓄積しながら頑張っていこうと思います。

ジョイからのコメント

前職では、配慮の少ない職場環境、慣れない東京という事情があり、かなり厳しい環境だったようです。前職在職中に、ご実家近辺での就職をご希望でしたが、そのときはお力になれませんでした。
 退職をされ、ご実家に戻られた後、以前ご紹介させて頂いた案件をご希望ということで、ご連絡頂きました。
 その後、とんとん拍子に就職が決まりました。時間が発ち、環境が変われば、気持ちや考え方も変わります。あせらず、じっくり、気持ちの整理をしながら、気長にジョイとお付き合い頂くことも、時には必要かもしれません。

 すぐには結果が出なくても、「その時」は、来るものです。

 
【事例No.64】面接の成功のポイントは『この人と一緒に働きたいな』という気持ちに面接官がなること
聴覚(電話不可)
プロフィール
年齢 :
20代前半
性別 :
男性
障害種類 :
聴覚(電話不可)
業種 :
ITコンサルティング/総務事務
勤務地 :
東京都
就職前の住まい :
神奈川県
ご本人の感想
就職活動中の感想 :

新入社員時はシステムエンジニアの仕事でしたが、聴覚に障害を持っており、お客様と会わせてもらえずにデスクワークの毎日で、職場の人と1日中会話が無いときがありました。自分から動き出してもなかなか受けてもらえなく、苦しい思いをしていた時期もありました。
 そんな時1年間技術系の管理担当として業務をこなしてきましたが、システムエンジニア時よりも会話が増え、仕事内容も面白みがあり、ようやく自分に合った仕事を見つけたような気がしました。
 これがきっかけで会社全体を見渡せる管理部門に入ってみたいとおもいましたが、人事、総務、経理の異動希望届を受理してもらえませんでした。

 別の会社で最初から管理に関する業務をしたい意欲が強くなり、事務職をネットで探していたときに、「ジョイコンサルティング」というサイトに辿り着いたので、応募しました。
 技術職から事務職への転向はいろいろリスクがあると思ったのですが、その希望を受け付けてくれる会社をいくつか紹介してくれましたので、とてもありがたかったのです。
 数社受けた会社から内定企業もありましたが、前会社とは雰囲気の違う職場で業務をしたい第一志望の企業から内定をもらい、無事に入社することができました。

 転職活動中は色々な会社へ足を運んで、人事担当者とお話をしながら、自分と会社には相性いいかをつかむこと、人事担当者に自分の性格をわかってもらうために、前もって様々な方向で自己分析を行うことが大事だと思いました。

就職後の感想 :

入社後は前会社の新入社員時の新たな初心に戻ってまいりました。新しい環境に慣れるには、自分でも時間がかかるだろうと思っていましたが、上司や同僚の方が色々と気軽に声を掛けてくださったり、普通に接してくださって、気楽にコミュニケーションができました。そんなお陰でもう慣れた環境で仕事を進めています。
 連絡会時にも、重要な説明があった場合、自分からお願いもせずに隣にいる方が紙に書いて説明してくれました。
 とても優しい皆様に巡り合えたような気がします。

 でもそれはそれで終わりではないのです。
困っている人や忙しい人がいたら、待たずに自分から行動することです。自分が障害だから助けてもらいながら生きているとは一切考えずにお互いに助け合い続ける気持ちを忘れないことです。

 仕事では、管理に関する様々な業務依頼があり、システムエンジニア以上に仕事の幅が広がったような感じです。
まだ2ヶ月目なので、焦ってしまうこともありますが、固くなりすぎないように気楽に仕事に取り組んでいけば、いつかは楽しくなります。
 苦しいこともありますが、何事もリラックスした状態で業務に望んでいくことが長く会社に勤めていけるのではないかと思っています。 今後、何か起こるかわかりませんが、何事も逃げずに積極的に業務をこなしていきたいと思います。

 ジョイコンサルティングのスタッフには大変お世話になりました。改めてお礼申し上げます。ありがとうございました。

ジョイからのコメント

春にお会いして転職相談を受けた時は、勤務している部署の上長さんと話し合いよい方向性を探しましょうとアドバイスをしました。
 職場で一旦は話し合いがなされたようですが、なかなか希望がかなえられず秋から就労支援を行いました。ご自身としての希望とできる事を話合いながら、その希望や退職に至った経緯を会社の人事担当者に直接伝えることができた事がよいご縁に結びついたポイントだと思います。

 人事担当者と内定後話しをしたときに彼のスキルはもちろん周りとの積極的なコミュニケーション力・人柄が決め手になったと話を聞きました。
 就職後の便りには会社のスポーツクラブに誘われたとメールがありました。仕事はどこでも大変だとは思いますが、よい社風の会社にめぐりあえてよかったなと思います。

 面接の成功のポイントはスキルの高さと「この人と一緒に働きたいな」という気持ちに面接官がなること、感想をいただいて気持ちの持ち方や姿勢に学ぶべき点が多い事例と考えます。

 
【事例No.58】専門分野でのスキルを生かし、成功した事例
聴覚(電話不可)
プロフィール
年齢 :
30代前半
性別 :
男性
障害種類 :
聴覚(電話不可)
業種 :
建設業/設計
勤務地 :
東京都
就職前の住まい :
東京都
ご本人の感想
就職活動中の感想 :

勤務先の業務縮小の為、2ヶ月後には無職となることが決定し、インターネット検索してジョイコンサルティングに登録しました。
就職活動にあたっての希望は、「今までの業務経験を活かせる転職」「出来れば2ヶ月以内に決めたい」。まだ在職中で、抱えていた業務案件のため、就職活動を行える時間が限られてくる可能性が高いのが、不安でした。
 しかし、一番最初にご紹介していただいた企業に入社することが出来、感謝しております。

就職後の感想 :

今まで使用したことのあるソフトウェア等で社内のPC環境が整えられているため、業務的には何の問題もありませんでした。
職場環境も、私の障害に対して一定の配慮(電話の応対等)はしてもらってます。
あとは日々の業務を着実に遂行して、自分自身の評価が上がるように頑張ります。

ジョイからのコメント

この方は、しっかりした専門性を身につけられていたので、就職に成功しました。
転職のきっかけは、勤務中の企業の業務縮小でした。先行き不透明なこの時代、いつ何が起こるかわかりません。これから働く方、今働いている方、ぜひ、「その会社で通用する」スキルでなく、「業界で通用する」スキルを身につけてくだい。
それが、今の時代のリスクマネジメントなんだ、と実感した事例でした。

 
【事例No.56】好きなことを仕事にするために、勇気を持って踏み出した事例
聴覚(電話不可)
プロフィール
年齢 :
30代前半
性別 :
女性
障害種類 :
聴覚(電話不可)
業種 :
金融業/一般事務
勤務地 :
千葉県
就職前の住まい :
千葉県
ご本人の感想
就職活動中の感想 :

就職活動をはじめた当時は、内定を頂いた後で前職を退職するつもりでいたのですが、ちょっとしたトラブルがあり自分の意向よりも早く辞めさせられることになってしまいました。当然、転職活動にもあせりが出始めていました。
 しかし、いざ始めてみれば、スムーズに面接や試験を受けることが出来(SPIをやっておいた方が良いというアドバイスはとっても助かりました)、初めて「ストレスの」ない就職活動ができたと思っています。

就職後の感想 :

職場の方も、(あたりまえのことなのでしょうが)自分の机や仕事があるという安心感があり、毎日心配しながら出勤することもなくなり、何よりも精神面で楽になったように感じます。
 私の配属支店では聴覚障害者を雇用するのは初めてのようで、応募の段階では会社の方も不安があったようです。
 しかし、「読唇が出来ること」、「手話が必ず必要というわけではないこと」、「大声で話す必要はない」という点を面接時にご理解頂き、安心してくださいました。
 通常のやりとりは読唇や筆談でうまくいっていますし、また手話を勉強している方もいらっしゃるので人間関係のほうもとても良好ということをお伝えできます。ちょっと長くなってしまったのですが、とにかく前職場では机や仕事の為のPCもない、ということがあったりして大変な思いをしていたので久しぶりに、毎日リラックスしながら仕事に励むことが出来て、嬉しいです。

ジョイからのコメント

前職では「ちょっと」というより「かなり」お辛い状況だったようです。
 誰が悪いのか、ということではなく、何が原因でそうなってしまったのか、私なりに考えました。そして、この方はどういう環境で働けば周囲とうまく行くのか考えた上で、ある大手企業をご案内しました。今回の企業選定の切り口は「社風」でした。この会社をご案内できて本当に良かったと思っております。

 
【事例No.52】仕事に対する不安から、仕事を楽しみにした事例
聴覚(電話不可)
プロフィール
年齢 :
30代
性別 :
女性
障害種類 :
聴覚(電話不可)
業種 :
金融保険業
勤務地 :
愛知県
就職前の住まい :
愛知県
ご本人の感想
就職活動中の感想 :

 幼少時から聴覚障害がありました。関西の方で仕事をしていましたが事情があって今春、愛知に引越し仕事を探す事になりました。ネットでジョイさんを知ってすぐに申し込みをし、担当アドバイザーの方に面接をして頂いた後、いくつかの会社の就職情報を受け取り、その中の1社の面接を通り、現在はそこで勤めています。

 担当アドバイザーの方の面接から採用通知を頂くまで1ヶ月半なかったと思います。とんとん拍子に事が運んだ感が強く、その事には大変感謝しています。

 面接時の担当アドバイザーの方の言動から感じられた誠実さや情熱には強く心を打たれました。ありがとうございました

就職後の感想 :

私が入るのと入れ替わりにお辞めになる方に仕事の引継ぎをして頂いたのですが、この方も含め、大変親切な方が多い職場だと実感しています。
スタートは配慮して頂き、基礎的な業務中心で行っています。徐々に仕事の範囲を増やしていってくれるそうなので、今、目の前にある仕事を処理していく事だけを考えています。トータルでは仕事のしやすい職場だと感じています。

職場の人間関係はほとんどの方が親切であると同時に、私を受け入れる努力をしてくれてると思います。聴覚障害と言ってもレベルは様々で、障害のない人には実感は持てないものです。受け入れようと努力してくれる人に対して、こちらが取るべき態度は、「分からない時にきちんとそれを伝えて、聞きなおす」ことだと思います。簡単なことのようでいて、時には難しい事です。でも、きちんと伝えないと、相手にも自分を理解してもらえないどころか悪い誤解を招きかねないという事を私は昔に学びました。
(軽度の聴覚障害の時にこの傾向が強かったです)

時にはくじけそうになる事もありますが、これから就職していく聴覚障害をお持ちの方々には、がんばっていって欲しいと思います。

ジョイからのコメント

軽度障害の方の場合は、周りがわかりにくいので、時に周囲が、障害者であることを忘れて接してしまうことがあります。それに対し、障害のある方が、遠慮をしてしまうと様々な行き違いがおきます。

この方のように、「わからないことはわからない」と明確に伝える態度は、「教えてもらえば、わかるようにしてもらえば、責任を持ってやります」という責任のある態度につながります。ここのところを明確に認識し、面接に望むことが成功の秘訣であり、同時に、就職後の活躍のポイントでもあります。

 
【事例No.46】中途難聴での職種転換・・・「仕事のやりがい」
聴覚(電話不可)
プロフィール
年齢 :
30代
性別 :
男性
障害種類 :
聴覚(電話不可)
業種 :
総合金融業
勤務地 :
大阪府
就職前の住まい :
大阪府
ご本人の感想
就職活動中の感想 :

不慮の事故により聴力を失い、ハローワークからの紹介で大手企業に入社しましたが、職場環境が合わず、やもなく退職し転職活動を行っていました。
私は、いままでの経験をいかすことが出来ず、かつ、正当な評価がなされない職場で精神的に疲れが溜まり体調を崩した経験があるため、「仕事のやりがい」を考えながら就職活動をしていました。

就職後の感想 :

私はお陰様で本当に幸せな毎日を過ごしております。入社からこれまで、障害者である事のハンディーを諸共せずに、貴社のお陰で精一杯頑張っております。
障害者であると言うどころか自らのスキルアップ、向上心に沿った会社を紹介して頂き、本当に感謝しております。
貴社と出会う事により、『幸せ』を掴む事が出来ました。貴社との巡りあいは、私に適正な職場を導いてくれました。
目指すは企業で更なる飛躍をするため、司法書士資格の取得です。今の職務、職場なら必ず達成出来ます。私の人生の扉を開けてくれたのは貴社です。本当に心より感謝御礼申し上げます。

ジョイからのコメント

中途障害で今までのキャリアがいかせなくなった時、私どもも明解な方向性をお話しをその場ではできないことが多々あります。
伺った内容を事務所に持ち帰り、ジョイ企業担当者やキャリアアドバイザー全員で何度もミーティングを持ちますが、なかなか方向性が打ち出せない…、今回はそんな事例でした。
幸いにもご自身で取組んできた事やこれからの目標・希望が日に日に明確となり、ご紹介した企業様とも連絡を取りながら、最大限のご配慮をいただくことができました。
こうして「よきご縁」が生まれたのだと思います。

 
【事例No.43】キャリアやスキルを自覚して奮戦、好待遇をGETした事例
聴覚(電話不可)
プロフィール
年齢 :
30代
性別 :
男性
障害種類 :
聴覚(電話不可)
業種 :
医療関係
勤務地 :
東京都
就職前の住まい :
東京都
ご本人の感想
就職活動中の感想 :

キャリアやPCスキルなどあっても、年齢が30代後半で(地元である東北の)県内企業を希望していたのと、情報化社会の中で電話応対が必須と言う会社が多く予想通り厳しい転職活動になりました。
そのためジョイコンサルティングさんにお世話にすることにしました。
お陰様でいろいろとアドバイスを頂いたりと、自分以外の力がとても大きかったように思います。就職が決まるまで約8ヶ月でしたが、その間に自分を見つめ直すことができ、また自分自身は電話以外の業務でどの業務がいいのかわからなくなってきた時期があるなど、ハローワークでは出来ないこと、いくつかの問題と真剣に向き合うことが出来たのはジョイコンサルティングさんとの貴重な出会いがあったためだったと思います。

 さまざまな会社を受けてみて思ったことですが、伝え方アピールの仕方で、自分のアピールしたいことが伝わるか否かに大きく差がついてきます。私はあまりうまく発音することが難しいのですが、自分の伝えたいこと、自分のビジョンが相手によく伝わるようあらゆる手を使います。そうすることで相手との意思疎通をはかることが大切だということが、私が面接を受けてみて実際に肌で感じたことです。
また自分の障害を素直に認めることが相手からの理解を頂きやすい面があると思います。ただ「障害者だから」ではなく「障害者でも」という方向に持って行くことが大事だと思います。

 複数の内定の中から、会社の雰囲気の良さや社員一人ひとりの取り組みの真剣さがあり、自分が刺激をうけながら挑戦出来、自分のことを高く評価して下さった会社に決断しました。
この会社は、世界的な医療器具メーカーであり、製品の全体像を見ながら業務に関わっていける仕事内容は魅力的でした。かつて関わった歯科医療器具に関する経験が活かせるということも決断できた要因の一つでした。

就職後の感想 :

ふり返ってみると複数の内定をいただいたという結果は大変重要なことですが、その過程において得たものもそれと同じくらい大きかったように思います。普段あまり意識しない自分のキャリアやスキルという問題に真剣に向き合ったことによって自分自身の考え方に幅が広がったと思います。

 就職活動は人それぞれですので、こうすればよいというマニュアルはありません。早く決まる人もいればそうでない人もいると思います。
タイミングもありますが、全力を尽くして頑張っていれば、必ずどこかで自分を評価してくれる会社があります。
また企業研究は必要ですが、更に大切なのは自己分析であり、就職活動において一番大切なことだと思います。履歴書・職務経歴書を面倒でも何度も自己分析し何度も書き直す(内容をバージョンアップする)くらいの努力が必要だと思います。それが出来ないと次のステップ(面接)に進められないことを痛感しました。

 最後に私の希望条件以上の会社に就くことが出来たのは今でも夢のようです。
更に自分が障害を持ってても会社や職場に必要とされていることが実感出来ましたのでとてもやりがいを感じています。
また、毎日のように励ましときめ細かなサポートで大変心強いです。
改めてお礼させて下さい。本当にありがとうございました。

ジョイからのコメント

日々のやりとりのレスポンスの速さ、ジョイや企業への細やかな配慮などから伝わる姿勢・人柄、必ず良い転職を実現するだろうという直感がありました。

 転職活動を続ける中でも、常に新しい気づきを得て向上を続け、最終的には複数社の内定からの選択を実現しました。
入社後も、持ち前の明るさやバイタリティーを発揮され社内で手話講座を広めるなど、まわりの社員の方々を巻き込んで環境改革を実施されています。

 こちらが勉強させていただいたこともたくさんあり、今後のご活躍が本当に楽しみです。

 
【事例No.42】転職活動を通し徐々に自信をつけていき成功に繋がった事例
聴覚(電話不可)
プロフィール
年齢 :
30代
性別 :
男性
障害種類 :
聴覚(電話不可)
業種 :
医療関係
勤務地 :
東京都
就職前の住まい :
東京都
ご本人の感想
就職活動中の感想 :

転職を決意して以来、ジョイコンサルティングに出会うまでの転職活動は、迷いと不安の多い日々の中で、手当たり次第に応募したり、他の人材紹介会社を当たっておりました。当初は、自己のスキル不足や不景気な世の中ということもあって、難航を極めました。例えて言えば、目的地がやや不明確(自分の求めるものが曖昧だった)で、また、軽いとは言え障害もあり、嵐の海(?)で遭難しかけた格好でした。そうした中、運良く、自然と辿り着いたのがジョイコンサルティングでした。

ジョイコンサルティングとの出会いを通して、自己をより客観的に見つめることができたり、またキャリアアドバイザーの親身なアドバイスを頂いたりで、転職する上での目的地や方向性が自ずと明確になっていき、自信も徐々についてきました。
いつまで転職活動を続けていけばよいのか? 希望の就職先が果たして見つかるのか?といった漠然とした不安が解消され、気がつくとジョイコンサルティングを通して、このまま転職活動をしていけば 「内定獲得は時間の問題」と思えるようになっていました。もちろん、そこに至るには、ジョイコンサルティングさんの(メンタル面も含めた)親身なサポートに応える形での自己の努力も必要ではありますが・・・。

就職後の感想 :

社風などが自分に合っている点で、よい就職先に巡り会えたと思っております。これも、全てジョイコンサルティングさんのお陰と感謝の気持で一杯です。点数にすると、80点は下らない評価ですね。よく、「100点満点の会社はない」といいますが、70点から80点の点数が付られれば よい会社ではないでしょうか。あとは、自分が実際に仕事をしていく上で、能力の面で80点くらいは取れるように(評価されるように)頑張りたいです。

仮に、悩みを抱えたとしても、入社後もジョイコンサルティングのサポートを受けられるようなので、何かと心強いです。入社後、実際に仕事をしてみて、ジョイコンサルティングを選んで正解だったとの思いを強くした次第です。

ジョイからのコメント

ご自身、当初は目的地(自分の求めるもの)が不明確だった、とのご認識をお持ちですね。
確かに、金銭的な処遇なのか、勤務地なのか、あるいは社風なのか、優先順位を明確にされていらっしゃいませんでした。ただ、良かった点は、悩みながらも立ち止まらなかったことです。
幾つかの企業と接点を持つ中で、「ここでなら頑張れる」との思いが湧き出てきたようです。私共アドバイザーは、ご自分でも気づかれていなかった、自信の根拠のようなものをフィードバックしていきました。基本的には、事前にご自分の価値観を明確にしておくことが望ましいのですが、それがなければ絶対に前に進めない、という訳ではないことをこの方の例が示しています。

悩みが煮詰まってしまった場合には、「とにかく就職したい!」という思いが良い薬になるケースもあるのです。

 
【事例No.36】2年間の転職活動経験から~1ヶ月半の就労支援~
聴覚(電話不可)
プロフィール
年齢 :
20代
性別 :
男性
障害種類 :
聴覚(電話不可)
業種 :
情報通信/Webクリエーター
勤務地 :
長野県
就職前の住まい :
東京都
ご本人の感想
就職活動中の感想 :

1)ジョイを活用する前の感想

今まではインターネットを活用した、Web転職サイトをいくつか活用していましたがなかなか決まらず2年間も経ちました。
分かってたことは、まずスキル面もそうですが聴覚障害者ということでコミュニケーションが難しいということを痛感することになりました。

2)ジョイを活用して決まったこと

このままじゃまずいと思い、障害者を積極的にサポートしているジョイコンサルティングに登録させて頂き、迅速的な対応で現在の会社を紹介して頂きました。
良かった事は細かく仲介をされたことと悩みなどきちんと聞いてくれたこと安心して就職活動に臨めました。
会社に決まっても終わりということではなく最後までサポートしてくれるのも良かったですね。

就職後の感想 :

3)今の仕事の感想

就職して1ヶ月目になりますがコミュニケーションなどは会社内では手話など も行っているので全然問題にならなかったし、安心して仕事に臨めました。

4)これからの抱負

まずは2年間のブランクを1日でも早く埋めて将来的にはプロジェクトリーダーなどになって逆に教える立場に回りたいですね。

ジョイからのコメント

2年間独自で転職活動をなさっているとメールをいただきました。

まず、お会いしてお話しをうかがいました。
企業のITスキル・レベルの要求も年々変化している現状の中で、ご自身として条件を譲れるところと譲れないところをお聞きしました。
ご自身のこだわりの中でさらに譲れる点・勤務地の拡大・待遇面などいくつかあげていただき、企業をいくつかご紹介させていただきました。

ご自身のもつスキル・技術をまず使える職場・ステージにつくことを優先されたことが今回の成功のポイントだと思います。
実績を積めば待遇面もついてくる=自己実現としてのスキルアップという企業がたくさんあります。そしてそこに配慮がある企業もたくさんあります。

 
【事例No.35】経験のない仕事への転職活動~自ら道を切りひらいた軽作業から一般事務職へ職種転換の成功例~
聴覚(電話不可)
プロフィール
年齢 :
30代
性別 :
女性
障害種類 :
聴覚(電話不可)
業種 :
金融保険業/一般事務
勤務地 :
愛知県
就職前の住まい :
愛知県
ご本人の感想
就職活動中の感想 :

私の場合、去年の7月まで工場で軽作業をしていましたが、機械の騒音や肉体労働の連続で元々悪い耳の聴力を更に悪くしてしまう事を恐れ、事務的な仕事に転職したいとずっと考えていました。
そして仕事を辞めてからパソコン教室に通い始め、3ヶ月後に資格を取り本格的に就職活動を開始しました。私はそのころ障害者手帳を貰えない一歩手前の線でした。

ハローワークやネット検索で何回も面接などしましたが、やはり事務は電話対応ができないと困る所が多く、私には困難でした。なかなか希望に近い所が見つからず、絶望感と不安でいっぱいでした。
今年の6月に障害者手帳をもらうレベルになり、ネットでジョイさんを見つけすぐに依頼しました。
それからは、驚くほどスピーディーに物事が運んで行きました。
私はアルバイトをしながらジョイさんに任せっきりでした。メールでのやりとりをしていただき、疑問がある時にはすぐにアドバイスをしてくれて、不安を取り除いてくれました。そして1ヶ月くらいに希望どうりの所を内定いただくことができ、本当に感謝をしています

就職後の感想 :

現在、電話を取らなくていい事務で、パソコンを使うところに就職でき嬉しいです。仕事はいろいろ覚えることが沢山ありますが、その分やりがいがあります。
教えてもらいながら職場の人達とコミュニケーションもとれ、皆やさしい人ばかりです。
ジョイさんに出会えて本当によかったと思います。

ジョイからのコメント

中途障害での一番の悩みはいままでのスキル・職務経験をそのまま継続していかせなくなることです。今回はご自身でビジネスレベルまでパソコンの技能を習得されたことが転職成功の大きな要因です。

キャリアアドバイスの時によく、パソコン資格は必要ですかと聞かれますが、やはりご自身が「転職に必要」とお考えでしたら、習得は必要だと考えます。
ポイントは「ビジネスレベル」=職場での実用レベルまで習得されたことだと思います。
現業をこなしながらの準備時間や習得までの時間・学習エレルギーの継続、資格獲得への挑戦意欲やその実践等評価されるべき点が多いと感じます。

経験のない職種への転職活動での第2の壁が「その職種の経験なし」です。
資格がいくらあっても、やはり現場経験がないと・・とよく聞かれますが、総合的に人物評価をしてくれる企業は必ず現れます。

ジョイとしての強みは履歴書などの書類のみでは伝わらない、ご本人の強みや意欲を人事担当者に直接お伝えできることです。

 
【事例No.34】同業界勤務経験を活かした成功例~新職場環境での心構え~
聴覚(電話不可)
プロフィール
年齢 :
30代
性別 :
女性
障害種類 :
聴覚(電話不可)
業種 :
金融業界/一般事務
勤務地 :
大阪府
就職前の住まい :
兵庫県
ご本人の感想
就職活動中の感想 :

入行して早や1ヶ月が過ぎました。
以前銀行に勤めていた経験上、また銀行とご縁があり、仕事をさせて頂いております。今は総務課庶務担当の仕事をしています。
初めてやる仕事が多く、悪戦苦闘の毎日です。
職場の皆さんはとても親切に、職場内での連絡や報告など筆記にて知らせて下さいます。手話を教えて欲しいと要望があり、毎日の朝礼時に手話の勉強時間を設けて学習をしています。

まだまだこれから色んな壁にぶつかることがあるかもしれませんが、一つ一つの問題を解決しながら、仕事をスムーズに進めて行きたいと思っています。

就職後の感想 :

就職して思ったことは、やはり面接時に自分の障害の程度やどんな配慮が必要なのかを詳細に伝えないと、あとあと自分にとって満足できない結果が出ることなります。

それと職場で大事なことは、やはりお互いの助け合いですね。

ジョイからのコメント

長年勤務された銀行が合併され、事業会社に転職をされましたが聴覚障害への周りの理解が得られず再度の転職活動を支援いたしまた。
今回の転職活動では待遇面、聴覚障害への配慮を考慮されたと思います。

障害者への配慮は一朝一夕には行えるものではありませんが、やはり企業の社風やトップの考え方は重視したほうがよいと思われます。
ただし、現場での配慮は現場での周囲の理解とご本人の意識の持ち方ではじめてうまく行くものだと思いますし、毎日顔をあわせてすごしていくには「お互いに対話」することしでしか解決方法はないと思います。

会社のトップ、職場の同僚と本人との「2WAYコミニュケーション」を実践して働きやすい職場を作っていってください。

 
【事例No.33】米大学留学後の就職活動
聴覚(電話不可)
プロフィール
年齢 :
30代
性別 :
女性
障害種類 :
聴覚(電話不可)
業種 :
IT/経理
勤務地 :
東京
就職前の住まい :
東京
ご本人の感想
就職活動中の感想 :

転職の決意・就職活動
私の場合、留学を終えての帰国でしたので、自分の希望ははっきりしていました。
ただ、皆より出遅れての活動開始でしたので、すこしあせっていました。

そのための準備

自分自身をよく知ること。。これに尽きます。
面接で色々聞かれますが、自分を知ることによって、アピールしやすくなると思います。

活動中思ったこと

活動中は書類選考や面接など、いろいろありましたが、色々な会社の人たちに出会えたこと。そして、その会社の一面を見ることができたなど、ウェブサイト上ではわからないものを得たような気がしました。
たとえ、不採用でも、ジョイさんの場合、ちゃんと理由を話して頂いたので、納得した上で、自分なりにどうしたら、いいのか少しずつ改善して行きながらやっていました。

就職後の感想 :

就職しての感想やこれからの仕事を探す方へのアドバイス
就職したばかりで、本格的な仕事はまだですが、自分の希望に沿った会社を見つけられたことは良かったと思います。就職活動はいわゆる自分探しの一部だと思って、前向きに頑張ってください。
ジョイさんなら、きっといい就職先を見つけてくれるものと思っています。また、ジョイさんは就職先探しだけでもなく、活動中の思っていることなど、アドバイスもしていただけるので、どんどんジョイさんを活用してほしいと思っています。

ジョイからのコメント

日本企業で6年間総務事務のお仕事を経験された後に、国際的な会計・経理分野で活躍なさりたいとアメリカの大学で学ばれました。
帰国後の就職活動は「実務経験要」という壁が立ちはだかりましたが、いづれの面接評価も人柄の前向きさに高評価をうけ、ご自身の力で内定を勝ち取りました。
面接結果については、フィードバックによりご自身で次の面接に活かすよう積極的検討し面接にいかされていました。
企業と多少の待遇条件の違いでも、自ら足を運び面接を受け、疑問点を明確にしていく姿勢にバイタリティを強く感じました。

 
【事例No.29】全力を尽くし臨んだ面接で掴んだ超特急内定
聴覚(電話不可)
プロフィール
年齢 :
20代
性別 :
男性
障害種類 :
聴覚(電話不可)
業種 :
生命保険業/一般事務
勤務地 :
宮城
就職前の住まい :
宮城
ご本人の感想
就職活動中の感想 :

障害を持っている自分は少し臆病になってしまって、自分ができる仕事があるのだろうかと思っていたとき、ジョイコンサルティングからの紹介で 面接を受けさせていただき、みごと採用をいただきました。

就職後の感想 :

働き始めてからは忙しい日々が続いておりますが、働けるだけでも幸せいっぱいです。
 キャリアアドバイザーの方にはいろいろと自信をつけていただき、本当に心から感謝しております。

ジョイからのコメント

ご入社された企業とは相性がバッチリ、内定後も「喜んで入社を希望したい」と超特急での成立でした。
 転職活動にあたっての不安な点など、メールのやりとりを通じてアドバイスができました。
 面接にあたり「全力を尽くして頑張りたい」とチャンスを逃さず取り組む姿勢や、素直で前向きなお人柄が結果につながったと思います。
 現在は毎日勉強の日々とのこと、今後のご活躍を期待しています。

 
【事例No.28】転職活動中に自己成長を続け掴み取った理想の職場
聴覚(電話不可)
プロフィール
年齢 :
20代
性別 :
女性
障害種類 :
聴覚(電話不可)
業種 :
外資系IT企業/事務職
勤務地 :
東京
就職前の住まい :
大阪
ご本人の感想
就職活動中の感想 :

前職において、キャリアプランの先行きが不鮮明になっていることから、早期のうちに練り直しを図りたかったのが転職理由でした。
関西から関東圏への引越しを兼ねておりましたが、メールを通した密な連絡に、はじめての転職活動の割にはスムーズに活動できた感があります。もっとも、退職してからの転職活動なので、集中して取り組めたということもありますが・・・・・・。
また、同時にハローワークや他社の障害者専門人材紹介会社も利用しておりました。
しかし、ハローワークでは業務内容など、細かいことは、実際面接に赴かないとさっぱり掴めないというケースが多く、他の人材紹介会社ではニーズに厳密に沿った求人でないと紹介がないというような、はじめの選択権を会社側に握られてしまっている感に不満がありました。
 ジョイコンサルティングさんでは、個人のニーズと可能性を広く捉え、個人の決断と選択をサポートするという体制に、「『わたし』が就職活動をするのだ」という厳しさと希望を常に意識して臨むことができました。
 今回の転職を通して、企業に勤務し、よりよい仕事をしていくためには、単に「技術レベルが高い」ことよりも「コミュニケーション(協調性)」が重要なのだということを痛感することになりました。
 特に、最初に最終面接まで漕ぎついた会社から、「協調性が薄いように見受けられる」というコメントで不採用となりましたが、今後はどのように他社への面接に挑んでいくか、自身を顧みて、就職に際しては何が必要なのかという前向きなアドバイスを得ることができました。
 おかげさまで「不採用」という事実だけに落ち込み続けることにならずに済みました。あの時、厳しくも暖かいアドバイスをいただいたことは、今でも感謝しております。

就職後の感想 :

現在、就職して3ヶ月が経ちます。就職活動中に強く意識した
「コミュニケーション(協調性)」を大切にしようという強い決意のもとで、自己の存在をアピールしながらのびのびと楽しんで仕事をしている今日です。
 あまり良い使われ方をされない言葉かもしれませんが、やはり転職は自身の仕事を含めたライフスタイルの「リセット」です。私も前職で習得したことを踏まえ、わたしにとって「仕事をする」とはどういうことか、どのような姿勢で「仕事をして」いきたいかを見つめ直し、具体的にアクション起こして解決を目指すためのリスタートとなることができました。
 かつて周囲に気兼ねし、萎縮して過ごしていたことが一新された具合です。

 障害があると、何かしらサポートが欲しいときにそれが「権利の主張」なのか、はたまた「わがまま」なのかという自問がわきます。
 今の職場では、障害を持つもの同士の横のつながりもあり、直接業務に関係しない内容はそのメンバーに気楽に打診して意見をいただいています。
このように縦横の交流に恵まれている為、周囲にサポートの要求がある場合は、具体的にどうして欲しいのかを事前に整理しやすく、よってヘルプサインも出しやすいです。

 キャリアアップやスキルアップを考えると、新卒社員より中途社員を多く採用する就職先の会社の体質のせいか、常に自主的に取り組まないと前進しないように見受けられます。
 あくまでも「仕事」であり、ここで必要とされる人材として生き残らねばならないのですから、今の恵まれた環境を謳歌するだけでは、障害云々でなく、いつかあぶれてしまうでしょう。
 自己の存在を柔軟にアピールしていきながら、いかに達成感を味わって「仕事」をしていくか、が今後の課題です。
 そのためには、就職後1年内にはあらゆる支援機器やコミュニケーション方法を試させていただきながら、貪欲に自身の目標に取り組みやすい職場環境づくりに取り組んでいこうと思っています。

ジョイからのコメント

まず、感心するのは、転職活動中の「失敗」も次への教訓として昇華されている点です。転職活動では残念な結果を目にすることが多いです。書類選考で落ちたり、面接で落ちたり・・・。しかし、この方はそれら失敗を通して成長していき内定を掴み取ったのです。さらに、転職活動を通じて身につけた「協調性」を就労後にも活用するなど、自分を合理的な方法で成長させていく姿勢もまた、見習いたいと思います。
 良い意味で、貪欲さと誠実さを兼ね備えた○○さんの今後がとても楽しみです。聴覚障害者の新たな可能性を切りひらいて行かれることでしょう。

 
【事例No.23】異業種への転職を成功させた「ヒューマンスキル
聴覚(電話不可)
プロフィール
年齢 :
30代
性別 :
女性
障害種類 :
聴覚(電話不可)
業種 :
IT企業/貿易実務
勤務地 :
東京都
就職前の住まい :
埼玉県
ご本人の感想
就職活動中の感想 :

2年程前に大手電気メーカー会社閉鎖のため早期退職募集が始まり、転職活動を始めました。
それまでは製造業でしたので、今度は一般事務をやってみたいと思いました。
 ハローワークでは、希望の仕事は見つからないと周りの人たちから聞いて、インターネットを通して人材紹介会社に登録してみました。
思ったより、いろんな企業との連絡が来て、ハローワークと違って働きながら探せると改めて思いました。
 全くパソコンの資格は持っておらず、家でインターネットやメールや自己PRを作成するぐらいだったので、資格を取る為に学校へ行くかどうか悩みましたが、今の会社の4次面接を通過して内定をいただき、早期退職の手続きを済ませて転職することができました。

就職後の感想 :

通関業務代行の貿易実務と聞いた時、英語?保険?会計?と焦りましたけど、実際に一日流れているうちに、仕事が出来ている自分にびっくりしました。
やはり経験がなくても、職場で仕事をしながら、身に付きます。
 職場の上司の方と面談した時に、「職場では初の障害者ですが、明るい性格で普通の人と変わらないので、頑張ってください。」とおっしゃってくださいましたけど、みんなと同じように期待してくれる限り、自分も努力が大切だと思いました。
それからやりたい仕事が出来て本当に満足しております。
改めて、ジョイコンサルティング株式会社に感謝しております。

ジョイからのコメント

ご本人のコメントにもあったように、事務のご経験はありませんでした。
しかしながら、前職の製造現場でも周囲の方々と協力している様子が面談をするうちにわかってきました。これは、組織の中で仕事をする上で、共通して求められるヒューマンスキルです。この点を理解してもらえる企業さんからは、良い評価をいただける方だと考えました。今回、多くの新しい仕事を吸収されているお姿が浮かびあがるようで、ジョイとしてもとても嬉しく思います。

 
【事例No.20】「人柄」「誠実さ」が決めてです
聴覚(電話不可)
プロフィール
年齢 :
23歳
性別 :
女性
障害種類 :
聴覚(電話不可)
業種 :
総合情報産業/人事
勤務地 :
就職前の住まい :
ご本人の感想
就職活動中の感想 :

皆さん、こんにちは。私の地元ではなかなか受けたい!と思えるような会社がありませんでした。そんな時にある新聞に載っていたジョイさんの広告を思いだし登録してみました。

登録後、面談で私の希望する業務や勤務地等をヒアリングして頂きました。そして、上記の希望とマッチする会社を探して頂き、すぐに面接を設定して頂きました。スピーディーな対応、相談にのって頂いたおかげで、希望通りの就職ができました。

現在、研修中ですが、周りの社員はさりげなくフォローしてくれたり、本当に優しい方が多く人間関係も円滑です。もちろん業務に対しての厳しさはありますが。就職活動中には不安や焦りがでてくるかと思いますが、決して諦めないでください。

ジョイさんに不安や相談をどんどんしてみましょう。親身になってきいてくれます。必ず就職できると信じて笑顔を忘れずに頑張ってください。(頑張れないときは無理せずに休むことも必要ですよ。それが就活を乗り越えるコツです。

就職後の感想 :
ジョイからのコメント

何事にも積極的で、明るく、礼儀正しい大学生の方です。長崎県の大学(H16年卒業)に通いながら、東京・福岡の企業から内定を受けました。何度も元気なメール・気配りのあるメールをいただき、アドバイスもやりがいがありました。

 
【事例No.17】大胆なチャレンジも「意志」があれば可能です!
聴覚(電話不可)
プロフィール
年齢 :
20代前半
性別 :
男性
障害種類 :
聴覚(電話不可)
業種 :
IT系
勤務地 :
就職前の住まい :
ご本人の感想
就職活動中の感想 :

前職を退職後、ハローワークに通っていましたが、希望職種に必要な経験、知識などが無かった為なかなか採用されませんでした。たまたま御社と出会ったことで、PCスキルやビジネスマナーなどの研修が充実している業務に携わることが出来ました。この経験を活かし、ステップアップにつなげられるよう、頑張りたいと思います。感謝しています。

就職後の感想 :
ジョイからのコメント

聴覚に障害をお持ちでありながら、マッサージのお仕事をされていました。相手がうつぶせになると、聴覚障害の方にとって必要な、唇の形を読むということが出来ず、コミュニケーションのトラブルが、よく起こってしまったということが転職理由です。

障害が障害になるような職種を、選んでしまったのですね。自己実現できる職種を幅広く考え、スムーズに働ける職種を選ぶことが重要だと、改めて感じさせられました。

現在は、ストレスのない職場環境で、いきいきと仕事をされてらっしゃいます。ステップアップに向かって頑張ってください。

 
【事例No.13】妥協をせずに「したい・やりたい」を実現した事例
聴覚(電話不可)
プロフィール
年齢 :
40代前半
性別 :
男性
障害種類 :
聴覚(電話不可)
業種 :
物流/事務職
勤務地 :
就職前の住まい :
ご本人の感想
就職活動中の感想 :

7月にリストラで退職が決まっていた私は5月からインターネットを使った転職活動を開始しました。ネット検索で選んだ障害者紹介は障害者専門の就職ネット媒体でした。また障害の程度も軽い方でしたので健常者と同じ土俵(最大手ネット媒体)でも活動していました。学歴、仕事歴とも恥ずかしくないキャリアでしたので最大手ネット媒体等でもエントリーしたのですが、逆に私の年齢と年収がハードルを高くしていました。

卓越したスキルを持ち合わせていないと高年齢の健常者の転職は時期的にむずかしいことを感じました。障害者専門のネット媒体の場合は履歴書でのエントリーでしたので反応があるまで時間がかかりましたが、いくつかは面接までこぎつけました。しかし妥協する感覚が消えない日は無く、結局採用まではいきませんでした。つまり本当にやりたい仕事とマッチすることなく違和感を抱きながらの活動だったのです。さらに言えば障害者専門のネット媒体は「情報を見せるからあとは頑張ってね。」というもので、一般の情報誌と変わらない紹介とも思えます。

このような活動を2ヶ月ほど続け、ついにジョイCにエントリーする機会を得たわけです。結論は目からウロコでした。実はジョイCも他の紹介会社と同じように期待できないつもりでエントリーしたからです。エントリー早々に担当者と面談しその場でインターネットでは得られないような会社を紹介してもらったことでジョイCに対する考えが改まりました。今まで自分で探していたどの会社よりも「行きたい」と思う会社を紹介されたわけです。結局この会社は空きポストが無かったのでご破算になりましたが、退職日前にジョイCに出会えたことで安心して退職できたと思っております。便利で安心でわがままの言えるジョイCと感じましたので甘えさせていただくことにし、ジョイC以外のエントリーは全てキャンセルしてしまいました。いくつか私に合いそうな会社を紹介していただきましたが、一切の妥協を捨てて選びましたので何度も“ノー”の返事も出させて頂きました。

就職後の感想 :

10月中旬に入社する運びになりました。ジョイCの担当者の方にはこの場を借りて心より感謝いたします。ありがとうございました。私の出した要望は、前職(システム)とは違う部署でかつ前職の知識(人事・給与関連)を生かせる部署に就ける会社を紹介して欲しい、というもので、現在はその通りの会社の一員になっております。年収もあまり変わらず、前社よりも格段に楽しく福利厚生の充実している現在の会社に不満はまったくありません。紹介する機会があればジョイCを自信を持って薦めたいと思います。就職を考えている障害者にとっての問題解決は、いかに早くジョイCに出会えるかに掛かっていると言えるでしょう。

現在は年末。年末調整や年末年始行事や採用関係などで忙しい毎日を送っていますが、残業がちっとも苦痛に感じないのは幸福の証しでしょう。入社して2ヶ月余の間、部旅行、数々のセミナー、そして何度かの飲み会を経験しました。今後は現会社のさらなる発展のために尽力していきたいと思っております。

ジョイからのコメント

本文にもあるように、ご自分の中で妥協できない雇用条件があれば、応募は見合わせるという姿勢が明確な方でした。この部分は安易にまねをすると危険です。募集要項からは見て取れないチャンスを逃してしまうことになりうるからです。Mさんのように、自分自身で強み(保有スキル)や弱み(年齢など)をキチンと把握した上でこそ、可能となるのです。しかし、このように狙いを明確にした就職が決まると本人の満足度が向上する好例だな~と思いました。

 
【事例No.12】経験を整理し、ビジョンを構築、転職回数の多さを克服
聴覚(電話不可)
プロフィール
年齢 :
20代
性別 :
女性
障害種類 :
聴覚(電話不可)
業種 :
人材紹介会社/一般事務(人事)
勤務地 :
就職前の住まい :
ご本人の感想
就職活動中の感想 :

私の就職活動は、ハローワークから始まり、障害者就職相談会、サーナなど足を運んできました。

しかし、限られた範囲で活動するため、「自分」という人間を最大限にアピールすることも出来ず、気持ちも縛られてきます。焦りも出て、冷静さを見失ってしまったことさえありました。

私は、仕事内容には人一倍こだわりを持っていました。それはなぜか?自分が成長できるからでもあり、輝くことが出来るからです。しかし、入社はしてみたものの、障害者だからというレッテルを貼られ、簡単な作業しか許されず、持ち前の知識も生かされず、知識を学んだ私にはムダ足だったのです。こういうことが何回もあり、自分の能力が生かせないならと、ただそれだけでやめました。能力が生かせない、得た知識も発揮できないことは、 自分を殺すことと同じだと思ったからです。この状態のまま職場で働き続ける自分が怖くなった。それよりもそのことで自分を見失うのか一番怖かったのかもしれません。この悪習慣を繰り返すなかで、なんとか自分に合う違った就職活動はないのかと思った時に、HPで貴社に出会いました。

まず、目を奪ったのか貴社の「理念」。まさに、私の気持ちそのものでした。何かの縁と思った私は、このjoyなら、最高の仕事を見つけてくれると確信しました。

まず、joyならではのサポート方針。
「素早い対応・きめ細かなカウンセリング・本人との連絡・自己選択」

一番大きかったのは、本人に連絡すること。会社を紹介してくれるといっても、その状況が見えないわけですから常に不安になる。そうなると落ち着かなくなってしまう →自己選択の落度

不安にならないように、常に連絡を取り合う。登録者の気持ちをうまく生かしているなあと感じました。連絡を取り合うことによって、安心感が生まれ、余裕を持って常に落ち着いていられる→自己選択&面接アピールの有効。このスパイラルがよかったです。

就職後の感想 :

最高の仕事に出遭え、職場環境もよく、おかげさまで生活にゆとりが出てきました。入社後にすぐ自分の仕事を持つというスタンスを頂き、最高の喜びをかみしめています。自分の為にと、転職を繰り返しましたが、それは今の会社に出遭う為のスプリングボートだったように感じます。今、混沌とした世の中、障害者の雇用率もますます厳しくなってきました。私も何回か見送りさせられました。そんな中、活動している真っ最中の人、落ち込んだりする人もいるかと思います。

自分を信じ、あきらめないことが大切です。自分が輝ける職場環境と仕事に出遭えることは、誰でもこの世にない最高の喜びではないでしょうか?まずは、自分を信じましょう。 1%の可能でも希望を失わないことです。それから、不採用されても、落ち込まないこと。むしろ、自分に合う職場と仕事に出会うための道しるべと思いましょう。

ジョイからのコメント

この方は一貫して、人事・総務部門でキャリアを積み重ねた強みがありました。就職について経験を活かせる仕事をしたいという明確なビジョンをお持ちだった事が転職回数が多いというデメリットを克服されたケースです。年齢や転職回数など、一般的にマイナスと受けとめられる状況があっても、仕事に対する前向きな姿勢を重要視している企業もあります。面接にて、仕事への意欲をきちんとアピールできたことが良い結果に結びつきました。

 
【事例No.10】転職とは「選び・選ばれ」の関係、主体性を持って活動することの大切さ
聴覚(電話不可)
プロフィール
年齢 :
30代
性別 :
女性
障害種類 :
聴覚(電話不可)
業種 :
マーケティング /一般事務
勤務地 :
就職前の住まい :
ご本人の感想
就職活動中の感想 :

今回、はじめての転職活動で「自分で選ぶ」という意味を知りました。

以前の会社は、高校の進路担当教員の紹介であり、いわゆる大企業の正社員雇用であったため、自分の本当の気持ちは別のところにあっても決して「選ぶ」というぜいたくなことはできないし、許されない状況でした。しかし、入社して10年が経過した頃、今度は自分の夢の実現に向けて動き出したいという強い気持ちが湧いてきました。そして、最後の一年間は健康状態や通勤時間のことも含めてじっくり考えた末、ついに退職を決意しました。正直、長年勤務してしまうと組織を離れることが怖いです。おそらく、今ここで決断しなければ自分は先に進めないと思いました。「自分で決める・選ぶ」ということは、とても自由であるけれども、同時に怖いことでもあると思いました。

転職活動の際、ハローワークやWebの求人情報を見ても、自分の知りたい情報が記載されておらず、また、希望条件に合う会社もなかなか見つかりませんでした。しばらくして、友人からジョイコンサルティングを通して就職したという話を聞き、彼女が就職したのなら信用できると思い、早速ですが登録させていただきました。(彼女も知人の紹介で知ったとのこと。)HPで印象に残ったのは「企業と障害者双方の最高のマッチング」を重視していることです。そして、創立時代の日記も代表者の人柄が伺えて、大変好感が持てました。

代表・スタッフの方には、面談から入社までの間、将来の夢のことも含めいろいろと相談に乗っていただき、本当に助かりました。おかげさまで、希望条件に合った就職先を見つけることができました。

就職後の感想 :

さすが、聴覚障害社員の雇用実績があるだけに勉強会での情報保障ついては、こちらが事前に何も言わなくてもきちんと社員がサポートする体制が整っていました。

現在の仕事内容は、未経験業務であるためゼロからの出発です。実は少し苦手な分野ですが、興味はあったので今の仕事を担当できることが嬉しいです。覚えることが多くて大変ですが、やればやっただけのことはあると信じて、今は一日でも早く仕事を覚えて頑張りたいです。

私自身、転職に有利といえるものを持っていないので、ある程度の妥協も必要かな・・・と思っていましたが、やはり一つだけでもいいので「これだけは絶対に譲れない」というものは持っていた方がいいと思います。その一つが条件に合うか合わないかは、仕事を続ける中で非常に大きいのではないでしょうか。ただ、あまり自分の力以上のものにこだわりすぎると、かえって前に進めないことがあります。時には、こだわりを捨てる勇気も人によっては必要かもしれません。

ジョイからのコメント

仕事に対するスタンスが明確、という印象があります。ですから、企業をご紹介したあとは、応募する・しないも含めてしっかりご自分で検討されていました。その分、実際に活動を始められると比較的スムーズに転職先が決まりました。企業の採用担当の方も「考えがしっかりとされている」と評価されておりました。やはり、転職においては、自分の価値観を明確にすることが大切だな、と再確認した思いです。

 
【事例No.9】「得意分野」を主張することの大切さ
聴覚(電話不可)
プロフィール
年齢 :
30代
性別 :
女性
障害種類 :
聴覚(電話不可)
業種 :
電気・情報機器/CADオペレーション兼事務代行
勤務地 :
就職前の住まい :
ご本人の感想
就職活動中の感想 :

まず、機械・土木設計関連中心にスキルがあるだけと述べます。(エクセル、ワードも設計中心で熟練しているのみ)大手企業の機械設計関連に6年就き、出産を理由に退職しました。その後、数年して土木設計業務に流れ、経営悪化を理由に子供を抱えていたため残業できない自分が解雇されることになり、以前から登録していたジョイコンサルティングに緊急連絡でそれを伝えた際にスキルに大変関心抱いてくださり、職安にて探すより会社側からの回答もかなり早く大変丁寧で紹介の手ごたえをとても大きく感じました。この時点では設計関連の求人がなく、事務関連で応募になりました。

ジョイコンサルティングと一般的な障害者求人内容や面接までの流れは、雲泥の差であります。

つまり、一般的な障害者求人にはほとんど嘱託や、臨時社員のばかりで給料条件もよくなく、ほとんど電話必須の条件しかありません。面接までにもいかないのがほとんどで書類にて蹴られるのが当たり前のようなものです。あれこれ不可項目が沢山並ぶような一般的なのに比べるとジョイコンサルティングは幅広く展開しているかのようにおのおのに合った条件を備えた会社をすぐ紹介してくれ、こんなにあるのかと驚きました。正社員枠がほとんどで、連絡は自宅にいるだけで済むのですから子供抱える我が身にとっては自分の都合いい時間にゆっくり検討できました。

就職後の感想 :

事務求人に対してなんとCADオペレーション業務中心で入社する形になり、チーム内に於いて事務員が一人の為、緊急時には事務代行の扱いにして頂きました。子供の病気の際では半休という単位で緊急の有休がとれ、残りの半日は繰り越せる制度があり、試用期間でも月一度の有休が支給されています。まわりの女性には子持ちがあまりいなく、その制度は子供が小学三年になるまで使えるというものでしたがそれも理解が徹底していました。

障害に関しても かなり受け入れが大きいようで、特別扱いするわけでもなく聞こえないだけで一人の人間としてみていただけで、仕事に関してもちゃんと今まで培った能力が認められ、一障害や子育てのネックを外していけるだけではないのです。

障害者があまりいない会社で聴覚雇用は経験がないと聞きましたがそれでいて最初から配慮がすごく行き届いている会社はめったにありません。それもジョイコンサルティングのスキル・障害に対する説明がうまく伝わっているということです。

自分にどこまで出来るか、初心忘れずに与えられた環境を大事に与えられた仕事で求められた結果以上の成果を短時間で出していけるように自分に甘えず日々感謝しながら頑張りたいと思います。

ジョイからのコメント

北海道での成功例です。このような喜びの声をいただくと、ますます全国展開が楽しみです。

 
【事例No.8】「地道な努力」は全てに勝ります
聴覚(電話不可)
プロフィール
年齢 :
30代
性別 :
女性
障害種類 :
聴覚(電話不可)
業種 :
電気・情報機器メーカー/情報管理
勤務地 :
就職前の住まい :
ご本人の感想
就職活動中の感想 :

これまでにも、仕事面で、健常者と同等の評価を得たいと願い、スキルアップに励んできました。しかし、前職では「聴覚障害者だから」という理由で、単純作業しか任されず、努力が認められることもありませんでした。もっとも、これは企業側のせいばかりではなく、自分自身に「どうせ私は障害者だから」という甘えがあり、「やりたい仕事」より「できそうな仕事」ばかり選んできた、というのも事実です。「障害者が仕事にやりがいを求めるなんて無理」「仕事をさせてもらえるだけでも有難いと思わなければ」などと、ほとんど諦めの気持ちでいた頃、ジョイコンサルティングを知り、Web登録をしましたが、正直言って、あまり期待はしていませんでした。

ところが、本格的に転職活動を開始して2ヵ月後、一番気になっていた企業様から内定をいただくことができて驚きました。

就職後の感想 :

現在は、希望通りの仕事に就かせていただき、感謝しています。今まで身に付けてきたPCの知識が存分に生かせそうで、これからが楽しみです。

また、職場の方々が色々と気を使ってくださるので、聴覚障害に付き物の孤独感に悩まされることなく過ごせています。

まだまだ、分からないことだらけで毎日が緊張の連続ですが、1日も早く仕事を覚えて、実績を上げられるように頑張りたいと思っています。

ジョイからのコメント

努力家で明るい、すばらしい方です。就職には、当社以外にも、職安やWEB媒体もあるわけで、たくさんのこういった方々に、選んでいただける会社になることが当社の目的です。

 
【事例No.6】「着実さ」「誠実さ」実践する素晴らしさ
聴覚(電話不可)
プロフィール
年齢 :
20代
性別 :
女性
障害種類 :
聴覚(電話不可)
業種 :
信販/情報管理
勤務地 :
就職前の住まい :
ご本人の感想
就職活動中の感想 :

一般の面接とジョイコンサルティングに紹介されての面接との大きな違いは「実力で勝負できる」ということでした。

一般の面接では障害があることを理由に断られるケースもあります。実力で断られたのならばあきらめはつきますが、あからさまに障害を理由に断られると「どうしてなの」という気持ちがつきまといます。

ですが、ジョイコンサルティングは自分のニーズを説明し、障害者を必要としている会社を紹介してくださいますので、あとは自分の実力を出し切るだけです。そのため、たとえ断られたとしても「実力を出し切った」という爽快感がありました。

このような経験を経ていくつか面接を経験し、今の会社に入社いたしました。

就職後の感想 :

現在はオペレーション課に配属され、お客様の情報を管理する仕事をしています。

仕事をするのにあたって心に決めたことは「ろう者だからといって分かったフリは絶対にしない」ということでした。周りの人もそれを理解していただき、「連絡ノート」に朝礼の連絡事項や仕事内容を書いてくださいます。また、パソコンを使った仕事が中心で、自分のペースで、自分の出来ることをやらせていただけるのがとてもありがたいと感じています。

周りの人のやさしさに甘えずに、恩返しができるよう、これからも頑張っていきたいと思います。

ジョイからのコメント

この方の就職を決めるのに、9ヶ月かかりました。こんな優秀な方にこれだけ時間をかけてしまったことは、まだまだこちらの実力不足を感じさせられました。

ただ、9ヶ月間こちらの気持ちが継続したのも、この方に要因がありました。それは、日々努力する方だったからです。