障害者雇用をお考えの企業の方へ
障害者雇用・人事業務アウトソーシング・インフラ整備・その他サポート 業務内容のご説明
障害者の内定・就職後のアフターフォロー体制
障害者を受け入れる企業様向け研修のご案内
お申し込みはこちらから
お問い合わせは下記まで
  東京 : 03-3375-1585
  大阪 : 06-6170-3861
  E-mail:info@joy-c.com
 
障害者雇用促進・スキルアップ研修
 
障害者の仕事紹介・転職・就職支援 ジョイコンサルティング トップページに戻る
 

障害者雇用 よくある質問とその答え・障害者雇用情報

<< 精神障害者雇用促進モデル事業の実施について | 障害者雇用情報トップ | 平成22年7月から除外率が引き下げられます。 >>

ハローワークにおける障害者の就職件数、横ばい

ハローワークにおける障害者の就職件数、横ばい
(平成20年度における障害者の職業紹介状況等)

■障害者の解雇、昨年度8割増 就職数は7年ぶり減


平成20年度のハローワークにおける障害者の就職件数は、雇用情勢が悪化する中、過去最高であった前年度を下回ったものの、前々年度の水準は上回る44,463件となった。

また、解雇者数については、大きく増加しており、平成14年度以来の水準となっている。

ポイント

○ 新規求職申込件数は、対前年度比11.0%増の119,765件と大きく伸び、特に精神障害者(対前年度比5,679人(24.9%)増)及び発達障害者、高次脳機能障害者、難病者等その他の障害者(対前年度比310人(22.4%)増)の新規求職申込件数が増加している。

○ 就職件数は、全体として微減する中、精神障害者の就職件数は依然として増加傾向にあり、平成20年度においては9,456人(対前年度比977人(11.5%)増)となった。

○ 産業別でみるとサービス業、卸売・小売業・飲食店、製造業における就職件数が多いが、特に「サービス業(医療・福祉)」における就職件数が増加している。

○ 職業別では生産工程・労務の職業、事務的職業における就職件数が多いが、特に精神障害者については、「専門的・技術的職業」における就職件数が大きく伸びている。

○ 解雇者数は、2,774人(対前年度比1,251人(82.1%)増)となり、特に平成20年度後半において増加している。

○ 現在の厳しい雇用状況を踏まえ、厚生労働省では平成21年2月6日に新たな助成金等を活用した障害者の雇用促進等を内容とする「障害者雇用維持・拡大プラン」をとりまとめており、プランの着実な実施により障害者の雇用の確保に努めている。


平成21年5月15日
◆厚生労働省:ハローワークにおける障害者の就職件数、横ばい)
(平成20年度における障害者の職業紹介状況等

http://www.mhlw.go.jp/houdou/2009/05/h0515-1.html