障害者雇用をお考えの企業の方へ
障害者雇用・人事業務アウトソーシング・インフラ整備・その他サポート 業務内容のご説明
障害者の内定・就職後のアフターフォロー体制
障害者を受け入れる企業様向け研修のご案内
お申し込みはこちらから
お問い合わせは下記まで
  東京 : 03-3375-1585
  大阪 : 06-6170-3861
  E-mail:info@joy-c.com
 
障害者雇用促進・スキルアップ研修
 
障害者の仕事紹介・転職・就職支援 ジョイコンサルティング トップページに戻る
 

障害者雇用 よくある質問とその答え・障害者雇用情報

<< ダイバシティマネジメント 講演会のお知らせ | 障害者雇用情報トップ | 公的機関、民間企業の障害者雇用は着実に進展(平成20年6月1日現在の障害者の雇用状況について) >>

平成19年度における障害者の職業紹介状況

厚生労働省発表 平成20年5月16日

ハローワークにおける障害者の就職件数、過去最高
(平成19年度における障害者の職業紹介状況)

(詳しい参考データなどを閲覧するためには下記のURLを
クリックしてください
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2008/05/h0516-3.html)

ハローワークにおける障害者の就職件数は、平成13年度の27,072件以降、
年々増加し、平成18年度には、43,987件(対前年度比13.1%増)と初めて
4万件を超え、平成19年度においては、さらにこれを3.6%上回り、
45,565件と過去最高の就職件数となった。

ポ イ ン ト

○  新規求職申込件数は、対前年度比4.1%増の107,906件であり、
身体障害者の新規求職申込件数が対前年度比1.2%減少したのに対し、
特に精神障害者(対前年度比3,886人(20.5%)増)及び発達障害者、
高次脳機能障害者、難病者等その他の障害者(対前年度比489人(54.6%)増)
の新規求職申込件数が増加。

○  近年、精神障害者の就職件数の伸びが著しい傾向にあるが、
平成19年度においても8,479人(対前年度比1,740人(25.8%)増)と大きく増加。

○  産業別でみるとサービス業、製造業、卸売・小売業における
就職件数が多いが、特に精神障害者については、「サービス業」における
就職件数が大きく増加している。

○  職業別では生産工程・労務の職業、事務的職業における就職件数が
多いが、特に知的障害者及び精神障害者については、「事務的職業」における
就職件数の伸びが大きい。